Help us understand the problem. What is going on with this article?

英語(8)仮説・検証(97)プログラマが英語で報告・質問する時のいくつかの事例・方法

はじめに(introduction)

国際規格の意見(comment), 業界団体規格の意見(comment), 英語仕様・手引きしか提供がないソフトウェアの質問、書籍(英語)・git等のソフトウェアの動作の違いの報告など、毎日英語で報告(report)・質問(question)すれば、迅速な回答を得られることがある。

日本語だと1年間応答がないことも、英語だと1日で反応があることもしばしば。

一番嬉しかったのは、Linuxのカーネルの英語のML(mailing list)で、文字符号(code)や文字形(font)などの核(kernel)での多言語処理について書いたら、Alan Coxが即答してくれたこと。この対応の速さが、Linux kernel交流の原動力だと感じました。

英語で投げかければ解決することを、未確認・未調査でほっておかれ、Issueで残ってしまっている細事も結構あるかもしれない。

例示(example)

二つの文書で定義が違ったり、矛盾があるように見えたり、URLがリンク切れだったりした場合には、
具体例を示して、一行疑問文、またはお願い文を書くとよい。

算譜(program)

元のソースと、エラーメッセージと、直した後のプログラムをつければ、英語はプログラムとメッセージが含んでいる。英文はあってもなくてもいい。

Page 386. Discovered by Ogawa Kiyoshi (August 2010). Invariants inv4_3 and inv4_4 should be corrected as follows:
inv4_3: ∀n · n ∈ N ⇒ p(n) = parity(c(n))
inv4_4: ∀n · n ∈ N ⇒ q(n) = parity(d(n))

http://www.event-b.org/A_errata.pdf

URL連携切れ(dead link)

[DISA 2008] DISA. Application Security and Development Security Technical Implementation Guide, Version 2, Release 1. July 2008.
The URL is "not found".
APPLICATION SECURITY AND DEVELOPMENT SECURITY TECHNICAL IMPLEMENTATION GUIDE Version 3, Release 10
can download from http://iase.disa.mil/stigs/Documents/U_Application_Security_and_Development_V3R10_STIG.zip

https://wiki.sei.cmu.edu/confluence/display/c/AA.+Bibliography

「The URL is "not found".」
画面に出る「not found」という文字列の主語を加えて、説明文になる。
リンク切れの場合には、not foundの報告をするだけでなく、たぶんこれだろうというのを探して報告すると喜ばれる。2つに1つが違っているくらいなら大丈夫。2つに1つがあっていれば、探す手間が省ける。

二つの文書の整合性(consistency of two documents)

[Burch 2006] Burch, Hal, Long, Fred, & Seacord, Robert C. Specifications for Managed Strings (CMU/SEI-2006-TR-006). Pittsburgh, PA: Software Engineering Institute, Carnegie Mellon University, 2006.
The URL(below) is a second edition, 2010. 
http://resources.sei.cmu.edu/library/asset-view.cfm?assetID=9531
The URL 2006 is 
http://resources.sei.cmu.edu/library/asset-view.cfm?assetid=8083
Please harmonize the reference and URL.

https://wiki.sei.cmu.edu/confluence/display/c/AA.+Bibliography

または

Rule 21.1 #define and #undef shall not be used on a reserved identifier or reserved macro name
Rule 21.2 A reserved identifier or macro name shall not be declared

" reserved macro name " or "macro name".

Do you choose the usage of either?

I expect a normalization of the words in the standard document.

https://www.misra.org.uk/forum/viewtopic.php?f=235&t=1364

自分では、今ならどちらも書きすぎだという感じもする。
後者は、返事を書く人は顔見知り。前者も、CMUのSEI自体は訪問したことがあるが、担当とは面識があるかどうかは不明。もうすこし、柔らかく書いた方がよかったかも。

関連事項(related document)

open な issue がどんどん溜まる現象を解決するために
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/efe22d9a23ad2e9934d6

MISRA C 2012のTechnical Corrigendum 1の21.X訂正意見はすべて日本からだった件
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/152c1de26b0831c02f41

プログラマが知っているとよい英単語の語源
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/9de6d47c47e2c211222b

文書履歴(document history)

ver. 0.01 初稿 20190211 午前
ver. 0.02 プログラム例追記 20190211 昼
ver. 0.03 関連事項追記 20190211 午後
ver. 0.04 見出し追加 20190212 朝
ver. 0.05 見出し追加 20200105

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away