Edited at

Substance in UE4 | 8: Adding Leaks Using Particle Painting

More than 1 year has passed since last update.


Substance in UE4


使用バージョン

Substance Desinger 6.0.1

Substance Painter 2.5.1

Unreal Engine 15.1


8: Adding Leaks Using Particle Painting

8: Adding Leaks Using Particle Painting

8: Adding Leaks Using Particle Painting


archwayのLeaksペイント

Substace Painterでarchway.sppを開く

archway_Normal_DirectX.pngをインポートする

image

archwayを選択

TextureSet Settings

Select normal map

archway_Normal_directXを選択する

image

Particles -> Leaksを選択する

image

archwayのみ表示する

Layerを追加する

名前をLeaksに設定する

image

image

Leaksレイヤーにwhite maskを追加する

image

Ventsの箇所から水が垂れているように塗る

image

パイプの付け根から水が垂れているように塗る

image

image

黒のFill Layerを追加する

Leaksの塗った部分のみ白くなるようにする

image

Ctrl + Shift + EでTextureをExportする

masksフォルダを作成して、出力先を変更する

image

archwayのみチェックを入れてExport

image

archway_Base_Color.pngをmaskとして使用する

image

出力後は使用しないので、Leaks,Fill layer 2を非表示にする

image


backingのLeaksペイント

backingのみ表示する

Layterを追加する

名前をLeaksに設定する

white maskを追加する

image

backing_Normal_DirectX.pngをインポートする

image

Normal mapを追加する

TextureSet Settings

Select normal map

backing_Normal_DirectX

image

Leaksレイヤーの下に黒のFill Layerを追加する

image

image

backingのみ書き出し

image

出力後は使用しないので、Leaks,Fill layer 2を非表示にする

image


designer archwayにLeaks maskを追加する

Preference Libraryにmasksフォルダを追加する

image

Filterを追加する

image

archwayのGraphにarchway_Base_Colorを追加する

Grayscaleに設定する

image

Material Color Blendを追加する

image

Material Color BlendのChannelsを設定する

Channel名
True/False

Diffuse
False

Base Color
True

Normal
True

Specular
False

Emissive
False

Glossiness
False

Roughness
True

Metalic
True

Specular Level
False

Ambient Occlusion
False

Height
False

Opacity
false

image

Material Color Blendを各所につなげる

image


Material Color Blendのパラメータを調整する

Base Color

Color : RGB(50,41,32)

Opacity : 0.25

image

Normal

Height Opacity : 0.01

image

Base Color

Opacity : 0.38

Blending Mode : Multiply

image

Base Color

Opacity : 0.43

Blending Mode : Normal

image

Input Parametersを追加する

項目

Identifier
Leaks

Type/Editor
Boolean/Buttons

Defailt
True

image

Base ColorのOpacityにEmpty Functionを追加する

image

FunctionのアイコンをダブルクリックしてFunctionのGraphを表示する

image

Get Booleanを追加する

右クリック -> Add Node -> Variables -> Get Boolean

image

Variables / Get BooleanにLeaksを設定する

image

If...Elseを追加する

右クリック -> Add Node -> Control -> If...Else

image

Constant Floatを追加する

右クリック -> Add Node -> Constant -> Float

image

Floatの値を0.5に設定する

image

Constant Floatを複製する

値を0に設定する

If...Elseにつなげる

image

右クリック -> Set as Output Node

image

LeaksのTrue/Falseで水の垂れた効果の表示/非表示を切り替えられる

image

Input Parameter Leaksの設定を変更する

Label : Leaks

Group : Weathring

image


designer backingにLeaks maskを追加する

backingをダブルクリック

image

backing_Base_ColorのLink resourceを追加する

Grayscaleに設定する

image

Material Color Blendを追加する

image

Material Color BlendのChannelsを設定する

Channel名
True/False

Diffuse
False

Base Color
True

Normal
True

Specular
False

Emissive
False

Glossiness
False

Roughness
True

Metalic
True

Specular Level
False

Ambient Occlusion
False

Height
False

Opacity
false

image

Material Color Blendを各所につなげる

image

Base Color

Color : RGB(50,41,32)

Opacity : 0.5

Normal

Height Opacity : 0.01

image

Input Parametersを追加する

項目

Identifier
Leaks

Type/Editor
Boolean/Buttons

Label
Leaks

Group
Weathring

Defailt
True

image

Empty Functionを追加する

image

archwayと同様の手順でFunctionを作成する

image


SVG

maskを複製する

image

SVG -> New Resource...

image

Choose a resource nameをvent_masksに設定する

OKをクリック

image

SVGをダブルクリック

Ventsの溝をPathで囲む

image

選択ツールでPathで囲んだ箇所を選択する

RGB(255,255,255)に設定する

image

Metal Edge WearとSVGを切断する

image

SVGのOutputとMetal Edge WearのGrayscaleをつなげる

image

Curvature Weightを0.08に設定する

image

Invert Grayscaleを追加する

image

SVGのOutputとInvert Grayscaleをつなげる

image

Bldをクリックし、Blendを追加する

Blendに対して各ノードをつなげる

BlendのBlend ModeをMultiplyに設定する

image

BlendのOutputとMetal Edge Wearをつなげる

Curvatureが外れていたので、Metal Edge Wearにつなげる

image

Bldをクリックし、Blendを追加する

Metal Edge WearとBlendをつなげる

BlendのOutputとMatarial Color Blendのmaskとつなげる

image

Curvature Werightを0.17に設定する

(溝部分の金属が表示される)

image

Frameを追加して、処理をまとめる

image

Titleと色の変更が出来る

image

色分けをしてるとわかりやすくなる

image


Backing側もLeaksのmask処理を行う

image

image

image

Frame化

image


Next


Before


Index