Edited at

仮説・検証(73)プログラマの「日報、週報、月報、年報」考


前提

組織または個人の年間目標、個々の事業目標を設定している。

人数は1人から100万人くらいの組織を想定。


筆者の経験

3000人くらいの組織(サービス業、情報処理含む)の人事経験6年。3万人の組織の系列組織で人事システムは連動。


報連相

報連相というのが流行った時代があった。

報連相は、報告、連絡、相談の略。

しかし、報告しても、連絡しても、相談しても、その費やした労力に見合う成果がなければ、無駄な作業。

ていうか、報告、連絡、相談したために無駄な作業が増える場合があちこちで散見。

gitでソースコードあげていれば、作業量もわかる。

コンパイルエラーなど、issueで必ず上げて入れば課題もわかる。

大事なのは、コンパイルエラーをissueに記録すること。

それだけで、すごい量の報告になる。

報告でもあり、連絡でもあり、相談でもある。

自分で解決してもよい。すぐに思いついても、自分でissueをあげて自分でcloseすればよい。

対面だけが報連相じゃない。

報連相をしろって言っている人で、まともに相談に応じる人は1割も知らない。


報告

プログラマが苦手な「人との口頭のやりとり」面談技術(interview technique)7つの要点

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/f322df6978853c708c99

それでも、翌日自分が休んだ時の引き継ぎや、自分が困っていることを誰かが助けてくれる可能性や、給料を貰っている場合には、評価の資料として、なんらかの記録があるとよい。

コンパイルしているなら、コンパイルのlogで十分。

というか、コンパイルしてエラーがでたlogを保存しない人たちがいるのは不思議で仕方がない。

どのソースをコンパイルしてどういうエラーが出て、それをどう修正したらどういうエラーが取れたかは、

記録しておいて、今後の参考にするとよい。

最新の設計環境ではそれらのlogに基づいて、修正候補を提示する機能をつけようという動きもあるやに風の便りに聞いている。

そこで、日報、週報、月報、年報に必要な内容と実例を記録する。


日報

GitHub, bitbucketなどを利用している場合には、

ソース、issueに対する記録だけで日報を自動生成してもよい。

gitコマンドで、メールで日報を紹介していただいていた記事参照。

gitで今日の作業を振り返る @mironal

https://qiita.com/mironal/items/bccdffaaf720a60672df

$ git log --after="`date '+%Y-%m-%d'` 0:0" --oneline --branches * | mail -s "本日の作業報告" butyo@example.com

githubやbitbucketなどと連携していない作業では、コンパイルエラーや、インタプリタのエラーがあるとよい。

また、RPAという仕組みのうち、記録部分を有効活用してもよいかもしれない。

Web Isolation, RPA, Deep Learning, 量子コンピュータ,HAZOP

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/29c7bac44861503a0612

業務のメールは全部上司または日報管理者にccまたはbccしておき、日報を自動生成してもよい。

コンパイルも、メールもない日は、timetrackerというソフトが自動記録を補助してくれるかもしれない。

https://www.timetracker.jp

いずれにしても、日報の基本は自動生成。


事例 日報

上記記事とは真逆の話。

名古屋市工業研究所の研修生の方には、

1 わかったこと

2 わからなかったこと

3 よかったこと

4 あらためるとよいこと

を報告してもらっている。

前提として、目標設定を最初にしており、ある期間で到達する目標を設定しているため、

今日、何をしたかどうかは、わかったこと、わからなかったことから逆算できるかもしれない。

やったことを報告すれば報告だというのが一番危険。

わかってやったのか、わからずにやったのか、それが課題。

現在、システムはcybozu liveを使っている。来年3月までなので、どこに乗り換えようか探し中。

bitbucketでやっている少人数の事業はbitbucketで閉じてやれるように模索中。

KPTという手法同様、このやり方を固定して長くなると抜け漏れや、冗長化や、マンネリに陥る。

報連相同様、作った労力以上の成果を作成者に返すことが大事。

管理者だけで返そうと思うのは無理。相互扶助を基本にしないと管理者は倒れる。

何人か、倒れたり、病欠になった管理者を知っている。

報告したらそれにお返しをするのを自動でやるのは一つの考え。そうでないと管理者が疲弊するかも。

JubatusでQiita記事を推薦してくれる日報アプリ作ってみたhttps://qiita.com/kawasyaki/items/431b3e49cd727d93d278


週報

日報を自動生成するとして、週報もそれを5つ重ねれば、自動生成も可能。

ただし、それぞれの日報間の抜け漏れ、優先順位の変化、

課題に計上したものと、そのうちで解決したものとの関係などについての

個人的な見解があるとよいかもしれない。


事例 週報

その週でやったことを5分のLTで報告してもらっている。

スライドを3枚から10枚くらい作成して報告している。

私の場合は、slideshareに掲載した内容か、Qiitaの記事を報告にしている。

GitHub, bitbucketから週報を自動生成するスクリプトを調査中。

下記参考文献欄の日報等のスクリプトを順次試し中。


月報

月給制の場合には、日報、週報を自動生成したものを集めたものでもよい。

年間の目標または四半期の目標を立てている場合には、その目標の達成上の

成果、課題(未解決事項)、あるとよい資源などについての記載があるとよい。

年間の目標達成とうまく連携していない場合には、目標の見直しを助言するかどうかが管理者の仕事かも。


年報

月報を12集めたものでもよい。

年間の目標、個々の事業目標との関係の把握が可能かどうか。

管理者がボーナス査定に使うばあいには、事実関係の確認、抜け漏れ、無駄の確認をするとよい。


考察

タスク管理についての個人的まとめ

https://qiita.com/Amebayashi/items/55448bb5321d7e752f14

で違和感があったのは、対策に並んでいることが優先順位がついていないこと。

ある場合の優先順位は下記。


  1. 作業方法見直し 2. 優先順位の見直し 3.教育訓練 4.作業者の見直し 5.納期調整 6.残業

という感じです。作業方法見直しには道具の変更(導入)を含みます。

要員増やしは作業遅延の最大の要因だったりするので候補に入れていません。

助っ人を頼むことはあります。助言や、道具の導入、作業方法の見直し、優先順位の見直し、教育訓練など、実作業以外で。作業者に、作業方法の見直しの案が出てこない時など。


参考資料


日報

日報の書き方

https://qiita.com/sassy_watson/items/6f50e4ff64d9455aa9dc

成長に差が出る日報駆動開発(DRDD)について

https://qiita.com/senseiswift/items/8816e8a528939cabf3ee

開発以外の仕事でやってるちょっとした自動化の紹介

https://qiita.com/toyoshi/items/f620efe654cffdbf7731

日報を自動作成する

https://qiita.com/jTakasuRyuji/items/8940364dd90db65fc234

Qiita:Teamで日報管理している方へ向けて

https://qiita.com/syossan27/items/2fcd710ad84f618ca3bf

outlook のVBAで日報提出

https://qiita.com/Naoki_Narematsu/items/b828637616c868edfdb7

日報強制Botを作った話

https://qiita.com/T_2/items/7807dc6e564795fb16fb

意見:日報自体は自動生成でいいとおもっています。このBotは、何かの意見をだしてもらいたい場合や、修正を出して欲しい場合に利用できればと思います。そのため、ソース収集botまたは意見収集botという感じで、github, bitbucketでと連動している場合でも使えるかもしれません。


slack

Slack で日報を運用する

https://qiita.com/hoto17296/items/442b816fcc6d17136fc1

Slack Web API + JavaScript で Slack 分報 から 日報を作成する

https://qiita.com/mihoko_az/items/eb050d3fdc20ec8d8e8a

「Slackで簡単に「日報」ならぬ「分報」をチームで実現する3ステップ」を読んで

https://qiita.com/acairojuni/items/f3ed4745b636ccbffff3


google

Google Calendar から日報を生成する

https://qiita.com/vkgtaro/items/4d39790707c594f2cd9e

新卒一年目がGASで日報自動出力アプリケーションを作るまで(1/2)

https://qiita.com/nagaminenot/items/120ed37b40ea1db01646

新卒一年目がGASで日報自動出力アプリケーションを作るまで(2/2)

https://qiita.com/nagaminenot/items/c6fd5e5e9b553989693f


git

日報用git-log

https://qiita.com/Layzie/items/acb685e9d4fcc138cc67

Git で今日の作業を確認する(日報のお供)

https://qiita.com/sotarok/items/b1f537b77f31aa010b8f

slackに当日の自分の作業分のgit logを流す

https://qiita.com/n_slender/items/f9cbfeaaa637487cf97c


issue

open な issue がどんどん溜まる現象を解決するために

https://qiita.com/items/efe22d9a23ad2e9934d6


日報

GitHub のコミットログを日報がわりにする

https://qiita.com/kyanny/items/4b677ef2d3276683e98e

日報をVimで書く

https://qiita.com/kentaro/items/3090998366e8e6e15c87


週報

英語で週報を書こう

https://qiita.com/chatarun/items/f9d3e8cb00016b24cecf

めんどくさいExcel週報をRubyスクリプトでサクッとメール送信する

https://qiita.com/damassima/items/f5bb078fa907cd6fc873

[GAS]GoogleAppsScriptで報告資料の定期自動複製

https://qiita.com/hanahiro_aze/items/4762635643e1d3c7b300

まだ勤怠処理で消耗してるの?nightmareによる自動化のススメ

https://qiita.com/kumabook/items/de159bd02de5458927b8

便利!無料で使えるStatsbot!Google Analyticsの情報をSlackへ通知する方法とchannel毎にスケジュール通知を設定する方法

https://qiita.com/norhythm/items/a7d5f00b6ca66306fefd

009-週報提出フォームを作成したい

https://qiita.com/co-ikeya/items/3f79d6503b38e8bd6972


月報

OSS コントリビューションや GitHub 上のアクティビティのまとめレポート投稿を自動化する

https://qiita.com/sugarshin/items/cf89e5e03fd839cf6f90

Pentahoのインストールと基本設定

https://qiita.com/mik/items/07112c344e658811463c

Mac のClipMenu にアクション(JavaScript)を追加する

https://qiita.com/Humangas/items/be139d59d918ea2af985

便利!無料で使えるStatsbot!Google Analyticsの情報をSlackへ通知する方法とchannel毎にスケジュール通知を設定する方法

https://qiita.com/norhythm/items/a7d5f00b6ca66306fefd


全体

計算機・ソフトウェアが思うように動かなかった時にするとよい10箇条

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/3ba624e1d88b97d62d89

プログラマが心がけるとよい文章の書き方

https://qiita.com/drafts/af1e6207ccaa063dafb8


文書履歴

ver. 0.01 初稿 20180815

ver. 0.02 参考文献追記 20181218

ver. 0.03 open issue 追記 20190208

ver. 0.04 はてなブックマーク 追記 20190225

ver. 0.05 gitで今日の作業を振り返る@mironal 追記 20190526

このエントリーをはてなブックマークに追加

http://b.hatena.ne.jp/guide/bbutton