Edited at

Git操作まとめ

バージョン管理システムのGitについて、勉強しつつまとめていこうと思います。勉強しながらなので、少しずつですが記事を追加していきます。

プログラムを組む際に必要となるものは数多くありますが、Gitも欠かせないもののうちの一つだと考えています。

複数人数での開発ではもちろんのこと、ひとりで開発する際にも効果的に開発を進めていくために有効なツールです。

今回、Ubuntuのターミナル画面でのGit操作についてまとめていきますので、WindowsOSをお使いの方とは、多少差異があるかと思いますが、ご了承ください。

この記事では、Ubuntu18.04LTSにインストールしたGit(version 2.17.1)を使用しています。


個人でGitを使う


  1. Gitのインストールとセットアップ

  2. Gitでのバージョン管理開始(git init)

  3. Gitの基本コマンド(git add / git commit / git status)

  4. Gitのコミット履歴確認(git log)

  5. Gitをターミナルで使う場合の設定

  6. コミット履歴に名前をつける(git tag)

  7. ブランチ操作(git branch)

  8. 編集差分を調べる(git diff)

  9. Gitのバージョン管理が必要ないファイルやディレクトリを除外する(.gitignore)



複数人数でGitを使う


  1. リモートリポジトリ(Github Bitbucket)

  2. git clone 〜

  3. git push / git pull 〜



参考書籍


  • わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門 湊川あい 著 / DQNEO 監修


参考サイト