Python
pyenv

pyenvを使ってMacにPythonの環境を構築する

pyenv という Python のバージョンマネージャを使って Python を管理する。Mac であれば元々 Python はインストールされているけど、これはシステム用なので使いたくない。もちろん Homebrew 使っても楽チンにインストールできるけど、Python のバージョンを複数切り替えて使いたい場合はバージョンマネージャを使うのが現実的。

pyenv をインストールする

pyenv をホームディレクトリの .pyenv にクローンしてくる。

$ git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

pyenv にパスを通す

zsh であれば、.zshrc とか。bash であれば、.bash_profileとか。

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile

つまり、以下の設定が記述されていれば OK。

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

シェルを再起動すると pyenv コマンドが使えるようになる。

pyenv で Pythonをインストールする

以下のようにバージョンを指定して Python をインストールする。

$ pyenv install 3.4.3
$ pyenv install 2.7.9

すると、~/.pyenv/versions/ 配下にインストールしてきた Python が配置される。インストールしてきた後は shim のリフレッシュをしておく。

$ pyenv rehash

使う Python を指定する

あとは、実際に使う Python を指定する。グローバルに指定したいのであれば、pyenv global を。ローカルで指定したいのであれば pyenv local を使う。

$ pyenv global 3.4.3

実行後に、パスが .pyenv 配下の python を向いていれば OK。pyenv local の場合はカレントディレクトリに .python-version というファイルが生成され、そこで指定したバージョンの Python を参照するようになる。

$ which python
# /Users/1000ch/.pyenv/shims/python

Python をアンインストールする

pyenv を使ってインストールした Python は、以下のようにしてアンインストールする。

$ pyenv uninstall 3.4.3

そのままですね。