Help us understand the problem. What is going on with this article?

Inosensor ES Devkit 関連リンク集(随時更新)

このリンク集は何?

Inosensor ES Devkitの記事と、参考になりそうなSigfoxの記事をまとめてみました!

購入情報

Inosensor ES Devkit:販売ページ

接点入力用のハーネスが発売になっています。

接点入力用ハーネス:販売ページ
Inosensor ES Devkit & 接点入力用ハーネスセット:販売ページ

製品マニュアル

Inosensor ES Devkit 製品マニュアル

チュートリアル

初級編

Inosensor ES Devkitを使ってみた! ①(購入〜Devkit登録編)
Inosensor ES Devkitを使ってみた! ②(付属品の取り付け編)
Inosensor ES Devkitを使ってみた! ③(はじめてのSigfox通信編)

中級編

Inosensor ES Devkitを使ってみた! ④(Sigfox CallBacks入門編)
Inosensor ES Devkitを使ってみた! ⑤(接点入力用ハーネスを使ってみよう!)
Inosensor ES Devkitを使ってみた! ⑥(位置情報活用編)

参考記事(Sigfox関係)

Sigfox全般

Sigfox First Step Guide

Sigfox Devkit

Sigfox Devkit(開発キット)を1年間の無償回線で利用する

Sigfox Backend Cloud

簡易マニュアル

Sigfoxユーザー管理 - グループ管理
Sigfoxユーザー管理 - ユーザー管理
Sigfoxデバイス管理 - デバイスタイプ管理
Sigfoxデバイス管理 - デバイス管理

CallBack

Sigfox Callback プログラミング
Sigfox Callback機能
Sigfox Callback - Custom Payload Config機能
Sigfox Callback - Custom Payload Config 応用

Data Advanced CallBack

Data Advanced Callbackで受信品質(LQI)とデバイス位置情報(Atlas)を取得する
Data Advanced CallbackでRFメタデータを取得する

各社サービスとの連携

Sigfox CallbackとIBM Watson IoT連携 (with Node-RED)
Sigfox CallbackとAWS IoT連携
Sigfox CallbackとAzure IoT Hub連携
Sigfox Callbackとenebular連携
Sigfox CallbackとAT&T M2X連携
Sigfox CallbackとGoogle Cloud Platform連携
ReekohでSigfoxメッセージをSlackにWebhookする
Alibaba CloudへSIGFOXでデータ転送

API

SigfoxクラウドAPI
Sigfox APIを使ってデバイスメッセージの詳細を取得
Callbackに失敗したメッセージをSigfox APIで取得する方法

トラブルシューティング

デバイスメッセージをSigfoxクラウド上で確認できないとき
デバイスをSigfoxクラウド上で確認できないとき
[個人の方]Sigfoxデバイスのトークン切れの時
Sigfoxでprivatekeyエラーがでた時の対処法

その他のTIPS

Sigfox GPSトラッカーをNode-REDでマップ表示
Sigfox Sequence Number(シーケンス番号)管理
Sigfox Global CoverageをWebサイトに表示する
Sigfox Coverage MapをGoogle Maps APIで表示する
Sigfoxネットワーク品質指標 - Link Quality -
Sigfox Radio Configurationとデバイスクラス
Sigfoxデバイス認証 (Sigfox Ready Certificate)

robotstartinc
家庭用の人型ロボット(Pepperなど)をメインターゲットとしたロボット関連ビジネスを専門に行うスタートアップ。
http://robotstart.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away