Help us understand the problem. What is going on with this article?

Power BI カスタムビジュアル開発 目次

このシリーズでは、Power BI をより自分好みに変えましょうということで、カスタムビジュアルを開発してみます。
※この目次は随時更新予定です。お気に入りにでも入れておいてください。

情報元: GitHub: PowerBI-visuals 他。

カスタムビジュアルとは

Power BI で利用できるビジュアルには既定のものや、マーケットプレースで入手できるものなど様々ありますが、たまに「痒いところに手が届かない!」となります。そこで無いものは自分で作ってしまおうというのがカスタムビジュアルです。

カスタムビジュアル開発入門

このセクションでは、順を追ってカスタムビジュアルが作れるようにしていきます。

事前準備編
プロジェクトの理解とグラフの追加
インタラクションの追加
フィールド書式のカスタマイズ
ツールティップと多言語サポート
カスタムビジュアルのデバッグとパッケージ化

高度なビジュアル開発のために capabilities.json を極める

このセクションでは、より高度な開発で必要となる情報を紹介します。

Capabilities の 概要と DataRoles を詳しく見る
Capabilities の DataViewMappings を詳しく見る
Capabilities の Objects を詳しく見る
Capabilities の Sorting、SupportsHighlight、AdvancedEditModeSupport を詳しく見る
Capabilities の Drilldown を詳しく見る

カスタムビジュアル開発: 積み上げ棒グラフ

プロジェクト作成とデータの定義
グラフの描画
X、Y 軸および凡例の描画
動的な文字列長計算と書式設定

各種ユーティリティの紹介

このセクションでは、カスタムビジュアル開発に便利なユーティリティの紹介をします。多くのサンプルでも利用されているため、サンプルを読むためのスキルとしても重要です。

DataViewUtils で DataView の各種オブジェクトをパースする
TypeUtils でカスタムビジュアルに重要なタイプをより簡単に扱う
ColorUtils で色の管理をする
TooltipUtils でツールティップを活用する
InteractivityUtils でビジュアルのクロス選択とクロスフィルターを実施する
ChartUtils でチャートや凡例、ラベルを描写する
FormattingUtils で値をフォーマットする
SVGUtils で SVG を扱う
TestUtils でユニットテストを行う - その 1 環境構築
TestUtils でユニットテストを行う - その 2 テストコードの詳細

参考

v3 へのアップグレードで参考になるサンプル
Power BI
GitHub:PowerBI-visuals
Power BI Custom Visual Development Fundamentals (英語動画)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした