配色
色空間
色彩工学
色覚

プログラマが知っているとよい色使い(安全色)

はじめに(introduction)

プログラムと色は自由である(program and colour are freedom)。

プログラミング言語に文法があるように、色にも規則がある。物理的な周波数、位相、振幅にかんする原理(principle)・制約(constraints)だけでなく、社会的な色の役割についての諸規則。
自分の仕事で、最も重要なものは安全色(safety colour)である。交通安全(traffic safety)、自動車安全(automotive safety)、道路安全(road safety),機械安全(machine safety)、労働安全(work safety)。

安全色(safety colour)

見え方に配慮した改定
安全色のJISを2018年に改定している。見え方に配慮した改定である。

ぜひ参考にしていただけると幸いである。

従来は、色盲、色弱という呼び方で、色覚の多様性を、一面的に捉えて来たかもしれない。現在では、三種類の色覚の機能と、多様性に基づいて、多くの人に識別しやすいような配色の提案が進んでいる。

危険を知らせるには赤(red)、警告には黄赤(orange)・黄(yellow)、安全には緑(green)・青(bue)、放射能は紫(purple)。色の見え方が違う方にも、識別しやすいように色を工夫する。

色の変数名、値を定義する際に、JISの色名の用語、色の定義に基づいた値などを利用すると、両立性(compatibility)、可搬性(portability)を高めることができるかもしれない。

ゲームプログラミング(画像作成)、Webプログラミング(データ作成)に際して、
視覚の多様性(variation)に対応するとよい。視覚の多様性には、視覚の分布と、視覚の多様性の分布を知っているとよい。

色覚の多様性と色覚バリアフリーなプレゼンテーション
https://www.nig.ac.jp/color/barrierfree/barrierfree.html

白黒表示での確認(Confirmation by black and white display)

画面や印刷物の多色化が進んだ時に、白黒でも出力して、色だけに依存しない設計(design)を確認してきた。白黒での出力は、校正の際の技法として今も有効である。

背景(background)

自動車の算譜土台・軟件平台 軟件土台 (software platform)を設計する事業で、安全分析(safety analysis)、教育(training)、品質保証(quality assurance)を担当した。
HAZOPしたり、ソフトウェアの見直し(Code Review)したり、技術資料を整理して教材を作ったり、品質記録を体系化するにあたって、色遣いに気を使った。

資料の中で、安易に赤を使っている場合があった。あらゆることに優先順位をつけ、重要度に応じて、本当に危険なこと、避けて欲しいことに赤を使い、そうでない場合には他の色を使うことを提案した。

この設計事業の中では、子供の安全指針(当時はJISはなく英文のISO/IEC Guide 50)、高齢者・障害者設計指針のJIS等も参照にしている。

JIS Z8050:2016 安全側面-規格及びその他の仕様書における子どもの安全の指針
ISO/IEC Guide 50:2014 Safety aspects-Guidelines for child safetyin standards and other specifications

高齢者・障害者設計指針 法律と規格
https://researchmap.jp/joulp6frw-2024324/

色使いについては、特に下記JISおよび業界団体規格を参照。
JIS S 0033:2006 高齢者・障害者配慮設計指針―視覚表示物―年齢を考慮した
基本色領域に基づく色の組合せ方法

JBMS-80 高齢者・障害者等配慮設計指針―視覚表示物―色覚の多様性に配慮した色の組合せと表示方法(一般社団法人ビジネス機械情報システム産業協会)
https://hyojunka.jbmia.or.jp/hyojun2/upload-v3/archive/JBMS-80.pdf

自動車向け事業の成果は、オープンソースとしてNPO法人TOPPERSプロジェクトから公開している。現在の版は
https://www.toppers.jp/atk2.html

視点の違いによって見えるものが違う(Difference in appearance due to differences in viewpoint)

視点1(左)から見ると、全体はAで、色は黄色(薄い色)、Bは中心の部分で色は黄緑(濃い色)
視点2(右)から見ると、全体はBで、色は空色(やや薄い色)、Aは中心部分で色は黄緑色(濃い色)

視点が違えば、集合関係も違うように見えるかもしれないし、色も違うように見えるかもしれない。

視点の違い.png
HAZOP 質疑応答編&記録編(3.6a) Safety and Security
https://www.slideshare.net/kaizenjapan/hazop-tokyo201809 p.174

 この資料は、三次元のA、Bを二次元表記したものです。全体像は、横から、左下は左から、右下は右から見た像の二次元表記です。屈折率等を考慮すると、下の左右の中心像はもっと大きくなるというご指摘をいただいています。三次元描画ソフトでこの資料を作成してくださる方を募集しています。
 私は3Dプリンタの特許を出願した技術者のいた組織に、その方が退職された後に採用されたものです。残念ながら、特許出願された方が退職せざるを得なかった雰囲気の中、十分な三次元描写の活動ができていません。

目的(purpose)

この資料の目的は、インターンシップでIT企業におみえになった学生の方に、
「ゲームはするより作る方が面白い」
ことを実感してもらうための一つの題材として整理しはじめたものです。

そこで、この資料は、プログラマが、色使いについて知っていると、
ゲームであっても、WEBであっても、多くの人に理解してもらいやすく、
納得感のある設計ができることに気がついてもらうことです。

色使いは、関数使いや、変数使いと共通で、分かりやすさの鍵となります。

色使いがうまくなると、変数使いや関数使いもうまくなっているかもしれません。
逆に、変数の決め方や、関数の決め方についても、色使いと同じような配慮ができるようになっているかもしれません。

色使いに始まり、設計の基本は何かを考えるきっかけになれば幸いです。

目標(goal)

今年中に、50000views.2020年までに100,000viewsを目標に、追記、tweetする。

環境(environment)、前提条件(prerequisite)、制約(constraints),要請(requirements)

画面出力(発光体、投影の場合は反射光)、印刷物、製造物(広告のためのネオンサインを含む)の作成のため、プログラミングをする計画者(programmer)が知っているとよい色使いのうち、安全色を中心に資料を集め、説明し、考えるきっかけを作ろうとする。
前提条件としては、プログラムをしたことがなく、Webを閲覧したり、ゲームしかしていないプログラムの利用者も含む。Webを閲覧したりゲームをしていて、プログラムを利用するだけでなく、プログラムする側に回れば、いろいろな知識や経験を生かすことができるきっかけになることを期待する。
ゲーム世界では、現実世界のすべての事象の模擬試験(simulation)をすることができ、現実世界で必要な技術、知識、色使いを試すことができる。

環境は多色画像・印刷だけでなく、白黒画像・印刷の場合を含む。多色画像を白黒表示しても、識別できるような色使いが、結果として利用者にわかりやすいプログラムとして好まれる可能性が高くなるかもしれない。

自分と相手が見えているものが同じだと思うのは、仕事としてプログラムする場合には好ましくないかもしれない。自分と相手が見えているものが違うという前提に立って、相手の制約、要請を考えてみませんか。

JIS Z 9101:2018 (IDT)

図記号 - 安全色及び安全標識 - 安全標識及び安全マーキングのデザイン通則(原案作成団体 公益社団法人 日本保安用品協会)
ISO 3864-1:2011, Graphical symbols - Safety colours and safety sings - Part1: Design principles for safety signs and safety markings(IDT)。一致している(identical)。

改正JIS Z 9101・JIS Z 9103の概要及び解説 - 日本保安用品協会
http://jsaa.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/07/5adbd5ec14cec6c33b3c5534e9aa52c8.pdf

JIS Z 9101:2018 表 1 基本形状、意味、安全色、対比色、図記号要素の色及び使用例
safety1.png

JIS Z 9103:2018(MOD)

図記号-安全色及び安全標識-安全色の色度座標の範囲及び測定方法(原案作成団体 公益社団法人 日本保安用品協会)
ISO 3864-4:2011 Graphical symbols - Safety colors and safety signs - Part4: Colorimetric and photometric properties of safety sign material (MOD) 修正している(Modified)。これは、国際規格(ISO)とJISとが技術的には一致していないことを示している。実際のJISの文面では、一致していないところには印がありわかるようになっている。
付属書JD(参考)に、JISと対応国際規格との対比表があり、輸出するあるいは輸入した製品、海外へのサービスを行なっている場合には、確認するとよい。適用範囲、用語については「次回ISO改正時に提案する(p.27)」とある。下記、日本工業標準調査会で閲覧可能。

「安全色は、安全上必要な事項又は箇所を識別しやすくしようとするものであって、本来の事故・災害防止策の代用と考えてはならない。また、鉄道、道路、河川、海事、航空などの分野で法的規制の対象になっているものはそれに従う。」JIS Z 9303:2018 p.1,「1 適用範囲」

色の種類 参考色 16進RGB 意味
マンセル記号 (JIS外) 表JB.1
赤(red) 8.75R 5/12 #FF4B00 防火、禁止、停止、危険、緊急
黄赤(yellow red) 5YR 6.5/14 #F6AA00 注意警告、明示
黄(yellow) 7.5Y 8/12 #F2E700 注意警告、注意、明示
緑(green) 5G 5.5/10 #00B06B 安全状態、進行、完了・稼働中
青(blue) 2.5PB 4.5/10 #1971FF 指示、誘導、安全状態、完了・稼働中
赤紫(purple) 10P 4/10 #990099 放射能、極度の危険
白(white) N 9.3 #FFFFFF
黒(black) N1.5 #000000

JIS外16進数は次の2つの資料に基づき追記。(ただし白の文字色は、#FFFFFFだと読めない。また表の中で背景に色をつける方法を知らないため、文字色値を #DDDDDD #BBBBBBにしている。)

新JIS安全色普及委員会(New safety colour JIS popularization committee)
http://safetycolor.jp/shiteichi/
視認性に配慮した色の識別!JIS安全色彩(iro-color)
https://iro-color.com/episode/jis.html

資料によっては、青がPB(purple blue)で、赤紫がP(Purple)であるのは、日本語表記で青の概念は幅広いことと、紫が以前は赤紫だったためと推測している。

実際に製品を作る場合だけでなく、製品の完成予想・製品の動作予測のための模擬試験(simulation)ソフトを作る場合にも、これらの色遣いはそのまま同じ色で扱うとよい。

ゲームでも、現実世界の一部を表現する場合には、これらの色使いを踏襲していると現実味が増す。ましてや、2017までの世界と、2018年以降の世界を描写するときに、日本であれば、この色使いの変化を応用すると受ける。

反射及び透過物体、光源など対象の材料による違いもJISで規定している。詳細は参考文献欄のJISを参照してください。ただし、Webで無料でJISを開示しているサイトでは、図などは省略している。JISCで閲覧できるPDFには色の部分がない。

黒白(black and white)

白と黒の値は、# 000000 # FFFFFF以外の値を使う場合もある。
発光体の場合には、最大輝度などをどのように設定しているかによって、影響が違う。
「文字や背景にピュアブラックを使ってはいけない理由」
https://uxmilk.jp/73614
の記事に対して、知人は、
「白、黒を使うときは、# 202020と # f0f0f0くらいを使うようにしてる」
https://twitter.com/keita44_f4/status/1031339411789602816
私は、
「自分では、PCもスマフォも画面、むっちゃ暗くしてる。# 000000, # ffffff でも目が疲れない状態にしてる。スマフォでゲームしてて、日向に出ると、慌てて画面を明るくする。画面が見えないので手探り。」
https://twitter.com/kaizen_nagoya/status/1031815251316985856

話の続きはtwitterで。

表. 図記号を入れた場合(TABLE. with figure or symbols)

一般材料の色による改正前及び改正後の色
http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180420006/20180420006.html
JIS安全色.png

JIS Z 9101:2018 表 1 基本形状、意味、安全色、対比色、図記号要素の色及び使用例に記載のあるように、黄の場合は黒が対比色であり、赤、青、緑の対比色は白である。

なお、

JIS Z 9103:2018 付属書(Appendix) JC

(参考) 多様な色覚に対する配慮
表JC.1 旧規格(2005年)及びこの規格(2018)の参考色の見分けやすさ評価
safecolorjc1.png

「網膜にはL, M, Sの際種類のすい(錐)体細胞があり、それぞれに主に長波長(long), 中波長(middle),短波長(short)の光に反応する。」「いずれかのすい体を欠失していたり、吸収特性が異なっていたりするために、色の感じ方が一般と異なる人が存在する」 JIS Z 9103:2108 P.19 付属書JC.1 「色覚の分類」

錐体(sensitive cone )

L錐体(赤)long wave sensitive cone
M錐体(緑)middle wave sensitive cone
S錐体(青)short wave sensitive cone

色覚分類(color sense group)

JBMS-80 高齢者・障害者等配慮設計指針―視覚表示物―色覚の多様性に配慮した色の組合せと表示方法 表1 色覚関連用語

https://hyojunka.jbmia.or.jp/hyojun2/upload-v3/archive/JBMS-80.pdf

用語 2005 年以降の 日本眼科学会 の用語 (参考)2005 年 以前の 日本眼科学会 の用語 (参考)色覚 チェックツールの用語例 参考頻度 (日本人男性)
正常色覚 正常色覚 normal color vision 約 95%
P-type 1 型 2 色覚 protanopia 第1色盲 Protanope 約 1.5%
1 型 3 色覚 protanomaly 第1色弱
D-type 2 型 2 色覚 deuteranopia 第2色盲 Deuteranope 約 3.5%
2 型 3 色覚 deuteranomaly 第2色弱
3 型 2 色覚 tritanopia 第3色盲 Tritanope 約 0.0001%
3 型 3 色覚 tritanomaly 第3色弱
1 色覚 achromatopsia 全色盲 約 0.0001%

JIS Z 9103:2018 付属書(Appendix) JC

では錐体の有無(機能の有無)では統計的に多い、C型、D型、P型を対象に、ロービジョンと白内障の場合を加えて統計調査している。母数150を多いと捉えるか、少ないと捉えるかは立場によって違う。今回の改定の妥当性を確認する上では疫学的に 優位 有意だと推測。

一般(C型)3種類錐体あり
1型(P型)L錐体(赤)が無い(protan,protanope,protanomal)
2型(D型)M錐体(緑)が無い(deutan,deuteranope,deuteranomal)
3型(T型)S錐体(青)が無い(tritan,tritanopia,tritanomal)
(A型)1種類しか錐体がない(achromatopsia)

日本医学会 医学用語辞典 WEB版
http://jams.med.or.jp/dic/colorvision.html
を参考に()書き追記。

(正常色覚、一般色覚より、多数色覚というのが科学的用語として適切かもしれない。)
ロービジョン(色弱)

白内障「白内障は目の水晶体(レンズ)が白く濁る疾患で、濁り方が激しいと短波長の青~緑の光を通さなくなります。」
色覚の仕組み NPO法人北海道カラーユニバーサルデザイン機構
http://www.color.or.jp/about_cud/construction/

材料による差異(Material difference)

JIS Z 9103:2018には一般材料、蛍光材料、再帰性反射材、蓄光材料、内照式安全標識、信号灯による色度座標範囲と輝度率の差の記載がある。JIS Z9103:2018附属書JA(参考)各材料の色見本では、一般材料、再帰性反射材、蛍光材料はあるが、蓄光材料、内照式安全標識、信号灯の色見本は付属していない。

用語(terms)

JISでは用語及び定義があるが、ここでは定義は省略する。定義は直接JIS参照のこと。

JIS Z 9101:2008(IDT)

組合せ標識(combination sign)
距離係数(factor fo distance)
防火標識(fire equipment sign)
識別可能性(identifiability)
指示指標(mandatory action sign)
複合指標(multiple sign)
禁止指標(prohibition sign)
安全状態標識(safe condition sign)
視認距離(safe observation distance)
安全色(safety colour)
安全マーキング(safety marking)
安全標識(safety sign)
標識の高さ(sign height)
補助標識(supplementary sign)
視力(visual acuity)
注意警告標識(warning sign)

JIS Z 9103:2018(MOD)

色の範囲(colour region)
対比(contrast)
対比色(contrast color)
内照式安全標識(internally illuminated safety sign)
輝度対比(luminance contrast)
輝度率(luminance actor)
物体色(object color)
一般材料(ordinary material)
蓄光材料(phosphorescent material)
蛍光材料(fluorescent material)*
再帰性反射材(retroretlecting material)*
安全色(safety colour)
信号灯(signal light)*
*印がJISで追加(MOD)。Z9103でZ9101を引用規格にしておらず安全色の定義は同じである。

markingは日本語では押印。なぜmarkingだけカタカナ語を使っているかは不明。

色の指定及び測定方法(Specify color and methods of colour measurement)

(JIS X 9103:2018 4. 色の指定及び測定方法)
一般材料、蛍光材料、再帰性反射材量のは色度座標、幾何条件は「JIS Z 8722 色の測定方法−反射及び透過物体色」による。
蓄光材料、内照性標識、信号灯の色度座標は「JIS Z 8724 色の測定方法−光源色」による。

法令(law)

「赤十字の標章及び名称等の使用の制限に関する法律」は「赤十字」の項に記載。

海上衝突予防法 昭和52年法律第62号(Act for Preventing Collisions at Sea)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=352AC0000000062&openerCode=1
「3 この法律において「両色灯」とは、紅色及び緑色の部分からなる灯火であつて、その紅色及び緑色の部分がそれぞれげん灯の紅灯及び緑灯と同一の特性を有することとなるように船舶の中心線上に装置されるものをいう。」21条3項

毒物及び劇物取締法 昭和25年法律第303号(Poisonous and Deleterious Substances Control Act)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC0000000303
「第十二条 毒物劇物営業者及び特定毒物研究者は、毒物又は劇物の容器及び被包に、「医薬用外」の文字及び毒物については赤地に白色をもつて「毒物」の文字、劇物については白地に赤色をもつて「劇物」の文字を表示しなければならない。」

道路交通法施行令 昭和三十五年政令第二百七十号(Order for Enforcement of the Road Traffic Act)
http://www.houko.com/00/02/S35/270.HTM
第二条 信号の種類:青色の灯火, 黄色の灯火,赤色の灯火,

軌道運転規則(昭和二十九年運輸省令第二十二号)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=329M50000800022&openerCode=1
第八十二条 常置信号機による信号現示
第八十七条 手信号による信号現示

航空法施行規則 昭和二十七年運輸省令第五十六号(Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=327M50000800056&openerCode=1
「第百十六条 法第三十九条第一項(法第四十三条第二項において準用する場合を含む。)に規定する航空灯台の位置、構造等の設置の基準は、種類別に次のとおりとする。」
「ロ 灯光は、航空白と航空赤の閃せん交光であること。
ハ 一分間の閃せん光回数は、十二から二十までであること。
ニ 実効光度は、白色光では十五万カンデラ以上、赤色光では二万三千カンデラ以上であること。」

商標法は「商標」の項参照

工業標準化法は「日本工業規格」の項参照

法令の中の色
http://houseikyoku.sangiin.go.jp/column/column074.htm

刑法、危険運転致死傷は、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(平成二十五年法律第八十六号)に変わっている。

法文の英語表記(English translation of law)

現在、下記のように、関係方面に問い合わせ中。
「法令名を英語で検索できないでしょうか。
また、法令名の英語表記はないでしょうか。

法令翻訳データ 内閣官房
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/?re=2

省庁のホームページ上で公表されている法令等の外国語訳
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sihou/kentoukai/kokusaika/hourei3/hourei3siryou2.pdf

などはぞんじあげています。
ここにない法律名を英語で表記したり、
英語で表現した概念に関連する法律を網羅的に検索したりする用事があります。」

解説(report)

Appleが白黒の機材から多色の機材に進化した時、多色版の画面、ソフトでも、白黒にしても識別できるかどうかを一つの基準にしていたという記憶がある。現在のAppleのWeb上では記述が見当たっていない。原文をお持ちの方がおみえでしたら、ぜひ、お知らせください。

画面でも、印刷物でも、多色設計した後で、白黒表示(印刷)して確認する習慣を持つようになった。

新人向けの設計(Desing)系の講習をする際に、安全色(主に赤)の使い方とともに、一度は白黒表示(印刷)するように伝えている。今回のJISの安全色の改定は、ちょうど広めるのによい事項だと感じた。

新JIS安全色普及委員会
http://safetycolor.jp

JIS Z 9103(JIS 安全色)改正内容のご紹介 新JIS安全色普及委員会
http://www.fdma.go.jp/neuter/about/shingi_kento/h29/gaikoku_hinan/07/sankou7-7.pdf

ユニバーサルデザインに配慮し、だれもが識別しやすい色に調整した改正 JIS安全色 (JIS Z 9103) 規格
http://jfly.iam.u-tokyo.ac.jp/temp/JIS/JIS_Press_Conference_4P.pdf

JIS・日本工業規格(JIS Z 8102: 2001 物体色の色名)慣用色名 269色 見本(RGB16進)
http://machizukan.net/DK/bg_color_jis/file.pdf

色の名前と色見本 JIS(Z 8102: 2001 物体色の色名)慣用名(RGB16進)
http://irononamae.web.fc2.com/colorlist/jis.html

マンセル表色系の色見本(RGB16進)
https://www.color-sample.com/popular/munsell/

マンセル値(Munsell color system)

色の三属性(色相、明度、彩度)の組み合わせ

<この項は書きかけです。順次追記。>

色相(hue)

虹の七色をはじめ、光の三原色:赤(red)、緑(green)、青(blue)、色の三原色:青緑(cyaan)、紫(magenta)、黄(yellow)など。

明度(lightness, blrightness)

明度10の白と明度0の黒の間を感覚的に等間隔に区分する尺度。

彩度(chroma)

鮮やかさ。色相は周波数、明度は光源であれば光度、それ以外では反射光など物理的な測定値との関係がわかりやすい。彩度は直接的な体系として説明しにくい。体系によって定義、最大値などが違う。マンセル値では、
色相と明度によって彩度の最大値が違う。5Rでは14、5BGでは10。

HSL色空間とHSY色空間の変換式
https://qiita.com/lookman/items/d518f16c897c94bc4e78

彩度100%の色見本(HSV)
https://www.color-sample.com/saturation/100/

HSV(Hue, Saturation, Value)=HSL(Hue、Saturation、Lightness)=HSB(Hue, saturation, Brightness)

事例(case study)

Color(Apple Human Interface Guideline)
https://developer.apple.com/design/human-interface-guidelines/macos/visual-design/color/
「Be aware of colorblindness. Many colorblind people find it difficult to distinguish red from green (and either color from gray), or blue from orange. Avoid using these color combinations as the only way to distinguish between two states or values. 」

Windows10アプリUXデザインガイド, Microsoft, P329
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/mt634411.aspx
「色を情報を伝える唯一の手段として使わないようにします。 色覚に障碍があるユ ーザーは、色によるステータス インジケーターのような色を通じてのみ伝えられ る情報は受け取ることができません。他の視覚的な合図 (テキストが望ましい) を含 めるようにして、情報にアクセスできるようにします。」

色彩基準について 奈良県
http://www.pref.nara.jp/secure/57739/keikankizyun2.pdf
http://www.pref.nara.jp/secure/24241/guidelines2.pdf

くまもとカラーガイド 熊本県
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_12052.html

色の表示方法について 北九州市
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000081888.pdf

第4章 色彩の基礎知識 各務ヶ原市
https://www.city.kakamigahara.lg.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/001/101/05.pdf

色彩ガイドライン 成田市
https://www.city.narita.chiba.jp/content/000063255.pdf

建物の色彩について 豊島区
https://www.city.toshima.lg.jp/296/machizukuri/toshikekaku/shisaku/tochiriyo/documents/ike-ekisyuuhen-saido.pdf

大田区色彩ガイドライン
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/machizukuri/keikan/keikanguidline.files/keikan_color_guideline.pdf

色見本(color for reference)

札幌市の景観色70色
https://www.city.sapporo.jp/keikaku/keikan/panfu/documents/70shoku.pdf

日本塗料工業会発行の色見本帳
http://www.toryo.or.jp/jp/color/index.html

COLOR FINDER WEB REFERENCE, 東洋インキ
https://www.toyoink1050plus.com/color/color-finder/

色見本・色票 日本色彩研究所
http://www.jcri.jp/JCRI/seihin/IROMIHON/sikihyo.htm

色のページ(国鉄色) 鐵道CAD製作所
http://www.geocities.jp/rail_cad/color/color.html

イメージスケール 日本カラーデザイン研究所
http://www.ncd-ri.co.jp/about/image_system/imagescale.html

カラーコード一覧表 HTML,CSS ホームページの背景色や文字色 (フォントカラー)
http://www.netyasun.com/home/color.html

25年ほど前、公設試験研究機関のデザイン部門の職員が受講する中小企業大学校(現在の独立行政法人 中小企業基盤整備機構)デザイナ指導者養成コース(3ヶ月合宿)を受講した。1日、日本カラーデザイン研究所の方が講師の、イメージスケールの講習を受講したことがありある。その時は、イメージスケールというやり方(system)も役に立つかもしれないが、もっと違うやり方(system)で配色を決めたいと思った。

公設試験研究機関デザイン部門一覧(作成中)
https://researchmap.jp/jo6r1nhl3-45644/#_45644

考察(consideration)

会社のロゴ、登録商標などで赤を使っている場合には、指定の赤を使うしか仕方がない。
ただし、国や地方によっては広告などで赤を使うことを禁止している場合がある。赤信号を見落としたり、危険な信号を見落とすためかもしれない。

会社のロゴ、登録商標以外は、危険を示す以外に文書、広告などで赤を使わない方がよいというのが経験則です。

商品説明で、赤を使っていると、なんとなく押し付けがましいように感じることがある。
逆に、操作間違いや、やってはいけないことには赤を使うと効果的でしょう。

軽井沢町で看板を出すときのきまり
http://www.town.karuizawa.lg.jp/www/contents/1001000000571/simple/kanbansassi.pdf

国旗(national flag)

世界の国旗の模様は正確に把握しているとよい。
ゲームなどで適当に作ったつもりの印が、どこかの国の国旗と同一であると、その国に対する特定の意思表明になる可能性がある。

世界の国旗一覧
https://www.abysse.co.jp/world/flag/index.html

赤十字(Red Cross logo)

ジュネーブ条約
http://www.mod.go.jp/j/presiding/treaty/geneva/
「戦地にある軍隊の傷者及び病者の状態の改善に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(第一条約)第三十八条〔条約の標章〕
 スイスに敬意を表するため、スイス連邦の国旗の配色を転倒して作成した白地に赤十字の紋章は、軍隊の衛生機関の標章及び特殊記章として維持されるものとする。
2 もっとも、赤十字の代りに白地に赤新月又は赤のライオン及び太陽を標章として既に使用している国については、それらの標章は、この条約において同様に認められるものとする。」

赤十字の標章及び名称等の使用の制限に関する法律(昭和二十二年法律第百五十九号)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=322AC0000000159&openerCode=1
「第一条 白地に赤十字、赤新月若しくは赤のライオン及び太陽の標章若しくは赤十字、ジュネーブ十字、赤新月若しくは赤のライオン及び太陽の名称又はこれらに類似する記章若しくは名称は、みだりにこれを用いてはならない。」

ゲームの中でも、赤十字の趣旨に沿って、赤十字の活動を示す使い方をしている場合には、使用の制限に該当しないと理解できる。ただ、当事者のかってな解釈で大丈夫と思うのではなく、赤十字に問い合わせて、使い方で赤十字に迷惑がかからないかの確認を取ると良い。

商標(trade mark)

商品名、社名とともに、商標を使う場合に気を使う。日本国内の登録商標は次のサイトで検索可能である。
いずれにしても、Web,ソフト(ゲームを含む)で利用する場合には、権利者の許諾を得るのがよい。

商標法(Trademark Act)

(昭和三十四年法律第百二十七号)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=334AC0000000127
「4 前項において、商品その他の物に標章を付することには、次の各号に掲げる各標章については、それぞれ当該各号に掲げることが含まれるものとする。
一 文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合の標章 商品若しくは商品の包装、役務の提供の用に供する物又は商品若しくは役務に関する広告を標章の形状とすること。」第二条第四項。

商標検索(trade mark search)

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

「特許実用新案を探す」の下向きの三角を押し、「商標」にして検索する。
色の検索は、文字ではなく色コードを入力しなくてはできない。
形の検索は、文字やウィーン図形分類などで検索する。
(公的なシステムはソースコードを公開し、設計者の個人名を記載すべきだと思っているのは私だけ?)

色に関する細分化 ウィーン分類表(Segmentation of colors, Vienna classification table)

https://www3.j-platpat.inpit.go.jp/TF/html.j/term_v/indexj.html#ctg29

29.色 追加注:我が国では、商標(色彩のみからなる商標を除く。)の色彩が、白、グレー、黒のみからなる場合には、色の分類を付与しない。

29.1 色

*29.1.1 赤、ピンク、オレンジ 29.1.1.1 赤(文字) 29.1.1.2 赤(図形)

29.1.1.3 ピンク(文字) 29.1.1.4 ピンク(図形)

29.1.1.5 オレンジ(文字) 29.1.1.6 オレンジ(図形)

*29.1.2 黄、金 29.1.2.1 黄(文字) 29.1.2.2 黄(図形)

29.1.2.3 金(文字) 29.1.2.4 金(図形)

*29.1.3 緑 29.1.3.1 緑(文字) 29.1.3.2 緑(図形)

*29.1.4 青 29.1.4.1 青(文字) 29.1.4.2 青(図形)

*29.1.5 紫 29.1.5.1 紫(文字) 29.1.5.2 紫(図形)

*29.1.6 白、グレー、銀 29.1.6.1 白(文字) 29.1.6.2 白(図形)

29.1.6.3 グレー(文字) 29.1.6.4 グレー(図形)

29.1.6.5 銀(文字) 29.1.6.6 銀(図形)

*29.1.7 茶 29.1.7.1 茶(文字) 29.1.7.2 茶(図形)

*29.1.8 黒 29.1.8.1 黒(文字) 29.1.8.2 黒(図形)

29.1.12 二つの色が顕著なもの

29.1.13 三つの色が顕著なもの

*29.1.14 四つの色

*29.1.15 五つ以上の色

中分類29.1の小分類の補助

(小分類29.1.1-8,14,15に付属する)

A29.1.11 一つの色が顕著なもの

(中略)
44.色彩のみからなる商標

44.1 色彩のみからなる商標

44.1.1 単色

44.1.2 色彩の組み合わせ

未着手課題(Unfinished task)

発光体と輝度(luminant and luminance)

材料による違いの詳細と、発光体と輝度について未整理。

補色(complementary color)

色使いで、補色は大事。捕色に関する資料は未整理。Qiitaの関連記事は下記。
16進数カラーコードから補色を算出する
https://qiita.com/AkihikoIkeda/items/8c3eb61812cf44129e0a

HSY

Yが何の略号か未調査

印刷物の発色(printing color)

紙の色による発色の違い、布の生地による発色の違いなど、色の材質について調査中。

白黒印刷(monochrome print)

この資料自体を白黒印刷して確認。
MS Wordへ貼り付け、PDF出力し、白黒印刷機で印刷。

内容として見出しの英語の追加予定。

赤錐体が一番多 く全体の60%を占め,緑錐体は30%,青錐体は10%

http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10746806_po_ART0001831350.pdf?itemId=info%3Andljp%2Fpid%2F10746806&contentNo=1&alternativeNo=&__lang=en

原典の確認。

色に関する規格動向(Standards trend of color)

視覚や色の規格化の最新動向
https://home.jeita.or.jp/device/lirec/symposium/fpd/pdf/2018_4a.pdf

目が見えない方の視点(view of invisible people)

視覚への疑い(『目の見えない人は世界をどう見ているのか』を読んで)
https://blog.hidenorigoto.com/entry/2017/02/23/002838

耳が聞こえない方の視点(vew of deaf)

視覚に訴えて表現していることを、聴覚にどう訴えるか。

目が見えず、かつ、耳が聞こえない方の視点(view of deaf-blindness)

触覚での対話など

資料見直し依頼(Call for review)

このQiita文書の Reviewをお願い中。
1 わかりにくい単語、言い回し
2 説明のない用語、定義(原則、参考文献、URLを示すものを除く)
3 略号でfull spellのないもの(20180824済)
4 誤植、誤字、Spell miss
5 わかりやすい図の提供
6 大事だと思う参考資料・書籍・URL

「Qiita コミュニケーションガイドライン」適合自己 宣言 確認

https://help.qiita.com/ja/articles/qiita-community-guideline

本文中、安全色に関するJISの関連、JIS規定している内容の16進数表現が、本記事プログラミングおよび技術的内容に相当。また、著作権上の許諾を各方面に申請し、一部受諾済み。

Qiita「コミュニティガイドライン」を読み解く
https://researchmap.jp/jorlcyxqv-1826017/#_1826017

「良い記事を書くためのガイドライン」適合自己 宣言 確認

https://help.qiita.com/ja/articles/qiita-article-guideline

本文中、「具体的で簡潔なタイトルをつけ」「引用元や参考元へのリンクを書」いており、環境、前提条件を追記しました。
また、著作権上の許諾を各方面に申請し、一部受諾済み。
章立てが、思いつくまま書いていた頃は、順番が何の意味があるかわかりにくかった。読み手にとって類似の項目がなるべく近くになるように配置換えを行った(ver. 0.52)。

良い記事を書くためのガイドライン逐条解説書きかけ
https://researchmap.jp/jo8z1pj3z-1826017/#_1826017

Qiita規約適合自己確認

利用者の責任において、各種引用を行い、Qiitaに掲載できない事項は、他の掲載可能な場所に掲載した資料を引用するようにしている。

Qiita規約逐条解説書きかけ
https://researchmap.jp/jo9exp67q-1826017/#_1826017

経済産業省 ウェブサイトのコンテンツ利用について

http://www.meti.go.jp/main/rules.html

経済連携協定に基づく特定原産地証明書の発給等に関する法律

経済連携協定に基づく特定原産地証明書の発給等に関する法律第四条第一項に基づく経済産業省令で定める標章の利用にあたっての法第三十一条に基づく使用の制限について
http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade_control/boekikanri/gensanchi/hourei.html

工業標準化法(Industrial Standardization Act)

工業標準化法に基づく法第十九条及び第二十条の主務省令「日本工業規格への適合性の認証に関する省令」に定める表示の様式(通称「JISマーク」)の利用に当たっての利用の制約について
http://www.jisc.go.jp/newjis/newjismknews.html

計量法(Measurement Act)

計量法の規定に基づく経済産業省令で定める表示の利用にあたっての法第五十条第三項、第五十四条第三項、第六十三条第三項、第八十四条第三項及び第九十七条第一項に基づく表示の制限について
http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/10_gaiyou.html

電気用品安全法(Electrical Appliances and Material Safety Act)

電気用品安全法第十条第一項に基づく経済産業省令で定める表示の方式(通称「PSEマーク」)の利用にあたっての法第十条第二項に基づく表示の制限について
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/act_outline.html

消費生活用製品安全法(Consumer Products Safety Act)

消費生活用製品安全法第十三条に基づく主務省令で定める表示の方式(通称「PSCマーク」)の利用にあたっての法第五条に基づく表示の制限について
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/shouan/contents/shouan_gaiyo.htm

高圧ガス保安法(High Pressure Gas Safety Act)

高圧ガス保安法の規定に基づく経済産業省令で定める表示の利用にあたっての法第四十六条第三項、第四十七条第二項及び第五十六条の五第二項に基づく表示の制限について
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/hipregas/detail/youki.html

液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(Act Concerning the Securing of Safety and the Optimization of Transaction of Liquefied Petroleum Gas)

液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律第四十八条に基づく経済産業省令で定める表示の方式(通称「PSLPGマーク」)の利用にあたっての法第四十条に基づく表示の制限について
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/ekiseki/contents/ekiseki_gaiyo.htm

ガス事業法(Gas Business Act)

ガス事業法第三十九条の十二に基づく経済産業省令で定める表示の方式(通称「PSTGマーク」)の利用にあたっての法第三十九条の四に基づく表示の制限について
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/gasji/contents/gasji_gaiyo.htm

参考文献(reference)

JBMS-80 参考文献

高齢者・障害者等配慮設計指針―視覚表示物―色覚の多様性に配慮した色の組合せと表示方法
https://hyojunka.jbmia.or.jp/hyojun2/upload-v3/archive/JBMS-80.pdf

[1] JIS C 0448:1997 表示装置(表示部)及び操作機器(操作部)のための色及び補助手段に 関する規準
[2] JIS S 0033 高齢者・障害者配慮設計指針-視覚表示物-年齢を考慮した基本色領域に基 づく色の組み合せ方法
[3] JIS X 6910 事務機器-複写機・複合機の仕様書様式及びその関連試験方法
[4] JIS Z 8110:1995 色の表示方法-光源色の色名
[5] JIS Z 8701:1999 色の表示方法-XYZ表色系及びX10Y10Z10表色系
[6] JIS Z 8729:2004 色の表示方法-L*a*b*表色系及びL*u*v*表色系
[7] ISO 3864-1:2002 Graphical symbols-Safety colours and safety signs-Part 1:
Design principles for safety signs in workplaces and public areas
図記号-安全色及び安全標識-第 1 部:職場及び公共区域の安全標識の設計原則
[8] ISO 3864-2:2004 Graphical symbols-Safety colours and safety signs-Part 2:Design principles for product safety labels 図記号-安全色及び安全標識-第 2 部:製品安全ラベルの設計原則
[9] ISO 3864-3:2006 Graphical symbols-Safety colours and safety signs-Part 3: Design principles for graphical symbols for use in safety signs 図記号-安全色及び安全標識-第3 部:安全標識に使用する図記号のためのデザイン原則
[10] ANSI Z535.1 ANSI Z 535:2002 Series ANSI Z535 Series ANSI 安全標識・警告ラベル基準(全 5 規格)
[11] EN12368:2000 Traffic Light Color :European traffic signal color requirement European Standard
[12] SAE J578 Color Spec SAE ground vehicle lighting color standards (The Engineering Society For Advancing Mobility Land Sea Air and Space)
[13]事務機械製品の安全確保のための表示に関するガイドライン〈第3版〉 平成 12 年 12 月改訂 社団法人日本事務機械工業会 http://www.jbmia.or.jp/~tc/gl-hyouji.pdf
[14]シュレッダ可動部の安全性に関するガイドライン〈第2版〉
平成 19 年 8 月改訂 社団法人日本事務機械工業会 http://www.jbmia.or.jp/new/sh_GL.pdf
[15]W3Cガイドライン Web Content Accessibility Guidelines 2.0 http://www.jsa.or.jp/stdz/instac/commitee-acc/W3C-WCAG/WCAG20/index.html
[16] 塚田敢 著 1986 『色彩の美学』 東京:紀伊国屋書店

日本工業規格(JIS, Japan Industrial Standard)

JISは、経済産業省の管轄。
工業標準化法(昭和二十四年法律第百八十五号)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=324AC0000000185&openerCode=1
に基づき、「鉱工業品の品質の改善、生産能率の増進その他生産の合理化、取引の単純公正化及び使用又は消費の合理化を図り、あわせて公共の福祉の増進に寄与することを目的」としている(第一条)。

日本規格協会(Japan Standard Association)

解説付きで販売。
https://webdesk.jsa.or.jp
JIS Z 9101, Z9103は冊子とPDFの両方販売している。

「備考: 冊子版は色票が貼付されておりますがPDF版にはございません。色票が必要な場合は冊子版でご確認をお願いします。」と書かれている。下記の日本工業標準調査会で閲覧したところ、PDFは白黒で色がついていなかった。残念。

日本工業標準調査会(Japanese Industrial Standards Committee)

閲覧可能(印刷不可)
日本工業標準調査会は、工業標準化法に基づいて経済産業省に設置している審議会。
WindowsのInternet Explorer 11.0以上またはFireFox で閲覧できる。
http://www.jisc.go.jp/

PDFの音声用ファイルがあるが、「音声読上げに最適化されたものではありませんので、規格の内容が正しく読み上げされない可能性があることをご了承願います。」と表示する。

JIS規格票 所蔵図書館(Standard holding library)

国会図書館をはじめ、各地の公設試験研究機関、大規模図書館、工業系の学部のある大学図書館等でJIS規格票を所蔵し、閲覧可能です。

神奈川県立川崎図書館 https://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/search/kikaku_guide.htm
大阪府立中央図書館 https://www.library.pref.osaka.jp/site/central/shirabe-a14kikaku.html
愛知県図書館 https://websv.aichi-pref-library.jp/kagaku.html
広島県立図書館 http://www2.hplibra.pref.hiroshima.jp/?page_id=943
横浜市立図書館 http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chosa/theme/jis.html
宇都宮市立東図書館 http://www.lib-utsunomiya.jp/?page_id=319

岐阜県図書館、宮城県図書館では所蔵していないとのこと。残念。
私の仕事場の名古屋市工業研究所(熱田区六番町)にある産業技術図書館では営業時間内(9時ー5時)はJIS閲覧可能です。また、内容に関する技術的な質問で軽微なもので、時間をかけて調査しなくてもよい事項は無料でお答え。

JIS所蔵図書館等一覧表(作成中:46箇所)https://researchmap.jp/joywqqqkz-51292/#_51292

廃止された規格は、日本規格協会本部で所蔵している可能性がある。C言語規格の古いものが産業界で必要だった時に、販売してもらえるようにお願いしたことがある。

JIS 教育資料(training materials)

下記の項目の教材(約80種類)が「利用規約に同意いただける場合は「同意する」」に同意し押すと利用できる。
日本規格協会から無償でダウンロードできる。
https://www.jsa.or.jp/dev/std_edu_dtm/

■共通知識編
■個別技術分野編
 ■機械
 ■機械安全
 ■電気・電子
 ■化学
■標準化と知的財産権
■適合性評価

この資料の作成には直接関わっていない。日本規格協会教育部のセミナ講師の経験がある。この資料を使った講習などを実施している。内容の解説、質問への簡易な回答は可能である。

国際規格(international standard)

WTO/TBTに基づき、「業製品等の各国の規格及び規格への適合性評価手続き(規格・基準認証制度)が不必要な貿易障害とならないよう、国際規格を基礎とした国内規格策定の原則、規格作成の透明性の確保を規定しています。これらにより、規制や規格が各国で異なることにより、産品の国際貿易が必要以上妨げられること(貿易の技術的障害:Technical Barriers to Trade)を、できるだけなくそうとしています。」
http://www.jisc.go.jp/cooperation/wto-tbt.html

業界によっては、国際規格が技術障壁だと、真逆の説明をしている場合がある。国際規格の策定に参加しなかったり、ISO/IEC 専門業務用指針で、 "conformity can be assessed by a manufacturer or supplier (first party), a user or purchaser (second party), or an independent body (third party)."と、第一者、第二者、第三者のいずれでも適合確認できることを理解していない可能性がある。

ISO/IEC専門業務用指針第1部及び統合版ISO補足指針(2018年版)英和対訳版
https://www.jsa.or.jp/datas/media/10000/md_3819.pdf

ISO/IEC専門業務用指針第2部(2018年版)英和対訳版􏰏􏰐
https://www.jsa.or.jp/datas/media/10000/md_3820.pdf

引用規格(reference standard)

JIS Z 9101:2018 図記号 - 安全色及び安全標識 - 安全標識及び安全マーキングのデザイン通則
ISO 3864-1:2011, Graphical symbols - Safety colours and safety sings - Part1: Design principles for safety signs and safety markings(IDT)
JIS Z 9103:2018 図記号-安全色及び安全標識-安全色の色度座標の範囲及び測定方法
ISO 3864-4:2011 Graphical symbols - Safety colors and safety signs - Part4: Colorimetric and photometric properties of safety sign material (MOD)

JIS Z 8113 照明用語
JIS Z 8716 表面色の比較に用いる常用光源蛍光ランプD65ー形式及び性能
JIS Z 8720 測定用の標準イルミナント(標準の光)及び標準光源
JIS Z 8722 色の測定方法−反射及び透過物体色
JIS Z 8724 色の測定方法−光源色
ISO 17724 Graphical symbols - Vocabulary
ISO 3864-3, Graphical symbols - Safety colors and safety signs - Part3: Design principles for graphical symbols for use in safety signs

参考・関連規格(related standard)

JIS C 7601 蛍光ランプ(一般照明用)
JIS E 3701 踏切諸施設−安全色彩
JIS M 7001 鉱山保安警標
JIS W 8301 航空標識の色
JIS Z 8102: 2001 物体色の色名

JIS Z 8102:2001 表 1 有彩色の基本色名

基本色名 読み方 対応英語 略号
あか red R
黄赤 きあか yellow red/orange YR/O
yellow Y
黄緑 きみどり yellow green YG
みどり green G
青緑 あおみどり blue green BG
あお blue B
青紫 あおむらさき purple blue/violet PB/V
むらさき purple P
赤紫 あかむらさき red purple RP

JIS Z 8102:2001 表 2 無彩色の基本色名

基本色名 読み方 対応英語 略号
しろ white Wt
灰色 はいいろ grey(英)/gray(米) Gy
くろ black Bk

JIS Z 8717 蛍光物体色の測定方法
JIS Z 8719 条件等色指数−照明光条件等色度の評価方法
JIS Z 8721 色の表示方法−三属性による表示
JIS Z 8781-1:2012(ISO 11664-1:2007)測色−第 1 部:CIE 測色標準観測者の等色関数
JIS Z8781-2:2012(ISO 11664-2:2007)測色−第 2 部:CIE 測色用標準イルミナント
JIS Z8781-3:2016測色−第 3 部:CIE 三刺激値
JIS Z8781-4:2013測色−第 4 部:CIE 1976 L*a*b*色空間
JIS Z 9102 配管系の識別表示
JIS Z 9104:2005 安全標識−一般的事項
ISO 3864-2 Graphical symbols - Safety colors and safety signs - Part2: Design principles for product safety labels.
ISO 7010 Graphical symbols - Safety colors and safety signs - Registers safety signs
ISO 9186-2 Graphical symbols - Test methods - Part2: Method for testing perceptual quality

JIS Z 9103 引用規格の引用規格一覧
https://researchmap.jp/jo4hqxy2q-51292/#_51292

JISハンドブック 色彩 2010, 2011,2012, 2013は改定前で、2018年版の最新JISの掲載はない。2014年以降の「JISハンドブック色彩」が発行されたかどうか、見当たっていない。
2010 https://www.amazon.co.jp/dp/4542178420
2011 https://www.amazon.co.jp/dp/4542179370
2012 https://www.amazon.co.jp/dp/454218076X
3013 https://www.amazon.co.jp/dp/4542181758

分野規格(domain standard)

防衛省規格 標準色 NDS Z 8201E
http://www.mod.go.jp/atla/nds/Z/Z8201E.pdf

ユニバーサルデザイン 日本経済新聞社 2018

https://researchmap.jp/joosuvp35-2024324/#_2024324

Tactile Colour Tag

さわって色がわかるタグ “Tactile Colour Tag” を開発
https://www.jwu.ac.jp/unv/faculty_department/human_sciences_and_design/clothing/news/2014/tactile_colour_tag.html

直感的に操作できるリモコン

「触りたくなるインターフェース」コンセプトを提案
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2018/0214-c.html
三菱電機

点字ブロック

伊藤啓准教授らが新型点字ブロックを開発 視認性と景観を両立 車輪の通過も容易に
http://www.todaishimbun.org/tenji_block20180120/
東京大学分子細胞生物学研究所

色のことわざ(color study)

「色彩」のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語一覧
http://kotowaza-allguide.com/keyword/color/index.html

朱色(vermilion)と赤(red)

「朱に交われば赤くなる」という言葉がある。朱色は重要な色である。印鑑を押す朱肉、神社の柱の色、書道の直しの朱筆など日本的な生活では中心的な役割を働いている。御朱印帳という風習も大事。

朱 マンセル値:6R 5.5/14, 16進数 #F26649赤 マンセル値 8.75R 5/12 #FF4B00はマンセル値は近く、16進数値としてはそこそこ離れている。見た目には近い。

青(blue)と藍(indigo)

「青は藍より出でて藍より青し」
藍染の浴衣は、日本の夏を色彩る。木綿であれば涼しげ。
青(blue) マンセル値 2.5PB 4.5/10 #1971FF藍(indigo) マンセル値 6.9PB 3/10.3 #234794はマンセル値は近く、16進数値としてはそこそこ離れている。明度の違いは際立つ。

紺(mazarine)と白(white)

「紺屋の白袴」
この記事自体が紺屋の白袴にならないように、追記中。

関連(related) wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/警告色
警戒色、危険色。JISでは異なる色に分類している危険と警告が一つの項目で未分化になっている。追記方針についてご助言またはWikiに直接編集をお願い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/交通信号機

略号(Abbreviation)

(c:color, s:standard, n:net, h:human)
A: achromatopsia(h)
ATK: Automotive Kernel
B: Blue(c)
Bk: black(c)
CC: Creative Cloud(Adobe)
CIE: Commission internationale de l'lairage(S)
com: commercial(n)
D: deutan(h)
go, gov: government(n)
G: green(c)
Gy: gray/grey(c)
HAZOP: Hazard and Operability(s)
HSB: Hue, saturation, Brightness(c)
HSL: Hue、Saturation、Lightness(c)
HSV: Hue, Saturation, Value(c)
html: hyper text markup language(n)
http: hyper text transfer protocol(n)
IDT: identical(s)
IEC: International Electrotechnical Commission(s)
IoT: Internet of Things(n)
ISO: International Organization for Standardization(s)
JIS: Japan Industrial Standard(s)
JISC: Japanese Industrial Standards Committee(s)
jp: japan(n)
JSA: Japan Standard Association(s)
L: long(h)
lg: local government(s)
M: middle(h)
MOD: Modified(s)
NDS: National Defense Standard(s)
NPO: NonProfit Organization
or: organization(n)
P: page
P: protan(h)
P: purple(c)
PC: Personal Computer
PDF:Portable Document Format(Adobe)
R: Red(c)
RBG: Red Blue Green(c)
S: short (h)
T: tritan(h)
TOPPERS: Toyohashi OPen Platform for Embedded Real-time Systems
TBT: Technical Barriers to Trade(s)
UI: User Interface
URL: Uniform Resource Locator(n)
Wiki: Wikipedia
Wt: white(c)
WTO: World Trade Organization(s)
Y: yellow(c)
Z:JISのZは順次番号で、略号ではない。分類は「その他」そのうち9110は「共通的試験方法」に相当。C(電気)M(鉱山)W(航空)X(情報処理)
http://www.jiskikaku-s.co.jp/mysite1/jis-kigou-bangou.pdf
スマフォ:smart phone

Qiita記事(article)

アプリのUIデザインと配色パターンまとめ(非デザイナー向け)
https://qiita.com/ShinChan/items/97849eed07a8d750a2cb

エンジニアのための配色まとめ
https://qiita.com/maccotsan/items/d51c992a20385427e689

配色センスがいらなくなる便利ツールサイト coolors/colores
https://qiita.com/Koki_jp/items/3e9ae9ba3cfb5daecc8a

Adobe Color CCを使ってプロダクトのテーマカラーを統一する
https://qiita.com/wifeofvillon/items/2d04c918b83ff1c43047

標準光源Dの分光分布
https://qiita.com/agenasu00/items/679b14f5d2d758a41344

C# 色相(Hue)の平均値を取得する
https://qiita.com/gansaibow/items/e57f4211e9d51c7671b3

Android用 色定義コード
https://qiita.com/fkrw/items/85de07db22a5292bbd35

色の距離(色差)の計算方法
https://qiita.com/shinido/items/2904fa1e9a6c78650b93

色の悩みを解決してくれるアプリやサービス
https://qiita.com/toshi586014/items/1cae814b03d4a8be41e3

デザインのここだけはおさえたい3つのポイント
https://qiita.com/makimizu/items/d9845863e2334cfcdfef

色コードの明暗を判定する
https://qiita.com/ykatonet/items/ac4a3ea270fccd3239bd

ARGBのカラーコード透明度まとめ
https://qiita.com/konifar/items/106731d8a35303606597

XYZ色空間に迫る(1)
https://qiita.com/Ushio/items/203f16ad1e23fd42231c

XYZ色空間に迫る(2)
https://qiita.com/Ushio/items/7a5d80612796c4bcfca6

色について1
https://qiita.com/JR8TQH/items/e9266a33c515557d44e9

色について2
https://qiita.com/JR8TQH/items/ae76da203878a7145111

色について3
https://qiita.com/JR8TQH/items/4af4ae4ebc79235ae698

非デザイナーのカラーコードきっちり配色法
https://qiita.com/ito_ur_right/items/5e0a909b56f384e549fe

配色で困った時に!色を作る上で必要なこと
https://qiita.com/miwashutaro0611/items/7261c8597f1650575236

Webサービス・アプリを色から検索できる機能をリリースした話(色差・近似色)
https://qiita.com/pokohide/items/8c35c1e6c92e3901571e

記事本文のフォントカラーは黒じゃだめなんですか??
https://qiita.com/Hosh0801ict/items/3a8f2af02a89e581e181

プログラムでテキストの色を背景色に応じた見やすい色に設定する
https://qiita.com/ichiroc@github/items/426a49560fd8dbb03fbd

CSSやSassで色管理をもっと簡単に
https://qiita.com/Shuto/items/c148b6ea2086155083a7

Javascript

JavaScriptでRGBからLab色空間への変換
https://qiita.com/hachisukansw/items/09caabe6bec46a2a0858

HTMLのカラーコードから、明度を出した話
https://qiita.com/fnobi/items/d3464ba0e4b6596863cb

色差アルゴリズムの違いをビジュアル化してみた
https://qiita.com/hachisukansw/items/98c218bc5616eaaba9a0

カラーマネジメント対応ブラウザか JavaScript で判定する
https://qiita.com/chabu/items/1683079f65eafe784bb7

色覚(color sense)

色弱シミュレーター機能の使えるアプリを探してみた
https://qiita.com/hachisukansw/items/8c4e8feb4312e38945f4

ゲーム制作におけるカラーユニバーサルデザイン
https://qiita.com/sailtask/items/04baebdcc9c1c2c596a1

人間の知覚
https://qiita.com/oky123/items/c880afdb47ce769e4291

16進数カラーコードから補色を算出する
https://qiita.com/AkihikoIkeda/items/8c3eb61812cf44129e0a

カラーピッカー

PowerShellでスクリーン上の任意の位置のRGB値を取得する(カラーピッカー)
https://qiita.com/saggie/items/37c7f2e257d69f237585

xcodeのカラーピッカーが変な色を拾ってくるぽいので、正しい色を指定する方法?
https://qiita.com/homyu/items/118a92e783c19e025edb

Macでカラーピッカーが欲しいならデフォルトアプリで十分だった件
https://qiita.com/awakia/items/778a02d03f71082e6449

Interface Builder(Xcode)のカラーピッカーで16進カラーコードを指定できるようにする
https://qiita.com/exilias/items/c9ba8d383a870388bf5f

InterfaceBuilderで色を設定するときはcolorSpaceに気をつけよう
https://qiita.com/toshi0383/items/612942cc74b3f660eddc

Bootstrap用に適当な色のボタンを簡単につくれちゃうScssのMixin
https://qiita.com/june29/items/0363622fb557427c3515

Qiitaに関する色

Qiitaが教えてくれない記述方法
https://qiita.com/consolesoup/items/37241ee79501523fb49e

Qiitaで使えるHTMLタグは?
https://qiita.com/APO/items/f2212bee7f0b2c69228f

Qiitaのマークダウンで色をつける方法[140色]
https://qiita.com/twipg/items/d8043cd4681a2780c160

Qiita マークダウン記法 一覧表・チートシート
https://qiita.com/kamorits/items/6f342da395ad57468ae3

追伸(post script)

プログラマといいつつ、話題がゲームに偏ってしまった。
たまたま、昨日(2018年8月13日)、インターンシップできていただいている学生の方とゲームの話をしていて、ゲームはやるより作る方が面白いよという話をしたところだった。ゲーム名はFate/Grand Order。現代を対象にしているなら、現在の社会的な変化を反映しているとよいかもとかいう話からこの記事を書き始めた。自分で遊んでいるだけでなく、ネットなどで公開したり、販売したりするゲームでは、例えば、安全色、国旗、赤十字、商標などに配慮しておかないと、後からぼかしをいれることになるかもしれないと思った次第です。
Webも同様で、赤を使う場合には、特定の商品、商標、国旗、花、果物など既存のものに限定するとよい。禁止以外では、安全色の禁止(赤)に近いものは使わないようにするとよい。

この資料全体は書きかけで、順次追記中。誤植等は都度修正。URLのリンク切れ、誤認、誤植などにお気づきになられましたら、コメント又はTwitterなどでご指摘くださると幸いです。URLは著作権明示のために直接記載中。

twitterから

https://twitter.com/kaizen_nagoya/status/1033483195805659136
「プログラマが知っているとよい色使い(安全色)」って記事書いた時、全部ゲーム開発には役立つことをすぐかけた。すべての計画(program)はゲームから始まる。ゲームは現実世界の模擬試験(simulation)。

おまけ(additional)

商標、商品名、社名などをWebやソフト(ゲームを含む)に表示する場合の、各社への問い合わせには気を使う。利用の趣旨として、相手方の商標、商品名、社名などに敬意を持って扱っていることが分かれば、許諾が得られることがある。
自分のWebでは、下記でニベアに商品の写真の掲載の許諾を求めたことがある。ニベアの広報からは、画像は正規の物を使うように、画像ファイルを送っていただいた。商品の色、印象に重要な関心があることがわかった。

子宮を捨てる  森緑 (短歌連作) 画像付き版
https://researchmap.jp/jogwm5hyf-2078698/

蛇足(surplus)

10歳の頃、暗い絵ばかり描いているので、親と先生が心配をして油絵を習いに行かされた。絵の先生は、部屋の中の静物(瓶や林檎(りんご))を描くのに、部屋の中の外(ほか)の物の色を置いてみろと言われた。光は、お互いに反射する。それぞれのものには、外のものから反射した光が当たっている。そのものの一番明るいところに、外のものの色を置いてみてと、さっとりんごに部屋にある青色を。一気に、部屋の中にりんごがあるような現実味が増した。自分の色使いの第一歩はここから始まった。光を見ること。光の道を見ること、光の反射を見ること。

僕の先生(my teacher)
https://researchmap.jp/jobsjb2ry-45644/

お詫び(apology)

QiitaのProfileが英語だけでごめんなさい(名刺も)。twitter http://twitter.com/kaizen_nagoya は、日本語。

日本技術士会の方から、この記事に、技術士(情報工学)を明記するように指導を受け追記した。

関連自己資料(related self document)

配色関連出願特許調査31文字抄録(短歌)
https://researchmap.jp/jony9s8sz-1826017/#_1826017
環状に十二色相九明度アンダートーンアレンジメント
3次元印刷物色判別有彩色の色相と輝度
多配列撮像素子の輝度基準フローティングディフュージョン共有
透過率液晶ライト光源部輝度比を制御直列接続
表示パネル反射防止の重畳部平面視する加飾領域
信号機周辺画像色判定モノクロ画像配色処理を
セル単位明暗パターン識別可二次元コード明色閾値
JIS Z 8781準拠する並置混色読取媒体
色モワレ発生低減点対称6×6セルフィルタを配置
視覚的レリーフ構造触覚的知覚可能な印刷画像

色関連出願特許調査用語集
https://researchmap.jp/jo9517zgp-1826017/#_1826017
(上記、配色特許調査中の用語集)
カラーアンダートーン(color undertone)
フローティングディフュージョン(floating diffusion)
カラーフィルタ(color filter)
液晶画素(Liquid crystal pixel)

Microsoftの「ユニバーサル Windows プラットフォーム ユーザー エクスペリエンス ガイドライン」についての意見は下記に整理中
https://researchmap.jp/jovuozg6s-45644/#_45644

「データベース検索技術者認定試験 傾向と対策」付録(JIS X 0701 ドキュメンテーション用語 )と参考文献
https://researchmap.jp/jodluenbo-1879829/

@ Qiita

ちょけねこ たんじょうびのおくりもの 
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/fc9675686c229f7a155e/

交通事故死を減らすのにプログラマが協力できる仮説10選(書きかけ)
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/4d46bbf0dde44d7bb99a

「ゼロから作るDeep Learning 2自然言語処理編」読書会に参加する前に読んで置くとよい資料とプログラム
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/537b1810265bbbc70e73

名古屋のIoTは名古屋のOSで, TOPPERS まとめ
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/9026c049cb0309b9d451

文書履歴(document history)

ver. 0.10 初稿 20180814
ver. 0.11 国旗、赤十字、商標を追記。20180814夕方
ver. 0.12 wiki警告色追記 20180815
ver. 0.13 許諾例追記 20180815夕方
ver. 0.14 慣用色名 追記 20180816 午前零時頃
ver. 0.15 (個人的な感想)追記 20180816 早朝
ver. 0.16 JIS Z 9101:2018 図記号 - 安全色及び安全標識 - 安全標識及び安全マーキングのデザイン通則 追記 20180816
ver. 0.17 <この項は書きかけです。順次追記。>、事例追記 20180817 早朝
ver. 0.18 蛇足、お詫び追記。 20180817 朝
ver. 0.19 関連するQiita記事追記 20180817 昼
ver. 0.20 JIS規格票所蔵図書館を列記 20180817 午後1時
ver. 0.21 法令、図書館など順番を入れ替え、類似資料をまとめた.20180817 午後2時
ver. 0.22 JIS規格票所蔵図書館等一覧(作成中)追記 20180817 夕方
ver. 0.23 JIS規格票所蔵図書館等一覧(41カ所)変更 20180817 深夜
ver. 0.24 Color(Apple Human Interface Guideline)追記 @akahori_s さんの指摘に基づき 優位 有意訂正 20180818
ver. 0.25 対比色の記述追加 20180819
ver. 0.26 視覚分類追記 20180819夜
ver. 0.27 解説追記 20180820午前
ver. 0.28 商標色一覧整列、未着手課題追記 20180820夜
ver. 0.29 用語、16進表に白黒追記 20180821午前
ver. 0.30 日本医学会 医学用語辞典 WEB版に基づき、色覚分類英語、項「錐体」追記 20180821午後
ver. 0.31 商標法URL追記、法律の当初制定年月日完備 20180821夕方
ver. 0.32 twitterでの @keita44_f4 さんとのやりとりを追記。詳細はリンク先のtwitter参照。 20180822 夜
ver. 0.33 材料による差異追記 20180823
ver. 0.34 発光体について未整理と追記 20180824 早朝
ver. 0.35 「データベース検索技術者認定試験 傾向と対策」 参考文献 URL 追記 20180824 朝
ver. 0.36 英語のない見出しを追記 20180824 昼
ver. 0.37 略号full spell一覧追記 20180824 午後
ver. 0.38 JIS 順次番号追記 20180825 午前
ver. 0.39 資料見直し依頼(Call for review)追記 20180825 昼
ver. 0.40 配色特許31文字抄録,色関連用語集追記 20180825 夜
ver. 0.50 Tactile Colour Tag追記、表現の訂正 20180826 早朝
ver. 0.51 ユニバーサルデザイン 日本経済新聞社「エアコン操作 直感的に」「誘導ブロック 見分けやすく」追記 20180826 朝
ver. 0.52 順番入れ替え、見出し順位変更、JIS Z8781-4:2013測色追記 20180826 昼
ver. 0.52 公設試験研究機関デザイン部門一覧(作成中)color,standard,net,human:追記 20180826 夕
ver. 0.53 ゲームは現実世界の模擬試験 twitter返信書き込み追記。20180827 昼
ver. 0.54 16進文字に、文字色をつける。Qiitaの色記事を参照。 20180827 夕
ver. 0.55 色の指定及び測定方法(JIS X 9103:2018 4. 色の指定及び測定方法)追記 20180828 朝
ver. 0.56 「Qiita コミュニケーションガイドライン」自己適合 宣言 確認 20180828 昼
ver. 0.57 環境、前提条件、「良い記事を書くためのガイドライン」自己適合 宣言 確認 追記 20180828 夕
ver. 0.58 白の文字表現を#DDDDDDから#BBBBBBに変更、「自己宣言」を「自己確認」に変更。 20180828 夜
ver. 0.59 規約項目追記, 誤植等訂正 20180829昼
ver. 0.60 ガイド、規約等逐条解説URL追記。誤記訂正 20180829夜
ver. 0.61 広告のためのネオンサイン追記。表現修正。20180830 早朝
ver. 0.62 JIS S 0033 高齢者・障害者配慮設計指針―視覚表示物―年齢を考慮した 基本色領域に基づく色の組合せ方法 追記 20180831 正午
ver. 0.63 経済産業省 ウェブサイトのコンテンツ利用について 追記 20180831 午後
ver. 0.64 JBMS-80 高齢者・障害者等配慮設計指針―視覚表示物―色覚の多様性 URL追記 20180831 夕
ver. 0.65 JBMS-80 高齢者・障害者等配慮設計指針―視覚表示物―色覚の多様性に配慮した色の組合せと表示方法 参考文献 追記 20180831 夜
ver. 0.66 表記訂正 20180901 昼
ver. 0.67 JBMS-80 高齢者・障害者等配慮設計指針―視覚表示物―色覚の多様性に配慮した色の組合せと表示方法 表1色覚関連用語 追記 20180902 夕
ver. 0.68 朱色追記 20180902 夜
ver. 0.69 「はじめに」日本語表現わかりやすく。20180903 朝
ver. 0.70 朱と赤をfont colorで表示し、近いことを記録 20180903 昼
ver. 0.71 青と藍、font colorで表示し、明度が違うことを記録。20180903 夜
ver. 0.72 色覚関連参考資料、「視点の違いによって見えるものが違う」、未着手課題追記 20181005 朝
ver. 0.73 色のことわざ、紺屋の白袴 追記 20181005 昼
ver. 0.74 白黒印刷して内容、見やすさ確認、未着手事項を参考文献の前に移動。20181005 午後
ver. 0.75 Javascript、カラーピッカー Qiita記事URL追記 20181005 夕
ver. 0.76 見出し英語追記 20181005 夜
ver. 0.77 多様性追記、タグ「色覚」に変更 20181007 午前
ver. 0.78 色の略号、訂正・追記 20181007 午後
ver. 0.79 目的(purpose)追記 20181010
ver. 0.80 白黒での確認追記 20181019
ver. 0.81 見出しの英語追記 20181022
ver. 0.82 Apple, Microsoftの色に関する指針を引用 20181105

  • 解説(report)
  • 未着手課題(Unfinished task)
  • 参考文献(reference)
  • 追伸(post script)
  • 文書履歴(document history)