Help us understand the problem. What is going on with this article?

Kubernetes 1.16: 変更点まとめ(What's new!)

はじめに

このエントリは、Kubernetes 1.16 の CHANGELOG からWhat's new!と、各変更点についてまとめたページへのリンクです。

詳細については各まとめページを参照してください。

変更点の詳細へのリンク

What's new!

Kubernetes 1.16は2019年の3回目のKubernetesのリリースとなります。Kubernetes 1.16は31の改善が含まれており、そのうち8つはstableへ、8つはbetaへ、15個はalphaへとなりました。

  • Custom resources: CRDは、Kubernetesを拡張して新しいリソースタイプを保持および提供する方法として広く使用されており、1.7リリースからベータ版で利用できます。 1.16リリースでは、CRDはGAとなりました。
  • Admission webhooks: Admission webhookはKubernetesを拡張するメガニズムとして広く利用されており、1.9からベータとして利用可能です。1.16のリリースでadmission webhookはGAとなりました。
  • Overhauled metrics: Kubernetesは以前グローバルメトリクスレジストリを広範囲に使用して、公開するメトリクスを登録していました。メトリクスレジストリを実装することにより、より透過的な方法で登録されます。以前はKubernetesのメトリクスは安定性の要件を含んでいませんでした。
    • :pencil: Prometheusのメトリクスレジストリを直接利用するのではなく、Kubernetes実装のレジストリを使うようになり、メトリクスを登録する際に安定性を定義することが可能になったようです
  • Volume Extension: このリリースでは多くのVolumeに関する改善があります。CSI specでのVolumeのリサイズはベータへ移行しました。

Additional Notable Feature Updates

  • Topology Managerは新しいKubelet componentで、最適なリソース割り当てを提供するためのリソース割り当ての決定を調整することを目的としています。
  • IPv4/IPv6 dual-stackはPodとServiceのIPv4/IPv6両方のアロケーションを有効にします。
  • API Server Network Proxyは1.16でalphaとなります
  • Cloud Controller Managerのマイグレーションのための拡張
  • 引き続きextentions/v1beta1,apps/v1beta1, そしてapps/v1beta2 APIは非推奨です。これらは1.16で非公開になりました。
    • :pencil: 1.16で一時的にこれらのAPIを利用したい場合はAPI Serverの--runtime-configフラグで有効にできますが、この一時的に有効にする機能も1.18で完全に削除されます。
uesyn
zlab
技術で新しい世界へシフトする。
https://zlab.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした