Help us understand the problem. What is going on with this article?

個人のためのコードレビューサービスを開発しました。

個人のコードレビューを売り買いできるサービス: https://www.pullimage.com/

pushrequestはpullrequest単位でコードレビューを受けるためのマッチングサービスです
PushRequest

PushRequestはプログラミング独学者や個人開発者がpullrequestにレビューをもらうことができます。
image.png

背景・課題

私は、独学でプログラミングを1年間学びフリーランスになりました。
最初は、Progateを3周・railsチュートリアルを2周し、そこから自分で作りたいものを開発しました。

途中の半年は知り合いの経営者から案件をいただき、主にスクレイピング系のWebサービスを開発してます。
その後、フリーランスになるため、エージェントを介し上京しました。

驚いたことに、現場には独学ではたどり着けないようなノウハウが転がっており、
もっと早く誰かに教えてもらえればよかった...!と、後悔しました。

私が言いたいことは「何事もできる人から教えてもらった方が成長が早い」ということです。

しかし、現状ではできる人から教えてもらうためにはお金がかかり個人でお金の問題を解決するのは難しいと思います。
特にプログラミングを学んでいる人は、学生やキャリアチェンジの方が多い印象です。

そこで、個人間でもコードレビューができる仕組みがあったらみんな助かるんじゃないかなぁと考え個人開発に至りました。

もちろん、プログラミング初級者だけでなく、
すでに現場で働いている方でも副業としてサービスを開発していたり、あるいは、常に新しい言語へ挑戦している方にもご利用いただけるサービスかと思います。

仕組み

image.png

登場人物

レビューをする人(レビュアー)とレビューを依頼する人(リクエスター)です。

PullRequest管理

Githubと連携してpullrequest情報を取得します。
publicなものだけです。

レビュアーに依頼

ユーザー詳細ページ、またはpullrequestの詳細から依頼をしてください。

レビュアーの存在

このサービスではpullrequestに対してレビューをしてくれるエンジニアが必要です。
金銭的な報酬がレビュアーに与えられる訳ではありませんので、もしリクエスターの方がレビューを受けられた場合は礼節を持った対応をお願いします。

デモデイで発表されます

4月1日にデモデイで発表されます。
https://diveintocode.jp/demoday

最後に

個人単位でレビューしてもらえる仕組みができれば、もっと多くの方がエンジニアになることができるかもしれません。
1からエンジニアを育てる余裕がある会社は少ないです。なかなかエンジニアが生まれない状況を打破できればなと思います。

サービスも未完成です。フィードバックお待ちしております!

お知らせ

https://www.pullimage.com/

k_s
個人のコードレビューを売り買いできる「Pullimage」を運営しています。 https://www.pullimage.com/
https://www.pullimage.com/
resource
コードレビューのマーケットプレイスを提供するスタートアップ
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした