SVG
アニメーション
gif
9VAe
9va-pi

「9VAeきゅうべえ」で絵を描かずに作れるGIFアニメ

アニメーション作成フリーソフト「9VAeきゅうべえ」

9VAe(きゅうべえ)は、2016年 広島国際アニメーションフェスティバルのワークショップで採用されたアニメーション作成フリーソフトです。自分で描いた絵や読み込んだイラストを自由に動かせます。中間のコマをキーフレーム補間する機能があり、絵を描かなくてもアニメが作れます。Windows / Mac / Linux(ラズベリーパイ、Ubuntu...) 版があります。

最新版ダウンロード(リンク先右上の Untitled.png をクリック) ダウンロードできない場合はこちら 説明
9va-win (Windows版) 9va-win (ベクター) windows
9va-mac (Macintosh版) 9va-mac (ベクター) mac
9va-pi (ラズベリーパイ版) 9va-pi (ベクター) pi
9va-pi (Ubuntu, Mint/ Linux X86 32bit版)(64bitの場合) linux
〇くわしいインストール方法はこちら
1コマアニメーション「PEAS motch!」(Windows/Mac) win/mac
iPhone/iPad版の作り方 ios

ここでは、OpenclipartというフリーサイトのSVGイラストから作成したアニメーションを紹介します。自分で絵を一切描かなくてもこんなアニメが作れます。

Openclipartから「9VAeきゅうべえ」で作ったアニメーション例

Openclipartは、商用利用も可能なフリーのイラストサイトで、10万点以上のベクトルイラストが掲載されています。
9VAe(きゅうべえ)で、Openclipart のSVGイラストを読み込んでアニメを作成すれば、完成したあとで、GIFアニメ、SVGアニメ、APNG(動くLINEスタンプ)、連番の透過PNGなどいろんな形式で出力することができます。実際にOpenclipartからアニメを作る手順はこちらをご覧ください。

9VAeで作成したアニメは

Animation of Banshee elven archer

9va-juanmontoya-Banshee-elven-archer.gif
SVG版を見る
キーフレーム数:目2枚、身体2枚、弓と手1枚

9VAe(きゅうべえ)は、キーフレーム補間機能があり、全部の絵を描く必要がありません。使用しているキーフレームの枚数を下に記載しました。上のアニメは5枚の絵で作られています。読み込んだイラストを変形しただけで、自分では絵を一切描いていません。

Rocket blue and red

9va-rocket-blue-and-red.gif
SVG版を見る
キーフレーム数:ロケット2枚、炎2枚

Skeleton 3

9va2-Skeleton3.gif
SVG版を見る
キーフレーム数:頭2枚、右足2枚、左足、右手、左手、各1枚、青い頭2枚、身体2枚

HEROINE

HeroineAnime.gif
SVG版を見る
キーフレーム数:2枚

Teacher with Chalk

9va-TA.gif
SVG版を見る
キーフレーム数:5枚

3次元CGアニメのような作品例

アニメキャストを使えば、長いアニメも9VAeで作成できます。(1.2はWebアニメコンテスト神戸大賞作品)

  1. 「道場」(2007 棒線)
    キャラクタを単純にして動きを追求した高校生の作品。3次元CGソフトで作ったようなカメラワークを見事に実現しています。
    このように図形を何枚か重ねてばらばらに動かせば、3次元的な動きを作れます。
  2. 「神速卓球」(2005 Masashi)
    NHKデジタル・スタジアムで、これは3次元ソフトで作るべきではないかと言われた中学生の作品。
  3. 「孤島で大ダコと戦うアニメ」(Komori)
    9VAeきゅうべえのサンプルフォルダにはいっている作品(03octopus.eva)で、たった4ページから作られています。これを3次元ソフトで作るにはタコの足のモデリングだけで相当大変でしょう。 (Firefox か Chrome でご覧ください。IE では静止画になります。)

小学生の作品例(1コマアニメーション)

クリックすると、Youtubeが開きます。
青少年のための科学の祭典で作った連作アニメーション
青少年のための科学の祭典で行った100名の連作アニメ>実施方法
これは1コマアニメーションといい、1枚の絵を描くだけで作れるコンピュータアニメーションです。9VAeきゅうべえや「PEAS motch!」で作ることができます。

9VAeきゅうべえは、画期的なフリーソフトです。信じられないほど簡単にアニメーションを作ることができます。

9VAeきゅうべえとは

誰でもアニメーションを作れるツール

アニメーションを作る人は、文章を書く人、絵を書く人に比べると、ほとんどいません。これは「紙の時代」が長く続いたせいでしょう。

アニメは印刷できません。作る手間も大変です。表示できない、作るのも難しいとなればアニメを自分で作る人はいないでしょう。

ところが状況が変わってきました。資料は紙に印刷して配るより、ディスプレイで表示するほうが簡単になり、情報伝達の主力がネットワークにつながったディスプレイにかわってきました。

「ディスプレイの時代」はアニメの時代です。アニメが簡単に作れるなら、もっと自分でアニメを作るべきではないでしょうか。

今までのアニメ制作.gif

絵や音楽は子供のころから描いたり歌ったりしています。ところがアニメを作る人はほとんどいませんでした。フリーソフト 9VAeきゅうべえを使えば、子供から大人まで自分でアニメが作れます。

アニメーションの分類について

多くの解説書では、アニメーションを次の3つに分類しています。

  1. 手書きアニメーション
  2. ストップモーションアニメーション
  3. CGアニメーション

1.は手描きのパラパラアニメ、2.は人形などをカメラで撮影したもの、3.はいわゆるCG(Computer Graphics)です。

たしかにこの3つは大きなジャンルです。では、9VAeきゅうべえは3.に分類されるのでしょうか。どう考えても3次元のCGアニメとは違います。今アニメーションは次の4つに分類すべきと思っています。

  1. 手書きアニメーション
  2. ストップモーションアニメーション
  3. 3次元CGアニメーション
  4. 2次元キーフレームアニメーション , 1コマアニメーション

2次元キーフレームアニメーション、1コマアニメーションを分ける理由

手書きアニメーションもストップモーションアニメーション も多くのコマを用意する必要があります。3次元CGアニメーションは精密な3次元モデルを必要とします。この3つを作るのはみな手間がかかります。もし、アニメーションが上の3つしかないなら、アニメはすべて作るのが大変になってしまいます。実際そう認識している人は多いでしょう。

ところが、「2次元キーフレームアニメーション」は、3次元モデルは不要で、数枚のキーフレームがあればよく、制作するのは簡単なのです。さらに、2018年キッズプラザ大阪コンピュータ工房で開発された「1コマアニメーション」にいたっては、静止画を1枚描くだけでアニメーションが作れます。

上に掲載したGIFアニメの制作において、絵は描いていません。イラストをコピーして変形しているだけです。簡単になる理由は、絵がベクトルでできていて、修正ができること。2つの絵の間の中間の絵を書かなくてよいこと。3次元モデルが必要ないことです。

Flash アニメーション

「2次元キーフレームアニメーション」がひとつの分野になっていないのは、一時代を築いた「Flash」というグラフィックソフトのせいかもしれません。 Flashは2次元のキーフレームアニメーションを作るソフトとして登場しました。その後、インターネットの拡大、発展とともに、アニメーションソフトからWebサイトを開発する プログラム環境に進化していきます。その機能はすばらしく、2次元キーフレームアニメーションは Flash の独り勝ちとなり「Flash黄金時代」と呼ばれます。 しかしFlash の影響力をきらったスマートフォンから締め出されることになり、世の中から名前が消えることになります。「2次元キーフレームアニメーション」の概念が定着していないのは、「2次元キーフレームアニメーション=Flash」が消えたせいかもしれません。

9VAeきゅうべえは 初期の Flash のような 2次元キーフレームアニメーションソフトです。

興味のある方はこちらもご覧ください(9VAeきゅうべえを無料にする理由)

9VAeの利用シーン

個人がアニメを作るために、9VAeきゅうべえは最適ですが、ビジネス用途にも使えます。

他のアプリとの連携

アプリ 9VAeを使ってできること
PowerPoint, Keynote, LibreOffice アニメGIFを作成し、プレゼンテーションに動きをつける
イラストレータ、Inkscape SVGを読み込んで動きをつける
Aviutil 動画にアニメを合成する
Scratch コスチュームに動きをつける

PowerPoint / Keynote / LibreOffice にアニメGIFを入れる方法

  1. 9VAeでイラストを読み込む(WindowsならPowerPoint上でイラストをコピーし、9VAe上でペースト。MacならOpenclipartのSVGを開く)
  2. 9VAeで動きをつける、ファイル>アニメGIF出力
  3. PowerPoint >挿入メニュー>図>ファイルから入力(※ビデオ入力ではなく、写真のような静止画と同じ入力を使う点に注意!)
  4. スライドショーを実行するとアニメGIFが動きます。LibreOfficeだと編集画面でも動きます。

動画にアニメを合成する方法(Windows AviUtilとの連携)

  1. 9VAeでイラストを読み込む
  2. 9VAeで動きをつける、ファイル>連番/APNG出力
  3. AviUtilの動画オブジェクトで読み込んで動画と合成

9VAeきゅうべえのカスタマイズと再配布

9VAeきゅうべえは、カスタマイズ自由、再配布可能なフリーソフトです。例えば次のようものを作るのは自由です。

  1. 9VAeのデザインを変更し、新しい名前をつけて販売する
  2. 自サイトから、9VAeきゅうべえをダウンロードできるようにする(例えば会員のみダウンロードできるなど)
  3. 9VAeの教材を作成し、有償で販売する
  4. 9VAeのサポートを有償で行う

9VAeはフリーソフトです。バグ報告や要望があればできるかぎり対応しますが、保証や責任は負えません。しかし、今の状態で十分使えると判断された場合、9VAeきゅうべえの利用方法に関して、一切制限を設けません。

ぜひ、いろんな場面で、ご活用ください。



関連記事

9VAeきゅうべえ のご紹介

  1. 無料ソフトでアニメを作ってみよう(9VAe きゅうべえ)
  2. インストール方法
  3. スクラッチ、ビスケットの次は 9VAe=第3のプログラミング学習環境
  4. よくある質問

9VAeきゅうべえ 初級編

  1. 9VAe チュートリアル(1)ーページでタイムラインなし
  2. 9VAe チュートリアル(2)ー図形入力、選択、移動、サイズ変更
  3. 9VAe チュートリアル(3)ーアニメキャストを作る、時間調整
  4. 9VAe チュートリアル(4)ーアニメキャストの修正、往復
  5. 9VAe チュートリアル(5)ー動きグラフ、ページコピー、GIF作成
  6. 書き順アニメーションの作り方
  7. 9VAeきゅうべえ:長いアニメを作る方法

9VAeきゅうべえ 上級編

  1. 動くLINEスタンプのAPNG作成:無料ソフト9VAeきゅうべえ
  2. 萌えキャラ デジたんを目ぱちさせるまで:APNGアニメの作り方
  3. openclipartの無料イラストをアニメ化する6つの手順
  4. イラストから動くLINEスタンプのようなアニメを簡単に作る方法
  5. Openclipart の 無料SVG をアニメにするテクニック
  6. 無料アニメソフト9VAeきゅうべえの裏技集

9VAeきゅうべえ サンプル作品

  1. 9VAeきゅうべえ」で絵を描かずに作れるGIFアニメ

9VAeきゅうべえ 技術資料

  1. アニメソフト 9VAe をカスタマイズする方法
  2. イラストレータのデータを 9VAe(きゅうべえ)に変換する方法
  3. 9VAe / 9svg データフォーマット解説
  4. OpenCV と Python を使ったアニメーション動画用紙のスキャン画像位置合わせ