Help us understand the problem. What is going on with this article?

Gitコマンド一覧

More than 5 years have passed since last update.

作業ディレクトリにGitを使う宣言をする

>> git init

ステージングエリアにあげる

>>  git add (ファイル名) or git add .

コミットする

>> git commit "コミット名"

コミットメッセージを1行以内に納める

>> git commit -m "コミット名"

一つ前のコミットと統合する

>> git commit --amend -m "コミット名"

gitのログを確認する

>> git log

Gitのlogを簡潔にまとめて表示する

>> git log --oneline

オプション

git log --oneline
git log -p(変更した場所を見たい場合)
git log --stat(より詳しく変更した場所を見たい場合)

現在の状態

>> git status

前の状態に戻る

>> git checkout --(file名)

何処を編集したのか知りたい場合

>> git diff

ステージングエリアにあげた場合、コミットで変更されるファイルが分かる

>> git diff --cached

コミットした後の編集されたファイルが分かる

>> git diff -r (ID名)

git addを取り消す

>> git reset HEAD または git reset HEAD (ファイル名)

直前に戻る

>> git reset --hard HEAD

1つ前に戻る

git reset --hard HEAD^

指定されたlogに戻る

>> git reset --hard (ID)

マージを始めた頃のブランチに戻る

>> git reset --hard ORIG_HEAD

git 修正したファイルの変更を取り消す事はできるけど、特定のバージョンに戻したい場合

>> git checkout コミット ファイル

ブランチの一覧表示

>> git branch

ブランチを作る

>> git branch

ブランチを削除

>> git branch -d (ブランチ名)

リポジトリの複製

>> git clone git@(アドレス名)

新規ブランチを作りそれをカレントブランチにする

>> git checkout -b (ブランチ名)

リモートリポジトリにPushする前に登録するコマンド

>> git remote add origin(リモートリポジトリ名) git@~

リモートリポジトリ削除

>> git remote rm origin

ローカルリポジトリをリモートリポジトリに同期する

>> git fetch origin

リモートブランチと同期したデータ、追跡ブランチをローカルリポジトリに取り込む

>> git merge origin / (ブランチ名)

mergeとfetchをまとめて行う

>> git pull origin  (ブランチ名)

ローカルブランチのデータをリモートブランチに送る(最新のもの)

>> git push origin  (ブランチ名)

他のブランチを現在のカレントブランチに取り込む

>> git merge (branch name)

rebaseをする(履歴を綺麗にする、まとめてコミットを取り込む)

>> git rebase (branch name)

rebaseインタラクティブモード

# intの所にはなにか任意の数字を入れる
>> git rebase -i HEAD~int

cherry-pickをする(直接コミットを取り込みたいとき)

>> git cherry-pick (コミットID)
# コミットIDはgit logで確認

git の履歴を削除する

>> git filter-branch -f --index-filter 'git rm --ignore-unmatch filename' HEAD
#  -rfを付けるとディレクトリを削除

>> git filter-branch -f --index-filter 'git rm -rf --ignore-unmatch dirname' HEAD

名前の登録

>> config --global user.name ”(your name)"

メールの登録

>> config --global user.email "(your email)"

メッセージの色分け

>> config --global color.ui true

設定一覧

>> config -l

ヘルプを見る

>> config --help
>> help config

git省略コマンド

参考ページ
http://tobysoft.net/wiki/index.php?git%2F%A5%B3%A5%DE%A5%F3%A5%C9%A4%CE%BE%CA%CE%AC(alias)%C0%DF%C4%EA%A4%F2%A4%B9%A4%EB%CA%FD%CB%A1

git config --global alias.co checkout
git config --global alias.st 'status'
git config --global alias.ci 'commit -a'
git config --global alias.di 'diff'
git config --global alias.br 'branch'

.bashprofile,bashrcなどに記入
alias gco="git checkout"
alias gst="git status"
alias gci="git commit -m"
alias gdi="git diff"
alias gbr="git branch"

fukumone
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away