Help us understand the problem. What is going on with this article?

Git操作まとめ 〜Gitのコミット履歴確認(git log)

More than 1 year has passed since last update.

この記事では、Ubuntu18.04LTSにインストールしたGit(version 2.17.1)を使用しています。

チームではもちろんですが、個人での使用であっても今までのコミット履歴を確認する必要が出てきます。
そうすることで、誰が、いつ、どんな意図でその作業をしたのを理解することができ、効果的に開発を進めていくことができるようになります。

履歴確認

履歴を確認するには、以下のコマンドを使用します。

git log

実際に使ってみます。

git log

commit 76d180faf45d1da99905f225830a07f7b9c31603 (HEAD -> master)
Author: xxxxxx <xxxxxxxx@gmail.com>
Date:   Tue Nov 12 08:30:47 2019 +0900

    initial commit

このように表示されます。
1行目・・・commit コミットナンバー
2行目・・・Author コミットした人の名前とメールアドレス
3行目・・・Date コミットした日付
4行目・・・コミットコメント

この形式で、新しいコミットが前のコミットの上に表示されます。


履歴の簡易表示

git logで履歴を見ると、初めのうちはコミット数も少なくコミットの詳細を見ることができるため便利ではありますが、場合によっては「もっと簡略化したものでいいから、履歴をザッと確認したい」というときも出てきます。
そういうときは、onelineオプションをつけることで、コミットごとに1行表示で履歴を見ることができます。

git log --oneline
76d180f (HEAD -> master) initial commit

本記事目次ページ

Git操作まとめ

tsweblabo
はじめまして。t's Web Laboと申します。 昨年新しい環境での生活が始まり、多くの方のサポートのおかげでようやく環境が整ってきました。 とはいえ知識や技術面の足りない部分が多く、日々勉強の必要性を感じています。 プログラミング関連で興味を持ったこと、勉強したことを備忘録の意味も込めてQiitaで発信していきます。 2020.06.03
https://tsweblabo.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away