Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

もう諦めない圏論基礎―高次元圏と変換手―

想定読者と到達目標

モナド単位圏から圏の圏へのラックス 2-関手
であることをもう少しだけ深く理解したい人へ。

ストライプ・ダイアグラムで定義を見ていく。

ただ単にモナドを理解したいだけなのに、
どこか遠くへ来てしまった感はあるけれど1
絵を眺めるだけでどこか楽しいかもしれない。

目次

高次元圏

が対象と射で構成されるのに対して、
厳密 2-圏は対象と 1-射、2-射で構成される。

同様に、厳密 $n$-圏は
対象と 1-射、2-射、$\ldots$、$n$-射で構成される。

$n$ は圏の次元で、通常の圏は厳密 1-圏と言える。

変換手

通常の圏における関手、自然変換を
厳密 1-圏での 1-関手、1-自然変換と呼ぼう。

厳密 2-圏では 2-関手、2-自然変換、2-変更2
厳密 3-圏では 3-関手、3-自然変換、3-変更、3-摂動3
と次元 $n$ の増加と共に変換の種類が増える。

厳密 $n$-圏では $(n+1)$ 種類の変換が存在する。

$k=0$ $k=1$ $k=2$ $k=3$
$n=1$ 1-関手 1-自然変換
$n=2$ 2-関手 2-自然変換 2-変更
$n=3$ 3-関手 3-自然変換 3-変更 3-摂動

$(n+1)$ 種類の変換に $k=0$ から $k=n$ と
番号付けをして $k$-変換手と呼ぶらしい4

$k=0$ $k=1$ $k=2$ $k=3$
$n=1$ 1-0-変換手 1-1-変換手
$n=2$ 2-0-変換手 2-1-変換手 2-2-変換手
$n=3$ 3-0-変換手 3-1-変換手 3-2-変換手 3-3-変換手

0-変換手 $=$ 関手
1-変換手 $=$ 自然変換
2-変換手 $=$ 変更
3-変換手 $=$ 摂動
のようにいつでも置換可能とする。

高次元圏の圏

圏の圏 $\mathbf{Cat}$ を考えると、
構成要素は圏と関手と自然変換である。

何を対象とし、何を射とするかに応じて
次のように色んな組み合わせで $n$-圏になる。

関手 自然変換
圏の圏 対象
関手の圏 対象
圏の 2-圏 対象 1-射 2-射

同様に、厳密 2-圏の圏 $2\mathbf{Cat}$ を考えると、
構成要素は 2-圏と 2-関手と 2-自然変換と 2-変更である。

何を対象とし、何を射とするかに応じて
次のように色んな組み合わせで $n$-圏になる。

2-圏 2-関手 2-自然変換 2-変更
2-圏の圏 対象
2-自然変換の圏 対象
2-関手の 2-圏 対象 1-射 2-射
2-圏の 3-圏 対象 1-射 2-射 3-射

2-関手を対象とする場合には
2-自然変換を射としても圏にはならず、
2-ICON5 と呼ばれる変換を射とすると圏になる。

2-圏 2-関手 2-ICON
2-関手の圏 対象
2-圏の 2-圏 対象 1-射 2-射

以下では厳密 2-圏の場合に焦点を当て、
$2$-$k$-変換手(すなわち 2-関手、2-自然変換、2-変更)
ストライプ・ダイアグラムで描いてみよう。

ストライプ・ダイアグラム

2-圏 $\boldsymbol{\mathcal{C}}$ の対象 $a,b$ および
1-射 $f,f' \colon a \longrightarrow b$ と 2-射 $\theta \colon f \Longrightarrow f'$
ストリング・ダイアグラムで描くと次のようになる。
Stp-8.png

ラックス 2-関手 $(\mathcal{F},\mu,\eta)$ は $\mathcal{F}$ によって
2-圏 $\boldsymbol{\mathcal{C}}$ の対象および 1-射と 2-射を
2-圏 $\boldsymbol{\mathcal{D}}$ の対象 $\mathcal{F}\ a,\mathcal{F}\ b$ および
1-射 $\mathcal{F}\ f,\mathcal{F}\ f' \colon \mathcal{F}\ a \longrightarrow \mathcal{F}\ b$ と
2-射 $\mathcal{F}\ \theta \colon \mathcal{F}\ f \Longrightarrow \mathcal{F}\ f'$ に対応させる。
Stp-11.png

ラックス 2-関手の $\mathcal{F}$ を次のように描く。
Stp-9-10.gif
対象も 1-射も 2-射も全部対応させるので
$\mathcal{F}$ を上からかぶせるイメージだ。

ストリングが幅を持ったストライプになるので
ストライプ・ダイアグラムと呼ぶらしい6

ラックス 2-関手

ラックス 2-関手 $(\mathcal{F},\mu,\eta)$ は
自然変換 $\mu \colon {\mathcal{F}\ -} \cdot {\mathcal{F}\ -} \Longrightarrow \mathcal{F}\ (- \cdot -)$ すなわち
2-射の族 $\mu_{(f,g)} \colon {\mathcal{F}\ f} \cdot {\mathcal{F}\ g} \Longrightarrow \mathcal{F}\ (f \cdot g)$
Stp-13.png
と 2-射 $\eta \colon \mathrm{id}_{\mathcal{F}\ a} \Longrightarrow \mathcal{F}\ \mathrm{id}_{a}$
Stp-15.png
により定まる。
ストライプ・ダイアグラムで描くと以下となる。

ラックス 2-関手の自然変換 $\mu$ を次のように描く。
Stp-12.png

ラックス 2-関手の 2-射 $\eta$ を次のように描く。
Stp-14.png

自然性

自然変換 $\mu$ に関して、自然変換の定義より
$\mu_{(f,g)} \ggg \mathcal{F}\ (\theta \cdot \sigma) = \mathcal{F}\ \theta \cdot \mathcal{F}\ \sigma \ggg \mu_{(f',g')}$
が成り立ち、ダイアグラム計算では次の変形を行って良い。
Stp-20-21.gif


次の2つの条件を満たすとき、
組 $(\mathcal{F},\mu,\eta)$ はラックス 2-関手である。

条件 1

Stp-16.png $=$ Stp-17.png

モナドの結合律のストリング・ダイアグラムとよく似ている。

条件 2

Stp-18.png $=$ Stp-19.png $=$ Stp-22.png

モナドの単位律のストリング・ダイアグラムとよく似ている。

恒等 2-関手

2-関手 $\mathrm{id}_{\mathcal{C}} \colon \boldsymbol{\mathcal{C}} \longrightarrow \boldsymbol{\mathcal{C}}$ を考える。

対象および 1-射と 2-射の対応を
$\mathrm{id}_{\mathcal{C}}\ - = -$ とする。

自然変換 $\mu$ を 2-射の族により
$\mu_{(f,g)} = \mathrm{id}_{f \cdot g}$ と定義し、
2-射を $\eta = \mathrm{id}_{\mathrm{id}_{a}}$ と定義すれば、
組 $(\mathrm{id}_{\mathcal{C}},\mu,\eta)$ は恒等 2-関手である。

ラックス 2-関手の合成

ラックス 2-関手 $(\mathcal{F},\color{red}{\mu},\color{red}{\eta})$ と
ラックス 2-関手 $(\mathcal{G},\color{blue}{\mu},\color{blue}{\eta})$ の合成
ラックス 2-関手 $(\mathcal{F} \cdot \mathcal{G},\mu,\eta)$ を考える。

対象および 1-射と 2-射の対応を
$(\mathcal{F} \cdot \mathcal{G})\ - = \mathcal{G}\ (\mathcal{F}\ -)$ とする。

$\mu$ を 2-射の族により
$\mu_{(f,g)} = \color{blue}{\mu}_{(\mathcal{F}\ f, \mathcal{F}\ g)} \ggg \mathcal{G}\ \color{red}{\mu}_{(f,g)}$
Stp-1-2.gif
と定義し、2-射を $\eta = \color{blue}{\eta} \ggg \mathcal{G}\ \color{red}{\eta}$
Stp-32-33.gif
と定義する。


次の変形により $\mu$ の自然性が分かる。
Stp-29-31.gif

次の変形により条件 1が成り立つことが分かる。
Stp-1-5.gif

次の変形により条件 2が成り立つことが分かる。
Stp-1-8.gif

ラックス 2-自然変換

ラックス 2-自然変換 $\vartheta \colon \mathcal{F} \Longrightarrow \mathcal{G}$ は
1-射の族 $\vartheta_{a} \colon \mathcal{F}\ a \longrightarrow \mathcal{G}\ a$
Stp-29.png
と自然変換 $\vartheta \colon \vartheta_{a} \cdot {\mathcal{G}\ -} \Longrightarrow {\mathcal{F}\ -} \cdot \vartheta_{b}$ すなわち
2-射の族 $\vartheta_{f} \colon \vartheta_{a} \cdot {\mathcal{G}\ f} \Longrightarrow {\mathcal{F}\ f} \cdot \vartheta_{b}$
Stp-24.png
により定まる。
ストライプ・ダイアグラムで描くと以下となる。

ラックス 2-自然変換の 1-射の族 $\vartheta_{a}$ を次のように描く。
Stp-30.png

ラックス 2-自然変換の自然変換 $\vartheta$ を次のように描く。
Stp-23.png

自然性

自然変換 $\vartheta$ に関して、自然変換の定義より
$\vartheta_{f} \ggg \mathcal{F}\ \theta \cdot \vartheta_{b} = \vartheta_{a} \cdot \mathcal{G}\ \theta \ggg \vartheta_{f'}$
が成り立ち、ダイアグラム計算では次の変形を行って良い。
Stp-31-32.gif


次の2つの条件を満たすとき、
$\vartheta$ はラックス 2-自然変換である。

条件 1

Stp-47.png $=$ Stp-48.png

条件 2

Stp-27.png $=$ Stp-28.png

恒等 2-自然変換

2-自然変換 $\mathrm{id}_{\mathcal{F}} \colon \mathcal{F} \Longrightarrow \mathcal{F}$ を考える。

1-射の族 $(\mathrm{id}_{\mathcal{F}})_{a} = \mathrm{id}_{\mathcal{F}\ a}$ と定義し、
2-射の族 $(\mathrm{id}_{\mathcal{F}})_{f} = \mathrm{id}_{\mathcal{F}\ f}$ と定義すれば、
$\mathrm{id}_{\mathcal{F}}$ は恒等 2-自然変換である。

ラックス 2-自然変換の合成

ラックス 2-自然変換 $\vartheta \colon \mathcal{F} \Longrightarrow \mathcal{G}$ と
ラックス 2-自然変換 $\varsigma \colon \mathcal{G} \Longrightarrow \mathcal{H}$ の合成
ラックス 2-自然変換 $\vartheta \cdot \varsigma \colon \mathcal{F} \Longrightarrow \mathcal{H}$ を考える。

1-射の族 $(\vartheta \cdot \varsigma)_{a} = \vartheta_{a} \cdot \varsigma_{a}$ と定義し、
2-射の族 $(\vartheta \cdot \varsigma)_{f} = \vartheta_{a} \cdot \varsigma_{f} \ggg \vartheta_{f} \cdot \varsigma_{b}$ と定義する。
Stp-29-30.gif


次の変形により $\vartheta \cdot \varsigma$ の自然性が分かる。
Stp-42-44.gif

次の変形により条件 1が成り立つことが分かる。
Stp-59-62.gif

次の変形により条件 2が成り立つことが分かる。
Stp-63-65.gif

反ラックス 2-自然変換

反ラックス 2-自然変換 $\vartheta \colon \mathcal{F} \Longrightarrow \mathcal{G}$ は
1-射の族 $\vartheta_{a} \colon \mathcal{F}\ a \longrightarrow \mathcal{G}\ a$ と
自然変換 $\vartheta \colon {\mathcal{F}\ -} \cdot \vartheta_{b} \Longrightarrow \vartheta_{a} \cdot {\mathcal{G}\ -}$ すなわち
2-射の族 $\vartheta_{f} \colon {\mathcal{F}\ f} \cdot \vartheta_{b} \Longrightarrow \vartheta_{a} \cdot {\mathcal{G}\ f}$
Stp-1.png
により定まる。

ラックス 2-自然変換とは自然変換 $\vartheta$ の方向が
逆になっているため、反ラックスと呼ばれる。

2-ICON

反ラックス 2-自然変換
1-射の族 $\vartheta_{a} \colon \mathcal{F}\ a \longrightarrow \mathcal{G}\ a$ と
2-射の族 $\vartheta_{f} \colon {\mathcal{F}\ f} \cdot \vartheta_{b} \Longrightarrow \vartheta_{a} \cdot {\mathcal{G}\ f}$ により定まる。

1-射の族を恒等 1-射で
$\vartheta_{a} = \mathrm{id}_{\mathcal{F}\ a}$ と部分適用した変換を
2-ICON $\vartheta \colon \mathcal{F} \Longrightarrow \mathcal{G}$ と呼ぶ.

ラックス 2-関手による対象の対応が
$\mathcal{F}\ a = \mathcal{G}\ a$ となる。


2-ICON $\vartheta \colon \mathcal{F} \Longrightarrow \mathcal{G}$ は
自然変換 $\vartheta \colon \mathcal{F} \Longrightarrow \mathcal{G}$ すなわち
2-射の族 $\vartheta_{f} \colon {\mathcal{F}\ f} \Longrightarrow {\mathcal{G}\ f}$
Stp-47.png
により定まる。
ストライプ・ダイアグラムで描くと以下となる。

2-ICON の自然変換 $\vartheta$ を次のように描く。
Stp-48.png

自然性

自然変換 $\vartheta$ に関して、自然変換の定義より
$\mathcal{F}\ \theta \ggg \vartheta_{f'} = \vartheta_{f} \ggg \mathcal{G}\ \theta$
が成り立ち、ダイアグラム計算では次の変形を行って良い。
Stp-53-54.gif


次の2つの条件を満たすとき、
$\vartheta$ は 2-ICON である。

条件 1

Stp-43.png $=$ Stp-44.png

条件 2

Stp-41.png $=$ Stp-42.png

2-ICON の垂直合成

2-ICON $\vartheta \colon \mathcal{F} \Longrightarrow \mathcal{G}$ と
2-ICON $\varsigma \colon \mathcal{G} \Longrightarrow \mathcal{H}$ の垂直合成
2-ICON $\vartheta \ggg \varsigma \colon \mathcal{F} \Longrightarrow \mathcal{H}$ を考える。

2-射の族 $(\vartheta \ggg \varsigma)_{f} = \vartheta_{f} \ggg \varsigma_{f}$ と定義する。
Stp-59-60.gif


次の変形により $\vartheta \ggg \varsigma$ の自然性が分かる。
Stp-72-74.gif

次の変形により条件 1が成り立つことが分かる。
Stp-60-62.gif

次の変形により条件 2が成り立つことが分かる。
Stp-57-59.gif

2-変更

2-変更 $\varPsi \colon \vartheta \equiv\!\Rrightarrow \varsigma$ は
2-射の族 $\varPsi_{a} \colon \vartheta_{a} \Longrightarrow \varsigma_{a}$
Stp-33.png
により定まる。
ストライプ・ダイアグラムで描くと以下となる。

2-変更の 2-射の族 $\varPsi_{a}$ を次のように描く。
Stp-34.png


次の1つの条件を満たすとき、
$\varPsi$ は 2-変更である。

条件 1

Stp-33.png $=$ Stp-34.png

恒等 2-変更

2-変更 $\mathrm{id}_{\vartheta} \colon \vartheta \equiv\!\Rrightarrow \vartheta$ を考える。

2-射の族 $(\mathrm{id}_{\vartheta})_{a} = \mathrm{id}_{\vartheta_{a}}$ と定義すれば、
$\mathrm{id}_{\vartheta}$ は恒等 2-変更である。

2-変更の垂直合成

2-変更 $\varPsi \colon \vartheta \equiv\!\Rrightarrow \varsigma$ と
2-変更 $\varPhi \colon \varsigma\equiv\!\Rrightarrow \varrho$ の垂直合成
2-変更 $\varPsi \ggg \varPhi \colon \vartheta \equiv\!\Rrightarrow \varrho$ を考える。

2-射の族 $(\varPsi \ggg \varPhi)_{a} = \varPsi_{a} \ggg \varPhi_{a}$ と定義する。
Stp-43-44.gif


次の変形により条件 1が成り立つことが分かる。
Stp-34-36.gif

2-変更の水平合成

2-変更 $\varPsi \colon \vartheta \equiv\!\Rrightarrow \vartheta'$ と
2-変更 $\varPhi \colon \varsigma \equiv\!\Rrightarrow \varsigma'$ の水平合成
2-変更 $\varPsi \cdot \varPhi \colon \vartheta \cdot \varsigma \equiv\!\Rrightarrow \vartheta' \cdot \varsigma'$ を考える。

2-射の族 $(\varPsi \cdot \varPhi)_{a} = \varPsi_{a} \cdot \varPhi_{a}$ と定義する。
Stp-45-46.gif


次の変形により条件 1が成り立つことが分かる。
Stp-37-39.gif

厳密 2-圏の圏

厳密 2-圏の圏 $2\mathbf{Cat}$ は
厳密 2-圏を対象とし、
ラックス 2-関手を射とする。

ラックス 2-自然変換の圏

ラックス 2-自然変換の圏 $\mathcal{D}^\mathcal{C}(\mathcal{F},\mathcal{G})$ は
ラックス 2-自然変換を対象とし、
2-変更を射とする。

ラックス 2-関手の厳密 2-圏

ラックス 2-関手の厳密 2-圏 $\mathcal{D}^\mathcal{C}$ は
ラックス 2-関手を対象とし、
各対象 $\mathcal{F}, \mathcal{G} \in \mathrm{Obj}(\mathcal{D}^\mathcal{C})$ に対して圏 $\mathcal{D}^\mathcal{C}(\mathcal{F},\mathcal{G})$ が存在し、
対象 $\vartheta,\varsigma \in \mathrm{Obj}(\mathcal{D}^\mathcal{C}(\mathcal{F},\mathcal{G}))$ を 1-射 $\vartheta,\varsigma \colon \mathcal{F} \longrightarrow \mathcal{G}$ と呼び
射 $\varPsi \in \mathrm{Mor}(\mathcal{D}^\mathcal{C}(\mathcal{F},\mathcal{G}))$ を 2-射 $\varPsi \colon \vartheta \Longrightarrow \varsigma$ と呼ぶ。

また、双関手 $-\cdot- \colon \mathcal{D}^\mathcal{C}(\mathcal{F},\mathcal{G}) \times \mathcal{D}^\mathcal{C}(\mathcal{G},\mathcal{H}) \longrightarrow \mathcal{D}^\mathcal{C}(\mathcal{F},\mathcal{H})$ と
恒等 1-射 $\mathrm{id}_{\mathcal{F}} \in \mathrm{Obj}(\mathcal{D}^\mathcal{C}(\mathcal{F},\mathcal{F}))$ が存在する。

$-\cdot-$ が関手であることを確認できる。
  1. (恒等射の保存)
    $(\mathrm{id}_{\vartheta} \cdot \mathrm{id}_{\varsigma})_{a} = (\mathrm{id}_{\vartheta})_{a} \cdot (\mathrm{id}_{\varsigma})_{a} = \mathrm{id}_{\vartheta_{a}} \cdot \mathrm{id}_{\varsigma_{a}}$
    $= \mathrm{id}_{\vartheta_{a} \cdot \varsigma_{a}} = \mathrm{id}_{(\vartheta\ \cdot \varsigma)_{a}} = (\mathrm{id}_{\vartheta\ \cdot \varsigma})_{a}$
    すなわち $\mathrm{id}_{\vartheta} \cdot \mathrm{id}_{\varsigma} = \mathrm{id}_{\vartheta\ \cdot \varsigma}$ が成り立つ。

  2. (合成の保存)
    $((\varPsi \ggg \varPsi') \cdot (\varPhi \ggg \varPhi'))_{a} = (\varPsi \ggg \varPsi')_{a} \cdot (\varPhi \ggg \varPhi')_{a}$
    $= (\varPsi_{a} \ggg \varPsi'_{a}) \cdot (\varPhi_{a} \ggg \varPhi'_{a}) = \varPsi_{a} \cdot \varPhi_{a} \ggg \varPsi'_{a} \cdot \varPhi'_{a}$
    $= (\varPsi \cdot \varPhi)_{a} \ggg (\varPsi' \cdot \varPhi')_{a} = (\varPsi \cdot \varPhi \ggg \varPsi' \cdot \varPhi')_{a}$
    すなわち $(\varPsi \ggg \varPsi') \cdot (\varPhi \ggg \varPhi') = \varPsi \cdot \varPhi \ggg \varPsi' \cdot \varPhi'$ が成り立つ。


結合律と単位律が成り立つ。
  1. (結合律)
    $((\vartheta \cdot \varsigma) \cdot \varrho)_{a} = (\vartheta \cdot \varsigma)_{a} \cdot \varrho_{a} = (\vartheta_{a} \cdot \varsigma_{a}) \cdot \varrho_{a}$
    $= \vartheta_{a} \cdot (\varsigma_{a} \cdot \varrho_{a}) = \vartheta_{a} \cdot (\varsigma \cdot \varrho)_{a} = (\vartheta \cdot (\varsigma \cdot \varrho))_{a}$
    $((\varPsi \cdot \varPhi) \cdot \varGamma)_{a} = (\varPsi \cdot \varPhi)_{a} \cdot \varGamma_{a} = (\varPsi_{a} \cdot \varPhi_{a}) \cdot \varGamma_{a}$
    $= \varPsi_{a} \cdot (\varPhi_{a} \cdot \varGamma_{a}) = \varPsi_{a} \cdot (\varPhi \cdot \varGamma)_{a} = (\varPsi \cdot (\varPhi \cdot \varGamma))_{a}$

  2. (単位律)
    $(\mathrm{id}_{\mathcal{F}} \cdot \vartheta)_{a} = (\mathrm{id}_{\mathcal{F}})_{a} \cdot \vartheta_{a} = \mathrm{id}_{\mathcal{F\ a}} \cdot \vartheta_{a} = \vartheta_{a}$
    $(\vartheta \cdot \mathrm{id}_{\mathcal{G}})_{a} = \vartheta_{a} \cdot (\mathrm{id}_{\mathcal{G}})_{a} = \vartheta_{a} \cdot \mathrm{id}_{\mathcal{G\ a}} = \vartheta_{a}$
    $(\mathrm{id}_{\mathrm{id}_{\mathcal{F}}} \cdot \varPsi)_{a} = (\mathrm{id}_{\mathrm{id}_{\mathcal{F}}})_{a} \cdot \varPsi_{a} = \mathrm{id}_{(\mathrm{id}_{\mathcal{F}})_{a}} \cdot \varPsi_{a} = \mathrm{id}_{\mathrm{id}_{\mathcal{F}\ a}} \cdot \varPsi_{a} = \varPsi_{a}$
    $(\varPsi \cdot \mathrm{id}_{\mathrm{id}_{\mathcal{G}}})_{a} = \varPsi_{a} \cdot (\mathrm{id}_{\mathrm{id}_{\mathcal{G}}})_{a} = \varPsi_{a} \cdot \mathrm{id}_{(\mathrm{id}_{\mathcal{G}})_{a}} = \varPsi_{a} \cdot \mathrm{id}_{\mathrm{id}_{\mathcal{G}\ a}} = \varPsi_{a}$


ラックス 2-関手の圏

ラックス 2-関手の圏 $\mathbf{ICON}(\boldsymbol{\mathcal{C}},\boldsymbol{\mathcal{D}})$ は
ラックス 2-関手を対象とし、
2-ICON を射とする。

まとめ

2-圏の変換手を全て把握したことで、
ラックス 2-関手に親しめた気がする。

モノイド圏は対象が1つな 2-圏なので
同様にストライプ・ダイアグラムで描ける。

モノイド関手とはラックス 2-関手
モノイド自然変換とは 2-ICON である7


  1. この記事で直接的に Haskell は登場しないが、圏論を通して間接的に Haskell っぽいと考える(シリーズものは何となくタグを揃えたいので)。 

  2. modification 

  3. perturbation 

  4. 檜山正幸のキマイラ飼育記 (はてなBlog)「変換手〈transfor〉は要らないだろう」(2019-08-20) 

  5. Identity Component Oplax Natural-transformation 

  6. 檜山正幸のキマイラ飼育記 (はてなBlog)「モノイド関手/ラックス・モノイド関手とその実例」(2016-03-23) 

  7. nLab「lax natural transformation」 

norkron
記事に対して疑問や不明があればコメントやツイッターへお気軽にどうぞ。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away