Help us understand the problem. What is going on with this article?

pyenvを使ってMacにPythonの環境を構築する

pyenv という Python のバージョンマネージャを使って Python を管理する。Mac であれば元々 Python はインストールされているけど、これはシステム用なので使いたくない。もちろん Homebrew 使っても楽チンにインストールできるけど、Python のバージョンを複数切り替えて使いたい場合はバージョンマネージャを使うのが現実的。

pyenv をインストールする

pyenv をホームディレクトリの .pyenv にクローンしてくる。

$ git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv

pyenv にパスを通す

zsh であれば、.zshrc とか。bash であれば、.bash_profileとか。

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile

つまり、以下の設定が記述されていれば OK。

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

シェルを再起動すると pyenv コマンドが使えるようになる。

pyenv で Pythonをインストールする

以下のようにバージョンを指定して Python をインストールする。

$ pyenv install 3.4.3
$ pyenv install 2.7.9

すると、~/.pyenv/versions/ 配下にインストールしてきた Python が配置される。インストールしてきた後は shim のリフレッシュをしておく。

$ pyenv rehash

使う Python を指定する

あとは、実際に使う Python を指定する。グローバルに指定したいのであれば、pyenv global を。ローカルで指定したいのであれば pyenv local を使う。

$ pyenv global 3.4.3

実行後に、パスが .pyenv 配下の python を向いていれば OK。pyenv local の場合はカレントディレクトリに .python-version というファイルが生成され、そこで指定したバージョンの Python を参照するようになる。

$ which python
# /Users/1000ch/.pyenv/shims/python

Python をアンインストールする

pyenv を使ってインストールした Python は、以下のようにしてアンインストールする。

$ pyenv uninstall 3.4.3

そのままですね。

1000ch
✌(՞ټ՞✌)
https://shogosensui.com
mercari
フリマアプリ「メルカリ」を、グローバルで開発しています。
https://tech.mercari.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした