「量子コンピューティング技術シンポジウム」@京都 20190311 に参加して

量子コンピューティング技術シンポジウム

https://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2019/quantum_symposium.html

20190311 京都会場 参加

下記は当日の発表内容をほとんど含みません。

当日の発表内容を理解する上で必要そうな資料を集めたものです。

3.18 東京会場に参加される方が、事前に閲覧しておくと役立つのではないかと思うURLを示しました。

当日、名刺交換させていただいていない登壇者の方が数名おみえになります。

内容の正確性の確認が未確認です。

URL等に間違いがあったり、こっちの方が役立つよというものがありましたら、コメント、twitter, messanger等でご教示くださると幸いです。

登壇者

Dr. Edward Dhal ( D-Wave https://www.youtube.com/watch?v=zDotDiK2UuY)

https://www.youtube.com/watch?v=UtL9C7w-yZ4

基調講演は同時通訳を提供している。

技術系の講演で英語で直接聞いが方が、同時通訳を聞くよりはよいと思う。

事前に、ここに記載した英語のYouTubeの動画を3つ聞いておけばいいかも。

あるいは、さらに探して、毎日聞いておくとか。

田中宗

http://www.shutanaka.com

https://www.youtube.com/watch?v=8Y6LMo1UA7w

藤井啓祐

http://quantphys.org/wp/keisukefujii/

https://www.youtube.com/watch?v=epNfItVUALA

田村亮

https://www.nims.go.jp/cmsc/fps1/ryo_tamura/tamura_home_j.html

鈴木泰成

https://www.t.u-tokyo.ac.jp/shared/press/data/setnws_201711071409252400282300_297314.pdf

北川勝浩

http://www.qc.ee.es.osaka-u.ac.jp/index_j.html

https://www.youtube.com/watch?v=-mn3ULtjR3E

松本 悠希

中村 昇太

http://www.biken.osaka-u.ac.jp/laboratories/detail/19

柚木 清司

https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000070532141/

曽田 繁利

https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000060466414/

https://www.youtube.com/watch?v=vegSQ9HxbVs

山下 広嗣

松崎 出愛

https://adtech.cyberagent.io/ailab/people/松崎-出愛/

安田 京太

松田佳希

https://www.fixstars.com/ja/

東圭三

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1113270.html

山岡雅直

https://www.tel.co.jp/museum/magazine/017/interview01/

渡辺日出雄

https://www.ibm.com/downloads/cas/VWBOP7XP

http://www.karc.keio.ac.jp/center/center-63n.html


よかったこと


1. 西森 秀稔さんの紹介

Quantum Annealing Applications with the DW-2000Q, Dr. Edward (Denny) Dahl

の発表の中に、西森 秀稔さんの功績の紹介があった。

http://www.qa.iir.titech.ac.jp/~nishimori/

https://www.youtube.com/watch?v=OQ91L96YWCk


2. 量子計算機(Quantum Computing)を、焼き鈍し(annealing)と門(gate)式量子計算機

に分類

IPAの未踏事業で、それぞれに部門がある。

2018年度未踏ターゲット事業(ゲート式量子コンピュータ部門)採択プロジェクトについて

https://www.ipa.go.jp/jinzai/target/2018/koubokekka2_index.html

2018年度未踏ターゲット事業(アニーリング部門)

https://www.ipa.go.jp/jinzai/target/2018/koubokekka_index.html

以前は、応募件数を採択件数の横に記載していた。

例:2008年度上期 未踏本体 公募結果

https://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2008/2008_1/hontai/k_koubokekka.html


3. 焼き鈍し(annealing)はIsing modelに基づいている

アニーリングマシンとイジング模型

https://quantum.fixstars.com/introduction_to_quantum_computer/quantum_annealing/ising_model/

イジング模型と平均場近似

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/texts/PhaseTransition.pdf

イジングモデル

http://theochem.chem.okayama-u.ac.jp/wiki/wiki.cgi/exp11?page=%A5%A4%A5%B8%A5%F3%A5%B0%A5%E2%A5%C7%A5%EB

相転移の統計力学

http://maya.phys.kyushu-u.ac.jp/~knomura/education/Undergraduate/Phase-Transition/Phase-Transition.pdf

AIの基礎研究 イジング計算機 2016.04 日立評論

http://www.hitachihyoron.com/jp/pdf/2016/04/2016_04_09.pdf

強磁性イジング模型の相転移・臨界現象に関する研究の最近の動向 坂井 哲 (北海道大学大学院理学研究院)

http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~sakai/PDFs/msj2017fall.pdf

磁性体の相転移

http://www.slab.phys.nagoya-u.ac.jp/uwaha/statiii10-4.pdf

2次の相転移

https://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Zairyo/QIL-Website/SM-HO120707-C8.pdf

演習 2. イジング(Ising)モデルのモンテカルロシミュレーション

https://home.hiroshima-u.ac.jp/atanaka/CmpPhys/EX-2/PRJCT2.pdf

Ising modelのモンテカルロシミュレーションを練習する。

http://bb.phys.se.tmu.ac.jp/~bb/pukiwiki/index.php?MCsim

磁性体モデル More is Different

http://www.adv-pip.yz.yamagata-u.ac.jp/~muneki/japanese/lecture/tohoku_univ/2012/Exp-D_StatPhys2012.pdf


4. 焼き鈍し(annealing)手法には、量子計算機による方法とそれ以外の方法がある

量子アニーリングマシンのプログラミング

https://www.slideshare.net/nishio/ss-86734296


5. 利用可能な環境の紹介

業界で先導しているD-WAVA、未踏事業で利用している富士通のシステム、

現在無料で利用可能なIBM Qなどの紹介があった。


6. ハッカソンなど人材育成に積極的な発言

https://techplay.jp/tag/quantumcomputer


7. 量子計算機以外でも解ける方法が見つかることがある

なんでもかんでも量子計算機で解くことが大事なのではなく、

問題を整理したら、他の方法で解けることが分かるのは、

工学的には大事。

量子計算機の研究者で物理系だと論文大事で、見落とすことがあるかもという点に言及があったのはとても大切。


8. 量子物理学と計算機の2つの分野

量子物理学と計算機の2つの分野を学ぶか、どちらかを習得して、他の分野の人と協同するか、いろいろな道があることが推測できた。


感想

渡辺日出雄さんがEniacとIBM-Qの写真を比較して、同じ状態かもと示唆に富んでいた。

AIの応用を無理やり進めようとして反発を招いたような、

量子計算機の応用例を無理やり増やすよりも、

量子計算機を考える過程で、他の方法で解けることがわかったことを大切にしていくとよいと思った。

なんの道具をつかっても、これまで解けなかった問題が解ければいい。最終的に使う道具がなんであれ、思考の過程で量子計算機または類似の仕組みを利用していれば、道具として有用。

第五世代計算機の事業が終わった後で、無理な応用よりもLISPの改良の方が成果だったと、淵一博さんが電総研で講演されたのをお聞きしたことがある。

量子計算機でなくても解ける問題を解いて成果だと喧伝するのがなかったのが、今回の一番の成果。街中では、昔のエキスパートシステムの宣伝と似た応用の話を聞いててうんざりしてた。

<この項目は書き掛けです。順次追記しています。>


参考資料(reference) @ Qiita

(随時更新) 量子コンピュータハッカソン マニュアル by Team AI

https://qiita.com/daisuke-team-ai/items/32b3c876e78579966df6

【初心者向け】量子ゲート方式と量子イジングモデル方式の違い

https://qiita.com/gyu-don/items/9e175b6f93f4fb6a5064

次世代計算機講座<実践編> ~アニーリングマシンプログラミング~ 参加記

https://qiita.com/ground0state/items/173262fc8c960a0cc27b


自己参照(self reference)

量子計算機 起業者

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/982112af4b4b81bc8e71

量子コンピュータプログラムへの道

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/37c90488c87bbe9f2d71

量子計算機 特許

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/4429b2f5ed1a49180b55

量子計算機 論文

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/4d945685d296e3591f92

今日、量子計算機の話をしました。

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/cf00ff211389ce5e2571


文書履歴(document history)

ver. 0.01 初稿 20190312 昼

ver. 0.02 英語、動画追記 20190312 午後

ver. 0.03 7, 8, 感想追記 20190312 夕

このエントリーをはてなブックマークに追加

http://b.hatena.ne.jp/guide/bbutton