Help us understand the problem. What is going on with this article?

IT系の国際規格を読むために

More than 1 year has passed since last update.

IT系の国際規格または国際的に通用する規格類を読む際に、参考にするとよいことを記録します。

WTO/TBT協定

国際規格が、国際的な取引の際に、非関税障壁を減らすために存在していることの根拠となる協定。
http://www.jisc.go.jp/cooperation/wto-tbt-ref.html

ISO, IECを例に国際標準化機関について言及している。
指針書(ISO/IEC directives)の用語定義によっている。

国際規格が非関税障壁だと主張される方の半分くらいの方は、WTO/TBT協定をお読みになられていなかった。

非関税障壁を目的としていても、作成過程での貢献の具合、意見の集約の仕方、編集者の母語などで、特定の文化に不利益にならないことがないことを保証しているわけではない。

事実上、非関税障壁のように見えることがあるかもしれない。

指針書(ISO/IEC directives)

https://www.jsa.or.jp/datas/media/10000/md_1880.pdf

https://www.jsa.or.jp/datas/media/10000/md_3820.pdf

▸ Requirements – shall, shall not
▸ Recommendations – should, should not
▸ Permission – may, need not
▸ Possibility and capability – can, cannot

mustは、規格外の規定を表現する際に利用することがある。

JIS

日本工業規格は国際規格との適合性を表示して発行している。
MOD適合しているものについては、日本語の表現と英語の表現が同等であることを確認している。

日本規格協会から国際規格の対訳版がでていることがある。
JISにそのままなりそうな質のものから、JISの規定に沿わない概要理解のための文書までさまざまである。

PAS

public available standard

国際規格が非関税障壁を減らすものであるとしても、国際規格そのものが高価であれば、一つの非関税障壁になってしまう。

そのため、無償で公開している国際規格もある。

公開性

審議の過程をなるべく幅広く公開することによって、非関税障壁を減らす努力をしている委員会もある。

C言語規格、C++言語規格などを決めているISO/IEC JTC1 SC22である。

kaizen_nagoya
I'm a network designer.I work on TOPPERS SmallestSetProfile Kernel,MISRA-C, STARC RTL Design StyleGuide (Verilog-HDL),HAZOP,ISO/IEC15504(AutomotiveSPICE),ISO26262. I was an editor on ISO/IEC 15504.
https://researchmap.jp/blogs/blog_entries/view/81777/f691323917cc4ea12caf0b03b34c8ea0?frame_id=442673
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした