ユースケース

USE Case図で顧客の社長の顔写真を貼る手法

Use Case図を書くときに、顧客の社長さんの顔写真を貼らせていただく方法を10年ほど実施しています。

EnterPrise ArchitectというUMLツールで、写真を貼れると教えてもらった時からです。

社長の写真は駄目と言われる場合には、顔写真をつかってもよい方で、社長に対して影響力が一番大きい人にお願いします。


利点

社長がわかるような図を描かないといけない。

社長が中身をうんと言いってもらわないといけない。

せっかく図を書いても受け入れてもらえない。

登場人物の役割が複数ある場合には、社長だけでなく、関係者の顔写真も貼らせてもらえるとなおよい。

架空の社長や、架空の事業部長では、実際にどう振る舞うかは予測できない。

顔写真があれば、振る舞いが予測できる人が利害関係者の中にいて、よい助言が得られる。


課題

個人の顔写真の入った資料は他社に展開できない。

他社に展開する場合には、写真を差し替える。

行動が特定の個人で分析しているため、分析結果の半分くらいは他社には展開できないことがある。

一旦、抽象化して、他社に示して、その会社の社長に置き換えて意見をもらう際に、そんな馬鹿なことはないとさんざん悪態をつかれるかもしれない。

機密事項であり、じっと耐えるしかない。


参考資料(reference)

設計図・表はいつ(when)書くか、何を(what)書くか、どうやって(how)書くか

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/7fddfa5d8bfb5a947db8

算譜(program)が計画(plane),設計(design)である3つの理由

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/34daa0403eaca5e8b5a6

絵・図を描く道具類で重い場合の現象・原因と対処方法

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/b88f0827cd3d7e7b9dd2

効率的なHAZOPの進め方

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/2b8eae196945b7976446


文書履歴(document history)

ver. 0.01 初稿 20190225