Macintoshで、設計のためのSystem Cや、CAD/Simulatorなどでpythonを利用されている場合に、python2が前提のことがあります。

pyenvは、python2とpython3を切り分けて使うための道具です。
pyenvで、python2とpython3を切り分けて使います。

細かい版の違いも切り分けて使えます。
自分でpythonのプログラムを作ったら、その前後の版で試験をして、動作を確かめると、どの版で動くプログラムか確かめることができます。

複数の人にプログラムを渡すときに、相手のpython環境であらかじめ試験してから渡すと、相手の時間を浪費しないというのに役立て用としています。

導入方法でいくつか間違えると、とんでもないことになります。
結局、私はOSを入れ替えた時に、とんでもないことから脱出しました。

しかし、またpyenvも含めて複数の版でとんでもないことになりつつあります。

導入

brew install pyenv

参考文献

pyenvでinstallできない
https://qiita.com/pokotsun/items/3ebab483b0e134ab1726

brewでpyenvを導入したが、brew doctorで怒られた!
https://qiita.com/ebisennet/items/6bf5ccbdde3eab8a4438

Pyenvの使い方
https://qiita.com/mogom625/items/b1b673f530a05ec6b423

pyenv+anaconda3+tensorflowの環境構築メモ
https://qiita.com/gn5r/items/5f1d0570a2030e10ee9a#_reference-fbfc2b150df9b67e4a6c

Macにanacondaをインストールする→ライブラリの追加
https://qiita.com/berry-clione/items/24fb5d97e4c458c0fc28

pyenv と pyenv-virtualenv で環境構築
https://qiita.com/Kodaira_/items/feadfef9add468e3a85b

pyenvを使ってMacにPythonの環境を構築する
https://qiita.com/1000ch/items/93841f76ea52551b6a97

pyenvのインストール、使い方、pythonのバージョン切り替えできない時の対処法
https://qiita.com/koooooo/items/b21d87ffe2b56d0c589b

p.s.

楽をしようとしても、どこかで苦労するという悪循環に嵌っていて動作確認作業がなかなか効率化できていません。

pythonで作ったり、いただいたりしたプログラムは、Windows, mac OS, Linuxの3種類で動作させています。

Debian/Ubuntu/Raspbian関連で動作させる場合は、dockerで動作させています。
mac OSは22台利用しています。

Windowsは21台のmacOS上にVMWareをいれてWindwosを利用しています。
VMWare上のWindowsだと制約がある場合のためにWindows 10を2台別に用意しています。

LinuxはmacOSのdocker上のUbuntuを利用しています。
python以外の動作確認は、版ごとにdockerを作成中です。

例:「Dockerをどっかーらどうやって使えばいいんでしょう。TOPPERS/FMP on RaspberryPi with Macintosh編 5つの関門」https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/9c46c6da8ceb64d2d7af

docker上のUbuntuで動作確認の制約がある場合のためにDebianを1台別に用意しています。

それ以外に、RaspberryPIを21台利用しています。

関連する記事を順次掲載中です。

どの記事に関しても、それぞれ関門のような不具合に遭遇しており、記事が中途半端になっています。
不具合の原因が他にありそうでなおかつその原因を探索できていないときに、記事中に不具合の現象を記載できていません。

中途半端な状況は、qiitaではなくresearchmapにまず記録しています。
https://researchmap.jp/kaizen/Python---Ruby/
などに記録中。例:
https://researchmap.jp/jo8p317ms-1826017/#_1826017

pyenvが壊れた?PYTHONPATHエラーでPython3.xが起動時に2.xのモジュールを参照する件
https://qiita.com/xaskg/items/690ce9048e708de41166

現状
brew doctor結果
https://researchmap.jp/jo3xrahkx-2078500/#_2078500

site.pyの現状
https://researchmap.jp/jojj5kcrm-2078500/#_2078500
どこを直せばいいかわからない。

文書履歴

ver 0.10 2018/03/30 初稿
ver 0.11 2018/03/31 shiracamusさんのご意見に対応して追記
ver 0.12 2019/04/01 shiracamusさんのdockerについてのご意見に対応して追記、訂正

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.