1. Qiita
  2. 投稿
  3. Mac

Mac 版 Eclipse Pleiades All in One リリース

  • 25
    いいね
  • 0
    コメント

Mac の Eclipse に Pleiades を導入するのは超ハイパーメディア難しいため、macOS 用の Pleiades All in One をリリースしました。Pleiades All in One は統合開発環境 Eclipse 本体と AOP で Java アプリケーションを日本語化する Pleiades および各言語向けの便利なプラグインのセットですが、今まで Windows 用しかありませんでした。

インストール

ダウンロード

http://mergedoc.osdn.jp/ > Pleiades All in One ダウンロードでバージョン選択 > Mac 64bit から dmg ファイルをダウンロードします。4.6 Neon 以降で Mac に対応しています。
eaio-download.png

インストール

特にインストーラはありませんが、ダウンロードした dmg ファイルを開いてドラッグ&ドロップするだけで完了です。Full Edition の場合は Windows 版と同じく Java のインストールや環境変数の設定は不要で、すぐに利用できます。
paio-dmg.png

起動

初回起動時に「開発元が未確認のため開けません」と警告が表示される場合は、右クリックで開くと以下のようなダイアログが表示されるため、「開く」をクリックしてください。2回目以降、この警告は表示されません。
paio-open.png

一度も起動しないで eclipse.ini など app 内に含まれるファイルを変更した後に起動すると「壊れているため開けません。"ゴミ箱"に入れる必要があります。」と警告が表示され、開くボタンが押せない場合があります。これはアプリケーションが署名された後に改竄されていると Gatekeeper が判断した場合に発生します。自分で変更した場合など、信頼できる場合は、次のコマンドで拡張属性を削除した後に起動してください。

xattr -rc /Applications/Eclipse_(バージョン).app

Mac 版の内容

ディレクトリ構造

Eclipse_x.x.x.app を右クリックして「パッケージの内容を表示」することで内容を確認することができます。基本的には Windows 版と同じです。

  • .metadata.default にはワークスペース作成時のデフォルト設定が格納されています。
  • Java 版 Full Edition に含まれている Java や Tomcat の各バージョンは Eclipse 起動時に "インストール済みの JRE" などの設定に絶対パスで設定されます。
  • workspace のデフォルトは app 内です。別の場所を使用する場合は、初回起動時のダイアログで指定するか、ファイル > ワークスペースの切り替えから変更してください。
  • eclipse -clean.command は Finder からダブルクリックで -clean 起動するもので、ターミナルから -clean で起動するのと同じです。

Eclipse 実行用 Java

Full Edition では Windows 版の場合、jre ディレクトリが Eclipse 実行用の Java として自動認識されますが、Mac では認識されないため、eclipse.ini で -vm 指定しています。

インストール済みの JRE 設定

Java 版 Full Edition の Java 6、7、8 ライブラリ設定は、環境依存性を排除するため、下記の外部拡張ディレクトリが除外されています。内部の Home/jre/lib/ext は含まれています。

  • /Users/<ユーザー>/Library/Java/Extensions
  • /usr/lib/java
  • /Network/Library/Java/Extensions
  • /Library/Java/Extensions
  • /System/Library/Java/Extensions

Mac Java 6 で /System/Library/Java/Extensions に含まれていた Java3D 関連のライブラリは Pleiades All in One 付属の Java では java/6/Home/jre/lib/ext に配置されているため、そのまま利用可能です。なお、Java 8u40 からは拡張機能機構は非推奨となり、9EA では java.ext.dirs オプションは使用できないため、classpath を使用する必要があります。

各言語の実行環境

各言語に対応する Eclipse プラグインは含まれていますが、今のところ、Windows 版の C/C++、PHP、Python 版に含まれている MinGW、Python 処理系、XAMPP (PHP) に相当するものは含まれていません。(Mac には一応デフォルトで Apache や Python、PHP などが含まれています。)

プラグイン

含まれている Eclipse プラグインは Windows 版と同じですが、一部見た目などが異なる場合があります。以下は Eclipse のパッケージ・エクスプローラーなどでフォルダーを右クリックした場合に表示される Open External プラグインのメニューです。

open_external.png

手動で Pleiades を適用するには

Mac にすでにインストール済みの Eclipse や Eclipse 4.5 以前のバージョンに Pleiades を適用する場合は、他の方が書かれている、以下の Qiita 記事などを参照してください。

Comments Loading...