Edited at

Substance in UE4 | 5: Finishing The Base Materials

More than 1 year has passed since last update.


Substance in UE4


使用バージョン

Substance Desinger 6.0.1

Substance Painter 2.5.1

Unreal Engine 15.1


5: Finishing The Base Materials

5: Finishing The Base Materials

5: Finishing The Base Materials


Roughness (archway)

archwayのみ選択して表示する

Fill layerを追加する

名前をRoughとする

Materialをroughのみ有効にする

値は0.5に設定する

image

black maskを追加する

image

Add effects -> Add Generator

image

GeneratorにMG_Dirtを選択する

image

Roughness表示にすると、ImportさらたCurvatureとAmbientOcclusionが反映されている

溝やねじ穴といったところがはっきりとしている

image

MG_Dirtのプロパティを設定する

値をデフォルト値から変えた項目

項目名

Dirt Level
0.86

Dirt Contrast
0.5

Grunge Amount
0.53

Grunge Scale
1

image

MG_Dirtありとなしの比較

image

パラメーターの微調整

項目名

Dirt Level
0.78

Dirt Contrast
0.72

Grunge Amount
0.44

数値を色々変更してみて理想形に近づける(任意)

image

Roughnessの影響度を調整する

image

0.7くらいの値に設定する

image

MG_Dirtを再び編集する

項目名

Dirt Level
0.75

Dirt Contrast
0.46

Grunge Amount
0.64

image

再びRoughnessの値を調整する

値を0.35に設定する

image

MG_Dirtを再び編集する

項目名

Dirt Level
0.65

Dirt Contrast
0.67

image

調整前(MG_Dirtなし)と調整後(Roughnessの影響度、MG_Dirt調整)

image

RoughレイヤーをDuplicate(複製)する

image

materialレイヤーの上にDuplicateしたRoughレイヤーを移動し、名前をrough metalに変更する

image

MG_Dirtを編集する

項目名

Dirt Contrast
0.48

image

Roughness編集前とRoughness編集後の比較

image

ここまでの全体

image


Roughness (backing)

backingのみ有効にする

Fill layerをPaing GRPに追加する

roughのみ有効にする

値を0.35に設定する

image

black maskを追加する

image

Add effects -> Add generatorを追加

image

MG_Dirtを追加する

image

MG_Dirtのプロパティを設定する

値をデフォルト値から変えた項目

項目名

Dirt Level
0.81

Dirt Contrast
0.73

Grunge Scale
1

image

RoughレイヤーをDuplicateする

image

metalレイヤーの上に移動する

image

Roughness変更前と変更後の比較

image

archwayと並べると質感が違う

image

archwayと同じパラメーターに設定する

項目名

Dirt Level
0.65

Dirt Contrast
0.67

Grunge Amount
0.64

Grunge Scale
1

image

後ろの方が色が濃い

Roughness表示にして、Grayの色を近づけたほうが合わせやすい

項目名

Dirt Level
0.7

Dirt Contrast
0.63

Grunge Amount
0.74

Grunge Scale
2

image

image

ここまでの全体

image


Roughness (door)

Fill layerをPaint GRPに追加する

名前をRoughに設定する

roughのみ有効にする

値を0.35に設定する

image

Roughにblack maskを追加する

image

Add effects -> Add generator

GeneratorにMG_Dirtを設定する

image

archwayとbackingを表示する

Roughness表示にして、Grayの色を近づけたほうが合わせやすい

項目名

Dirt Level
0.78

Dirt Contrast
0.59

Grunge Amount
0.59

Grunge Scale
2

image

image

RoughをDuplicateする

image

Door GRP内のDoorレイヤーの上に移動する

名前をRoughに変更する

image

パラメーターの調整

Door GRPのRough

項目名

Dirt Level
0.51

Dirt Contrast
0.76

Grunge Amount
0.62

Grunge Scale
2

image

RoughをDuplicateする

metalレイヤーの上に移動する

MG_Distのパラメーターを編集する

項目名

Dirt Level
0.67

Dirt Contrast
0.59

Grunge Amount
0.59

Grunge Scale
2

image

同様にRoughをDuplicateして、

Floor GRP内のFloorレイヤーの上に移動する

名前をRoughに変更する

MG_Distのパラメーターを編集する

項目名

Dirt Level
0.6

Dirt Contrast
0.86

Grunge Amount
0.64

Grunge Scale
2

image

編集前と編集後を比較

image

ここまでの全体

image


Roughness (archway Pipe)

Folderを追加する

名前をPipe GRPに設定する

PipeレイヤーをPipe GRP内に入れる

image

Pipe GRPにblack maskを追加する

image

PipeのmaskをPipe GRPに移植する

PipeのmaskをCopy maskする

Pipe GRPのblack maskにPaste maskをする

image

pipeのmaskを削除する

image

Pipe GRPにLayerを追加する

名前をPipe Roughに設定する

image

Blushes -> Dirt2

roughのみ有効

値を0.6に設定

image

Pipeを順次塗っていく

Roughness表示にして塗ると塗りやすい

image

編集前と編集後の比較

image

ここまでの全体

image


Decals (archway)

Substance、UE4のプロジェクトファイルがダウンロードできる

https://forum.allegorithmic.com/index.php/topic,3242.0.html

substance_ue4_project.zipを解凍した中に入っているdecalsフォルダのpsdをインポートする

image

decals.psd, decals_metal.psdをTextureとしてインポートする

image

archwayのみ表示する

Layerを追加する

名前をDecalsに設定する

image

Projectionを選択する

color,metalのみを有効にする

Base Color,MettallicにインポートしたDecalを設定する

image

Decalを塗ると、Decalの画像のみが塗られる

image

image

image

はみ出てしまったラインを消す

image

ここまでの全体

image


Decals (door)

Doorのみを表示する

Layerを追加する

名前をDecalsに設定する

image

Projectionを選択する

Metallicに関係ないところに塗るので、

MetallicのDecalを削除する

image

Decalを塗る

レイヤーの透明度を85に設定する

image

ここまでの全体

image


TextureのExport

ここまでのTextureをExportする

image


Next


Before


Index