プログラミング
異常検知
HAZOP
一人作業
IEC

効率的なHAZOPの進め方

HAZOPは安全なシステムを設計する際に必要となる分析手法です。
11の魔法の言葉(guide word)があります。

魔法の言葉(guide word) 無逆他大小類部早遅前後

スライド064.jpg

大小類部が空間を
早遅前後が時間を

大小早遅が量を
類部前後が質を

大が上限を(類早前)
小が下限を(部遅後)

HAZOPの利点

物にも事にも適用できる。
システムの状態を検査するプログラムを作成するのに、必須な道具です。

スライド068.jpg

一人作業

最初に1人で作業します。

スライド075.jpg

責任を持って作業
利用者視点は設計能力が高くなくても担当可(設計者との差が分る)
誘導語と図(設計図・外観等)を見てありえない事を「外れ」に列記
想定外(思わぬこと)に気付く
人に言うのは恥ずかしい事でも,自分で妄想するだけならいろいろ考えられる
最初に自分が考えたことが全体の表の中で残ってたり,統合されていくことにより,分析の流れを理解

作業の進め方

スライド076.jpg

紙に書いて欄が足りなけれ足す
ありえないことでよい
思いついたことは必ず書く
経験に基づいても,妄想に基づいてもどちらでもよい
事について記述しても,物について記述してもよい
事前,事後(初期条件,境界条件)を記述
3つ以上の設計指針を使う
共用品設計(universal design),形の設計指針,言語規約(MISRA C, STARC RTL設計style guide)
誘導語の展開語一覧を配る

報告方法

スライド077.jpg

3人で班を構成する。
量が少ない人から報告する。

全体で、各班から大事なことを1つ報告してもらう。
前の班が報告したことを除いて次に大事なことを報告する。

作業表

スライド073.jpg

3度人を入れ替えて実施する。(1人作業、班作業、全体報告)

一番短い時で70分で3回回したことあり。
[リンク] https://www.slideshare.net/kaizenjapan/hazop-safety-and-security-with-records-swest-at-gero-gifu-pref-japan

一番多い時で100人で実施
[リンク]https://www.slideshare.net/kaizenjapan/hazopogawa2015

詳細なやり方は上記slideshareに掲載。

子供向け教材あります。

スライド072.jpg

ちょけねこ たんじょうびのおくりもの
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/fc9675686c229f7a155e

プログラム例を掲載しています。

無(no)

if ( 0 == x || NULL == x) {
 exception(x)
} else {
 function(x)
}

参考文献・URL

安全分析における HAZOP-TRIZ連携の試み
https://www.slideshare.net/kaizenjapan/hazop-and-triz-byoffor-the-children13

安全・安心分析の HAZOP による統合的運用
https://www.slideshare.net/kaizenjapan/hazop-and-othere-analysis-method-include-stamp-and-fram

安全分析において、HAZOP, FMEA, FTAの組み合わせによる リスクアセスメントの進め方の検討
https://www.slideshare.net/kaizenjapan/hazop-and-triz-byoffor-the-children13

STAMP/STPA and UML/HAZOP on the IoT and AI/Deep Learning
https://www.slideshare.net/kaizenjapan/stampstpa-and-umlhazop-on-the-iot-and-aideep-learning

国際規格は第二版です。JISは出ていません。
IEC 61882:2016 Hazard and operability studies (HAZOP studies) - Application guide
https://webstore.iec.ch/publication/24321

第一般の抄録相当が下記にJISにある。
JIS Q31010:2012(IEC/ISO 31010:2009)リスクマネジメント−リスクアセスメント技法
http://kikakurui.com/q/Q31010-2012-01.html
原規格:IEC/ISO 31010:2009,Risk management−Risk assessment techniques(IDT)

HAZOP on Qiita

ちょけねこ たんじょうびのおくりもの
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/fc9675686c229f7a155e

SWESTまとめ
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/62e56ae151554d6200c0

RTL設計スタイルガイド Verilog HDL編(System Verilog対応版)
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/4c02f1575db1f28310a7

算譜(program)の見直し(review)に必要な志向・技能・技法・手順、上位7
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/6d5962e1a0e4be28405c

科学四分類と算譜(program)
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/a2f2b9cc3a51b6af7603

プログラミング言語教育のXYZ
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/1950c5810fb5c0b07be4

文書履歴

ver 1.00 初稿 2018
ver 1.01 参考文献追記 20180327