C++
C#
短歌
Qiita歌人連盟
未来短歌会

C言語C++とC# 未来短歌会 2018年8月号

未来短歌会 歌誌 未来2018年8月号 月と鏡集 佐伯裕子選 小川清

https://researchmap.jp/jo9p0v9p3-2060601/#_2060601

799-2018-08.jpg
https://bookmeter.com/books/13083275

月と鏡集 佐伯裕子 選 p.81 C言語C++とC# 春日井 小川清

規格でのコード断片意味不明編纂実験Qiita掲上

PascalとC、アセンブラ並び立つパソコンソフト設計言語

CPU同梱出荷C言語無償提供普及加速す

OSとコンパイラ記述C言語基盤ソフトがキラーアプリだ

階層は制御不能波乱ありTemplateで汎化を狙う

C#国際規格JAVAよりはOpen指向monoもdocker

.(どっと)NETフレームワークPascalの成果Cへと変換シャープ

プログラム言語文書はそのままで編纂可能形態必須

Qiitaでは明朝体はつかえなさそうなので画像で。researchmap明朝, DFP行書,DFP中楷書

mincho.png

gyousho.png

chukai.png

どの書体がよいかは、コメントで投票(ご意見)いただけると幸いです。

参考文献(reference)

Qiita歌人連盟
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/2c6683675948282dac33#_reference-30da0d66286d52feb5ce
RでKerasを使う(短歌手習い編)
https://qiita.com/yamano357/items/27bb3d39dc8047c46dba
深層学習とマルコフ連鎖による短歌自動生成Ver.0.10
https://qiita.com/aokikenichi/items/13d9b327581f9ddc3c57
pythonでpoemから俳句、短歌を自動生成する
https://qiita.com/tyonekura@github/items/b26577e1cff55f11a319
[Groovy]俳句、短歌生成ツールを実装
https://qiita.com/saba1024/items/3677a6f25a47afcfca69
ReactNativeで作ったアプリでもちゃんと数値を追うためのパッケージ4種
https://qiita.com/imaimiami/items/4071aecbe1a63106d8e3
Jubatusを使った感情分析を行うLINE Botの作成
https://qiita.com/Ryuichirou/items/283cbd411b6d73d9fc6a
短歌の自動生成プログラムとデータの収集
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/d3198402d8b8b4ac8cd2
ポエトリースラムジャパン名古屋大会への道
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/2184f0791347a6d9798f

<この稿は書きかけです。順次追記しています。>

twitter:@kaizen_nagoya
改善日誌(researcmap)
https://researchmap.jp/jo9p0v9p3-2060601/#_2060601
改善の本棚(読書メーター)
https://bookmeter.com/books/13083275
改善(booklog)
改善日誌(ameba)
改善の本棚(amazon.co.jp)
https://www.amazon.co.jp/gp/profile/amzn1.account.AEZYBP27E36GZCMSST2PPBAVS3LQ/ref=cm_cr_dp_d_gw_tr?ie=UTF8

Researchmap

「researchmapサービスは、国立研究開発法人科学技術振興機構知識基盤情報部が提供しています。」
「researchmapシステムは、国立情報学研究所社会共有知研究センターにおいて研究開発・提供しています。」

著作権法 第三十二条 

「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
2  国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」

https://researchmap.jp/kaizen/
小川清は、名古屋市工業研究所研究員で、著作権法第三十二条に基づいて、「研究」目的で、学術雑誌等で良俗となっている引用形式(書名、著者名、出版社名、ISBNまたはISSN、発行年、ページ等)をできるだけ踏襲するようにしています。
 ただし、kindleで購入した電子書籍には紙のページの記載がないものがあり、必ずしもページを特定できないことがあります。章節番号を記載するか、なるべく情報を補充するようにしています。紙でのページが確認できれば、紙のページを追記することがあります。
 引用の分量は、分野によって妥当な範囲が異なるかもしれません。それぞれの学術分野の引用における制約の範囲に止めるように努力しています。例えば、2割から3割り程度以内のように。引用で、逐条解説的な全部を引用した解説は、事前または事後において著者または著作権者の許諾を得るようにしています。

例えば、
サーチャー試験 傾向と対策―データベース検索技術者認定試験〈1級・2級〉 小川清, 安 彰敏– 1993, 紀伊國屋書店、日外アソーシエーツ
https://www.amazon.co.jp/dp/4816912002/
では、JISを全文引用しています。
JIS X 0701 ドキュメンテーション用語(基本概念) 1989
JIS X 0702 ドキュメンテーション用語(文献) 1989
なお、これらの現行規格はこちら。
JIS X 0701 情報及びドキュメンテーション−用語2005
http://kikakurui.com/x0/X0701-2005-01.html

これは日本規格協会出版部に口頭で了解を得たものです。
当時、日本規格協会のJIS化委員会および教育部での国際規格に基づいた訓練の講師等をしていて日常的に意見交換していました。特に、JISの経済産業省における引用の仕方については、いろいろな意見があり、安定した引用方法の指針が提示されていなかったように記憶しています。
 研究範囲は、通信規約、言語(自然言語、人工言語)、自動制御(ソフトウェアの自動生成を含む)、工業標準(国際規格、JIS、業界団体規格等)。例えば、言語処理は、言語、自動制御、工業標準を含み、通信規約の一部でもあり、総合的に取り扱っています。文字フォントの今昔文字鏡、日本語語彙体系、多言語処理などの具体的なシステムやサービスを支える技術的な課題に取り組んでいます。短歌形式の言語解析、言語学習、自動生成などは、現在の研究対象の一つです。

なお、他の著作物からの引用は、それぞれの著作者の著作物で、引用に関する部分は、著作権法第三十二条2項の範囲外です。商用利用の場合には、それぞれの著作者にご確認ください。

環境、前提条件

C言語、C++、C#、Pascal, JAVA、アセンブラのいずれか一つを知っていることを前提とする。
ただし、これらの言語を使おうと思う気になることもこの資料の目的の一つ。

環境はコンピュータがなくても、プログラミング言語の本を読んだり、手書きでプログラムを記述するだけの状態でもよい。コンピュータを使ってコンパイルしたくなればよい。

技術解説

規格でのコード断片意味不明編纂実験Qiita掲上

C2011コンパイル一覧@researchmap
https://researchmap.jp/jownvh0ye-1797580/#_1797580
[C][C++]の国際規格案の例題をコンパイルするときの課題7つ。
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/5f4b155030259497c4de
C Puzzle Bookの有り難み5つ、C言語規格及びCコンパイラの特性を認識
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/d89a48c1536a02ecdec9
MISRA C まとめ #include
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/f1a79a7cbd281607c7c9
どうやって MISRA Example Suiteをコンパイルするか
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/fbdbff5ff696e2ca7f00

PascalとC、アセンブラ並び立つパソコンソフト設計言語

Qiitaで組立語(assembler)・機械語(machine language)・CPU「アセンブラへの道」
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/46f2333c2647b0e692b2

CPU同梱出荷C言語無償提供普及加速す

C言語/C++に対する誤解、曲解、無理解、爽快。https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/3f3992c9722c1cee2e3a

OSとコンパイラ記述C言語基盤ソフトがキラーアプリだ

名古屋のIoTは名古屋のOSで, TOPPERS まとめhttps://qiita.com/kaizen_nagoya/items/9026c049cb0309b9d451

階層は制御不能波乱ありTemplateで汎化を狙う

C++ Templates The Complete Guide(2nd Edition)をclang++とg++でコンパイルしてみた https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/a7065ea839cb33793bdf

C#国際規格JAVAよりはOpen指向monoもdocker

Dockerをどっかーらどうやって使えばいいんでしょう。TOPPERS/FMP on RaspberryPi with Macintosh編 5つの関門https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/9c46c6da8ceb64d2d7af

.(どっと)NETフレームワークPascalの成果Cへと変換シャープ

プログラム言語文書はそのままで編纂可能形態必須

プログラミング言語教育のXYZ
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/1950c5810fb5c0b07be4

プログラマが知っているとよい 色使い(安全色)https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/cb7eb3199b0b98904a35

Qiita関連事項

「Qiita コミュニケーションガイドライン」適合自己確認

https://help.qiita.com/ja/articles/qiita-community-guideline
本文中、Qiita記事URLがプログラミングで、短歌がみだしに相当します。また、著作権上の許諾を各方面に申請し、一部受諾いただいています。
Qiita「コミュニティガイドライン」を読み解く
https://researchmap.jp/jorlcyxqv-1826017/#_1826017

「良い記事を書くためのガイドライン」適合自己確認

https://help.qiita.com/ja/articles/qiita-article-guideline
本文中、「具体的で簡潔なタイトルをつけ」「引用元や参考元へのリンクを書」いており、環境、前提条件を追記しました。
また、著作権上の許諾を各方面に申請し、一部受諾いただいています。
章立てが、思いつくまま書いていた頃は、順番が何の意味があるかわかりにくかった。読み手にとって類似の項目がなるべく近くになるように配置換えを行った(ver. 0.52)。
良い記事を書くためのガイドライン逐条解説書きかけ
https://researchmap.jp/jo8z1pj3z-1826017/#_1826017

Qiita規約適合自己確認

利用者の責任において、各種引用を行い、Qiitaに掲載できない事項は、他の掲載可能な場所に掲載した資料を引用するようにしている。
Qiita規約逐条解説書きかけ
https://researchmap.jp/jo9exp67q-1826017/#_1826017

文書履歴(document history)

ver. 0.10 初稿 20180804
ver. 0.11 参考文献追記 20180806
ver. 0.12 明朝、行書、中楷書追記 20180807
ver. 0.13 Qiita関連事項、資料追記 20180830

  • 参考文献(reference)
  • <この稿は書きかけです。順次追記しています。>
  • 環境、前提条件
  • 技術解説
  • Qiita関連事項
  • 文書履歴(document history)