Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@kaizen_nagoya

『Qiitaユーザーが選ぶ、2019年に読んで良かった技術書』アンケート結果発表に基づいて読書記録

More than 1 year has passed since last update.

『Qiitaユーザーが選ぶ、2019年に読んで良かった技術書』アンケート結果発表
https://zine.qiita.com/original/2019-book-mailmagazine/

よい本が並んでいる。既読と未読に分けて、感想などを記録していきます。

既読

CODE COMPLETE

まとまっているのは嬉しい。翻訳はカタカナ語が多く、本質を捉えにくいかもしれない。
メタファーは、比喩では駄目なのだろうか。直喩(simile)と暗喩(metapher)の差は、それほど明確ではない。
敢えて、メタファーというカタカナ語にする意図が分からない。
紙の版は途中で出てくる参考文献は英語のものだけを示したり、翻訳時の大変さを表したままだった。

プログラミングに関する基本的な事項を網羅している。
ソフトウェアエンジニアであれば、必ず読んでおいて、常識となっていて欲しいことが書かれている。
実際のコードに即して、議論をしないと、空論になってしまうので、具体的なコードに即した議論をしましょう。
その際には、CPUのアーキテクチャ(構造)、応用(アプリケーション)の制約など、議論の背景(制限事項)を明確にしておく必要はあるかもしれません。

第一版
https://www.amazon.co.jp/dp/4756102107/

石川勝さんが翻訳しているので、きっとよい本だろうと思って購入した。
その後積ん読状態で、改訂版を購入した。
両者を比較しながら、少しづつ読んでいる。
全部を一気に読めるような世代のうちに、読んでしまった人は幸せだと思う。
できれば、プログラミングをはじめて1年以内に読むことをお勧めする。
年を取ってから読むのは辛いかもしれない。

アジャイルサムライ 達人開発者への道

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

Pythonではじめる機械学習 scikit-learnで学ぶ特徴量エンジニアリングと機械学習の基礎

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

未読

4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
kaizen_nagoya
I'm a network designer.I work on TOPPERS SmallestSetProfile Kernel,MISRA-C, STARC RTL Design StyleGuide (Verilog-HDL),HAZOP,ISO/IEC15504(AutomotiveSPICE),ISO26262. I was an editor on ISO/IEC 15504.

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?