Edited at

Substance in UE4 | 4: Setting Up An Export Pipeline

More than 1 year has passed since last update.


Substance in UE4


使用バージョン

Substance Desinger 6.0.1

Substance Painter 2.5.1

Unreal Engine 15.1


4: Setting Up An Export Pipeline

4: Setting Up An Export Pipeline

Substance PainterとSubstance Designerでお互いにExportしたテクスチャデータをリンクさせる


Substance PainterのTexture書き出し

3DViewを右クリック

Export Texturesを選択

Ctrl + Shift + Eでもいい

image

Designerと共有しやすいフォルダを選択する(今回はspexportという名前のフォルダを作成する。DesignerでFilterを作る時に特定しやすい名前にしておくのがいい)

16bitを選択する

Configに [Document channels + Normal + AO(No Alpha)]を選択

Exportをクリック

image


Substance Designerの書き出したテクスチャのFilter設定

Substance Designerを開く

Edit -> Preferences

image

Projectsを選択する

Libraryタブを選択する

+をクリック

先ほどPainterでTextureを書き出したフォルダのパスを選択する

OKで確定する

image

Folder 1という名前をScifi Doorに変更する

image

Filterの追加

+をクリック

名前をsp exportに設定する

image

Filterの条件を入力する

- Bitmap

- Url

- Contains

- spexport

条件内容:画像、URL,spexportを含む

image


Base Colorの共有

archway_base_colorをGraphにドラッグ

Link resource(s)を選択する

image

Graphにノードが追加される

2D表示にテクスチャが表示される

image

Substance Painteを表示する

archwayを選択する

Paintレイヤーを選択する

BaseColorを変更する

image

Textureを再度Exportする

archwayのみをExportする

image

Substance Designerにも変更が反映される

image

Substance Painterに戻り、

Undo StackでColorの変更を無しにする

image

image


Substance Designerからのテクスチャ共有

archway_Normal_DirectXをドラッグ

Link resource(s)を選択

image

Curvatureを検索してドラッグする

NormalとCurvatureをつなぐ

image

GrayScaleのNormalが出来上がる

image

Intensityの値を3.14に設定する

輪郭が強調される

image

Save Current image as bitmapをクリック

meshDateフォルダを作成して、作成したフォルダを選択

image

ファイル名: archway_curvature

ファイルの種類: bmp

保存する

image

Substance Painterを表示

File -> Import resources

image

archway_curvature.bpmをtextureとして、project 'archway'にImportする

このプロジェクトでしか使わないので、Projectでいいと思う

image

Substance Painterに取り込まれる

image

Intensityの値を1に戻して、archway_curvature.bmpを上書き保存する

image

Substance Painter側に変更が反映されていないので、

archway_curvatureを右クリック -> Reload

変更が反映される

image

Substance Designerに戻り、

CurvatureのIntensityを3.93に設定する

image

Ambient Occlusionを検索し、Graphに追加する

image

archway_HeightのLink resourseを追加する

GrayScaleを選択する

image

つなげる

HeightからAmbient Occlusionを作成することが出来る

image

Spreadingを0.01に設定する

溝の部分のみが黒くなる

image

archway_ambient_occlusion.bmpでarchway_curvature.bmpと同じフォルダに保存する

image

archway_ambient_occlusion.bmpをtextureでproject 'archway'にインポートする

image

Substance Painterに取り込まれる

image

TexureSet Settingsを選択する

Select ambient occlusion mapをクリック

archway_ambient_occlusionを選択する

image

Select curvature mapをクリック

archway_curvatureを選択する

image

4はここまでだけど、5では backingとdoorにもcurvatureとambientOcclusionが作成されている

archwayのcurvature,ambient occlusionをbackingとdoor分コピーする

backingとdoorのnormal,heightのLink resoureceを追加する

archwayと同様にnormalにcurvature, heightにambient occlusionをつなげる

image

backingとdoorのcurvature,ambient_occlusionをbmpで保存する

image

archwayのcurvature,ambient occlusionと同じフォルダに保存する

image

Substance Painterにtextureとしてインポートする

image

backing,doorにAmbientOcclusion,Curvatureを追加する

image

image


Next


Before


Index