0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Inosensor ES Devkit 用 ATコマンドファームウェア(IFS-M01-FIRM-AT)を使ってATコマンドに挑戦!

Inosensor ES Devkit って何?

Inosensor ES Devkit は、Sigfox無線モジュール搭載の小さな基板です。

img-inosensor-ES-Devkit.jpg

今回は、ATコマンドに挑戦してみたいと思います!

ATコマンドって?

ATコマンドとは、アメリカのヘイズ社が開発したモデム用コマンドです。コマンドの大部分が"AT"で始まるため、こう呼ばれています。

Inosensor ES Devkit 用 ATコマンドファームウェア(IFS-M01-FIRM-AT)が公開されたので、こちらを使って、ATコマンドを体験してみたいと思います!

やっぱり、Windowsパソコンを用意!

今回もいつものWindowsパソコンで作業します。(ちなみに、ASUSのキーボードひかるやつです。)

Cube Programmerをインストール!

まずは、Tera Term(テラターム)をダウンロードしましょう。

Tera Term

スクリーンショット 2021-02-28 23.33.12.png

最新のexeファイルをダウンロードしてインストールします。

ファームウェアをダウンロードしよう!

次に、Inosensor ES Devkit 用ATコマンドファームウェア(IFS-M01-FIRM-AT)をダウンロードしましょう。

必要事項を記入して、ボタンを押せばダウンロードできます。ダウンロードしたら、ファイルを展開してください。

スクリーンショット 2021-03-16 23.10.32.png

IFS_M01_FIRM_AT.hexがファームウェアのファイルです。

ファームウェアを書き込もう!

Inosensor ES Devkit 用 ファームウェア(IFS-M01-FIRM)の書き込みに挑戦!を参考に、Cube Programmerを使ってファームウェアを書き込みましょう。

ちなみに、このファームウェアは、ボタンを押しても何も起きません・・・。とりあえず、ボタンを押してみて、LEDが点滅しなかったら次に進みましょう!

ケーブルを用意しよう!

続いて、パソコンとInosensor ES Devkitを接続するケーブルを作成しましょう。

FT234X 超小型USBシリアル変換モジュール

USBシリアル変換モジュールは、はんだ付けが必要です。付属のピンを本体に取り付けます。

DSC_1095.JPG

ちっちゃくてピントが合わない・・・。

あとは、FT234XとInosensor ES Devkitを接続するケーブルを購入しましょう。

ブレッドボード・ジャンパー延長ワイヤ(メス-メス) 15cm青 (10本入)

ブレッドボード・ジャンパー延長ワイヤ(メス-メス)は、10本入りなので1個買えば十分・・・なのですが、ケーブルの色が同じだと混乱するので、自身のない人は3色購入してください。

FT234X CN5
RxD(青) PA2(青)
TxD(赤) PA3(赤)
GND(黒) GND(黒)

上記のように繋げばOK!なのですが、1個ずつつなぐとすぐ外れるし混乱するので、両端をテープで止めるのがおすすめです。

DSC_1097.JPG

黒赤青 赤黒青 になるように、テープで止めましょう。

ちなみに、テープは矢崎 車用ハーネステープ ナシジテープ 19mmX0.145mmX20m 黒 10巻がオススメです。手で切れるし、貼った後簡単にはがせます。その割に、剥がれにくいです。

あとは、間違えないようにケーブルを差し込めば完成です!

DSC_1098.JPG

ATコマンドを試してみよう!

パソコンにUSBケーブルを刺して、そのUSBケーブルをFT234Xに刺して、FT234XとInosensor ES Devkitを上記で作ったケーブルでつないで、Inosensor ES Devkitに電池ボックスを指したら準備完了です!

この状態で、Tera Termを立ち上げてみてください。最初に起動した場合は、新しい接続のダイアログが表示されていると思います。もし、表示されていない場合は、真っ黒な画面になるので、まずは「ファイル」→「新しい接続」を選びます。

スクリーンショット 2021-03-16 23.51.48.png

ここで、「シリアル」が選択できなかったら、ケーブルが間違っている可能性が高いです。差し込んだ方向を確認してください。

無事、「シリアル」が選択できたら、OKを押して接続します。

スクリーンショット 2021-03-16 23.52.03.png

続いて、「設定」→「シリアルポート」を選びます。

スクリーンショット 2021-03-16 23.53.13.png

スピードを「115200」に変更し、「現在の接続を再設定」を押します。

スクリーンショット 2021-03-16 23.52.57.png

最後に、「設定」→「端末」を選びます。

スクリーンショット 2021-03-16 23.52.16.png

下記のように内容を変更してください。改行コード、ローカルエコーを設定しました。

スクリーンショット 2021-03-17 11.53.27.png

これで設定は完了!なのですが、次やったときにもとに戻っちゃうので設定を保存しましょう。

スクリーンショット 2021-03-16 23.53.22.png

次回からは、今と同じ状態でTera Termが起動するはずです。

ATコマンドを入力してみよう!

ようやく準備ができました! ファームウェアのzipに同梱されていたマニュアルのPDFをみながら、ATコマンドを試してみましょう!

スクリーンショット 2021-03-17 14.15.59.png

こんな感じで、コマンドを入力するとOKが帰ってきます。ちなみにsigfox通信中もLEDは光らないので注意してください。


ATコマンドTIPS

・ 一度入力した文字は訂正できません(BSキーを押して修正しても、画面上は上手くいってるように見えても失敗します)

・ 設定の改行コードが間違っていると、OKになったりNGになったりするので注意!

・ ダウンリンクありの通信は、Sigfoxのバックログで、DownLink設定をDIRECTにする必要があります。


あと、他の記事にも書きましたが、ファームウェアを書き換えた場合、まれにシーケンス番号がずれてしまい、メッセージが届かなくなる時があります!。左側のEventにログが出ていると思いますので確認しましょう。

スクリーンショット 2021-03-16 11.26.39.png

もし、「Invalid message sequence」などのログが出ている場合は・・・

スクリーンショット 2021-03-16 11.27.24.png

DEVICEの右上にある「Disengage sequence number」を押して、シーケンス番号をリセットしましょう!

おしまい!

無事に、ATコマンドを使うことができました! ちなみに、このファームウェアを使っている場合、コマンド待機時に低消費電力モードになりません。製品に組み込む際には、待機時に電源供給を遮断し、送信前に電源供給するなどの対応が必要だと思います。

参考リンク

購入情報

Inosensor ES Devkit:販売ページ
接点入力用ハーネス:販売ページ
Inosensor ES Devkit & 接点入力用ハーネスセット:販売ページ

製品マニュアル

Inosensor ES Devkit 製品マニュアル

チュートリアル

初級編

Inosensor ES Devkitを使ってみた! ①(購入〜Devkit登録編)
Inosensor ES Devkitを使ってみた! ②(付属品の取り付け編)
Inosensor ES Devkitを使ってみた! ③(はじめてのSigfox通信編)
LPWAって本当にローパワーなの!? Sigfox端末(Inosensor ES Devkit)が本当に低消費電力か測定してみた!

中級編

Inosensor ES Devkitを使ってみた! ④(Sigfox CallBacks入門編)
Inosensor ES Devkitを使ってみた! ⑤(接点入力用ハーネスを使ってみよう!)
Inosensor ES Devkitを使ってみた! ⑥(位置情報活用編)
Inosensor ES Devkit にオムロンの振動センサ(転倒センサ)を接続してみた!

上級編

Inosensor ES Devkit 用SDK(IFS-M01 SDK)に挑戦!①(開発環境編)
Inosensor ES Devkit SDKに挑戦!②(ケーブル編)
Inosensor ES Devkit 用 ファームウェア(IFS-M01-FIRM)の書き込みに挑戦!
Inosensor ES Devkit 用 ATコマンドファームウェア(IFS-M01-FIRM-AT)を使ってATコマンドに挑戦!

リンク集

Inosensor ES Devkit 関連リンク集(随時更新)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?