Help us understand the problem. What is going on with this article?

無線網(Wi-Fi)空中線(antenna)(97)ファームウェアとデバイスドライバ

More than 1 year has passed since last update.

ファームウェアも、デバイスドライバもハードウェアに近いソフトウェアという印象がある。

ファームウェアは、デバイスのドライバだけでなく、システムを管理するためのアプリケーションまで含んでいることがある。

作り方とか、大きさなどによって、どう管理するのが容易かで決めるのだろうか。

ファームウェアは、ハードウェアに近い場所に入っているソフトウェアという印象がある。

電源が入ったときに、最初にROMの特定の番地からソフトウェアが起動し、RAMにソフトウェアを展開してから、RAM上のソフトウェアが動き始めるという感じ。

その際に、RAMに展開するソフトウェアが、ディスクに相当する場所以外に入っているときに、ファームウェアと呼んでいる。

ファームウェアには、デバイスドライバも含むかもしれないし、アプリを含むかもしれない。

ファームウェア、デバイスドライバは、更新すると二度と元に戻せない場合がある。機材によっては、工場出荷時の状態に戻せるようになっているものもある。マニュアル、ネットで確認するとよい。

デバイスドライバの更新

デバイスドライバを更新すると、元に戻せない場合がある。ネットで更新してもよいかどうか、現在使っているアプリがすべて対応しているかどうかなどを確認するとよい。

デバイスドライバと、OSとアプリとの3つどもえで、特定の順番で更新しないとうまく動作しないことがあるかもしれない。
デバイスドライバの情報だけでなく、現在のOS、アプリの情報も確認する。

ファームウェアの更新

ファームウェアが最新でなければ、ネットでファームウェアの更新状況を調べ、不具合が頻発していないことを確かめて、更新する。

なりすましサイト、偽装サイトなどが存在しないことも確認するとよい。
DNSの挙動、BGPの状況なども調べてもよい。

<この項は書き掛けです。順次追記しています。>

文書履歴(document history)

ver. 0.01 初稿 20190321
ver. 0.02 更新追記 20190323

kaizen_nagoya
I'm a network designer.I work on TOPPERS SmallestSetProfile Kernel,MISRA-C, STARC RTL Design StyleGuide (Verilog-HDL),HAZOP,ISO/IEC15504(AutomotiveSPICE),ISO26262. I was an editor on ISO/IEC 15504.
https://researchmap.jp/blogs/blog_entries/view/81777/f691323917cc4ea12caf0b03b34c8ea0?frame_id=442673
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした