Edited at

英語(3) 仮説・検証(88)用語の衝突(用語・用例募集中)


背景

まぎらわしい、間違えやすい、行き違いの多い略号worst 10(候補24)

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/0bff5dbb72208053489b

上記記事では、IT業界に限定せず、ソフトウェア作成時の対象分野での用語も考慮しています。

上記記事を書いた背景は、岐阜大学の特別講義の教材で、R(ed)とR(ight)の2つの単語をRで略したものを発行していたことに起因します。発行前に気がつけばよかったのですが、発行後の授業前に気がつき、略号一覧など補足資料を作成しました。

今回新たにこの記事を書き始めた理由は、Qiitaの記事に、mosquittoという単語があった。通信分野だとMosquitoNetというものあります。

http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.187.7585&rep=rep1&type=pdf

http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.30.9811&rep=rep1&type=pdf

自分の中で、mosquitoという単語で、あれ?っと思ったのがきっかけです。

頭の切り替えができなかった。これも記録しなくては。

変数名、定数名、関数名を決める時、自分ではわかりやすくしたつもりが、

他の人には誤解を与える用語だということに気がつかないかもしれません。

プログラム中に変数名、定数名、関数名を略号などで記載したら、full spellまたは定義している場所のURLを注釈(comment)するといいかもしれません。

この記事は、なるべくIT関連業界に限定して、略号だけでなく、mosquitoのような名詞を固有名詞として再利用している場合も含めたいと思います。元の記事でも、a, is, it, asなどの英単語として使っている綴りもありました。


目的

略号にはfull spellをつけましょう。

あるいは、full spellまたは用語の定義の記載があるURLを参考資料に記述しよう。

その際の、参考になる資料をまとめておきたい。

最終的には、各用語に、一次情報の情報源のURLを記録していきたい。

ソースコードでも、仕様でも、制約でも、議事録でも、Wikiでも、Qiitaでも。

略号っぽい単語を、略号ではないと主張される団体もあります。

英語の辞書に名詞として登録がない用語は、なんらかの略号または記号であり、その意味をなす文章を付記しないとわかりにくい。full spellであるかどうかは利用者にとってはどっちでもいい。意味または何を代表するかを知りたい。

何が正しいかではなく、どうすると間違えにくいか。誤解したり、取り違えたり、意味が通じなかったりすることを少なくするための努力。

Read Only memoryであるROMに書き込めたりしても歴史的な意義がわかっていればよい。現在の意味と、もともとの意味が違っても、歴史的経緯として記録すればよい。

今回は、Qiitaのタグで、頻度の多いものも調べています。コマンド名、拡張子名も順次追記中です。


予定

大文字小文字関係は、固有名詞は合わせる予定です。それ以外の用語は、未整理です。

たぶん以下の方針で順次データを整理する予定です。


  • 固有名詞:その固有名詞を定義しているURLを付記する。

  • 略号:その略号を定義している規格、仕様、文書等が存在すればそのURLを付記する。

  • コマンド:そのコマンドを主として使っているシステムでの大文字または小文字表現

  • 拡張子:その拡張子を主として使っているシステムでの大文字または小文字表現

  • Qiitaタグ:大文字小文字関係の規則性をよく知らない。例えば、Wi-Fiが正規化されていない。

用語が100個になったらアルファベット順に並べる予定でしたが、誤植があり、100語になるまえに変更しました。また、みだしの用語は大文字に統一しました。

中の用例は、まだ大文字、小文字関係の調査が未着手で、最初にみつけたままの状態になっています。順次、調べて上のデータ整理の方針に沿って修正する予定です。


事例

@developer-kikikaikaiさんのコメントで、


とある現場でAction ItemをAIと訳すところがありました


2-3日経った後、自分もAction ItemをAIと略す組織と2年ほど前仕事をしていたことを思い出しました。会議の最後に、AIはとか言われたり、会議の最初にAIはという話がでる。

その時は、文脈(context)で課題の話をしていると理解したため、かってに頭の中で課題と翻訳して聞いていたようです。コメントいただいた時、最初はピンと来ていませんでした。

ふっと、思い出し、ああ、ちゃんと記録しておかないともったいないなと思いました。

顧客関係は連鎖しています。ある地方、ある業界だけの固有な言い回しが、いつの間にか、となりの地方、となりの業界に伝搬していることもあります。

思い出したら吉日主義。どんな用語でも、お気軽に、コメントいただけると幸いです。


並べ直し

100語になったら並べなおす予定でした。

20190527 @matamatakさんから用語の重複のご指摘をいただきました。

再発防止のため、20190528に並べ直し。

20190528朝の版はこちら

https://researchmap.jp/kaizen/研究日誌/

「まぎらわしい、間違えやすい、行き違いの多い略号worst 10(候補24)」

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/0bff5dbb72208053489b

に掲載していた用例の一部しかここには持ってきていません。他の語との関係で関連がありそうな用例は順次こちらにも持ってくる予定です。

項目は@_mrhcさんの記法にならって* 表記にしました。並べる順番は、機会を見計らって、twitterかどこかで、広告を兼ねて投票調査を予定。現在の並び順はアルファベット順にもなっておらず意味はありません。


用語・用例


A


  • a(英単語)

  • ampere(電流)

  • A(16進数:10進数の10)

  • arコマンド:ライブラリのファイルの拡張子 .a


AI


  • artificial intelligence

  • Action Item

  • analog input

  • autopsy imaging

  • agricultural informatics

  • Adobe Illustrator拡張子.ai。


AM


  • assets management

  • amplitude modulation

  • ante meridiem(午前)


API


  • Application Program Interface

  • Announcement in the public interest


APT


  • Advanced Packaging Tool

  • Advanced Passenger Train

  • advanced persistent threat

  • Automatically Programmed Tool

  • Automatic Picture Transmission


AR


  • Augmented Reality(拡張現実感)

  • Active Record(データベースの世界のデザインパターン)

  • archive tool(unixコマンド)


AS


  • Autonomous System(自律系:通信)

  • ActionScript:ファイル拡張子 .as

  • AppleScript

  • Abstract Syntax(抽象構文)

  • assembler(組立語)

  • as言語(川崎重工:ロボット)

  • as(英単語)

  • Advanced Stage


ATM


  • Automatic Teller Machine

  • Asynchronous Transfer Mode

  • Adobe Type Manager

  • Alternating Turing Machine


AWS


  • Amazon Web Services

  • Automatic Warning System

  • Advanced Wireless Services

  • Autonomous Web Services

  • Automatic Weather Station

  • Aegis Weapon System


B


  • Blue(青)RGB

  • B(16進数:10進数の11)


BG


  • 802.11bg(IEEE, b,g順次番号)

  • background(背景)

  • background(bgコマンド)

  • Bus grant


C


  • C言語:ファイルの拡張子.c

  • C(16進数:10進数の12)

  • constant(定数)

  • complex number(複素数)

  • combination(組合せ)

  • cyan(青緑色)


CC


  • C compiler(CCコマンド)

  • C plus plus(拡張子.cc)

  • Common Criteria

  • Carbon copy

  • Cyclomatic complexity


CD


  • Carrier Detect(搬送波検知)

  • Collision Detection(衝突検知)

  • Committee Draft(委員会案)

  • Check digit

  • Compact disc

  • Change Directory

  • Current Directory


CG


  • Computer Graphics(コンピューターグラフィクス)

  • Character Generator(画面上に文字を表示するためのデバイス;ビットマップディスプレイ以前の話)

  • C for Graphics(Nvidia language, April 2012)

  • Computational Geometry (計算幾何学)


CP


  • copy(cp コマンド)

  • Certificate policy

  • Code page

  • Constraint programming


CPP

C Preprocessor

C Plus Plus(C++拡張子.cpp)

C++ PreProcessor


CS


  • Computer Science

  • Customer Satisfaction

  • code segment

  • Chip select


CSS


  • Core System Software

  • Cross Site Scripting

  • Cascading Style Sheets

  • Content Scramble System

  • Contact Start Stop


CSV


  • Comma Separated Values

  • Computerized System Validation


CTF


  • Computer to film

  • Cut-through switching

  • Collaborative Translation Framework

  • Capture The Flag


D


  • D(16進数:10進数の13)

  • D言語:ファイル拡張子 .d

  • Day(日)

  • Digital(離散)

  • diameter(直径)

  • difference(差)

  • dimension(次元)

  • degree(次数)


DB


  • decibel

  • Data Base:ファイル拡張子 .db


DCM


  • Data Communication Module

  • Diagnostic Communication Manager

  • Dynamic causal modelling

  • Digital clock manager


DDD


  • Defunct Disk Drive

  • Domain Driven Design

  • Data Display Debugger

  • Dual Dynamic Drive


DF


  • disk free(dfコマンド)

  • Degrees of freedom

  • Direction flag


DNS


  • Domain Name System

  • Domain Name Server

  • Direct Numerical Simulation


E


  • exponential function(自然対数の底)

  • E (16進数:10進数の14)

  • East(東)

  • Error(誤)

  • exa(キロ、メガ、ギガ、テラ、ペタの次)

  • Earth(接地)

  • Eiffel言語:ファイル拡張子 .e


ECS


  • EC2 Container Service

  • Elitegroup Computer Systems

  • Entity_component_system


F


  • F (16進数:10進数の15)

  • False(偽)

  • Failure

  • Fault

  • Fortran言語のファイルの拡張子 .f


G


  • Giga(10の9乗)

  • Green(緑)

  • Ground(接地)


GAS


  • Google_Apps_Script

  • GNU Assembler

  • GetASFStream


GC


  • Garbage Collection

  • Guidance Computer

  • General Committee

  • General Counsel

  • GigaCycles (per per second)

  • Gas Chromatography

  • Guanylate Cyclase

  • Game Cube


GPU


  • Graphics Processing Unit

  • Ground power unit


IOS


  • iPhone OS

  • Internetwork Operating System

  • Input and Output system

  • Input/Output Supervisor


IP


  • Internet protocol

  • Instruction Pointer

  • information processing(情報処理)

  • Image Processing(画像処理)

  • intellectual property(知的財産)


IT


  • it(英単語)

  • Information technology(情報工学)

  • Integration Test(結合試験)


JS


LOG


  • log e(自然対数:natural logarithm)

  • log 10(常用対数:common logarithm)

  • log(記録)


LS


  • listing (lsコマンド)

  • Link-state routing protocol

  • Location Services

  • Least squares


M


  • minute(分)

  • mega: 1000

  • make

  • Month(月:年月日)

  • magenta(赤紫色)

  • Meiji(和暦)


MAC


MIPS


  • million instructions per second

  • Microprocessor without Interlocked Pipeline Stages

  • Multiband Imaging Photometer for Spitzer


ML


  • 関数型言語の一つ(命名の由来は Meta-Language)

  • Markup Language(マークアップ言語)

  • Mailing List(メーリングリスト)

  • Machine Learning(機械学習)


MS


  • memory service

  • Microsoft

  • Memory Stick

  • Mobile Station

  • millisecond


MV


  • move(mvコマンド)

  • movie(拡張子.mv)

  • Materialized view


N


  • nano(ミリ、マイクロの次)

  • no, not(否定) Y(yes)/N(no)

  • North(北)


NPM


  • Network performance managemen

  • Node Package Manager


O


  • output(出力)

  • octet(8進数)

  • origin(原点)

  • Objectファイル拡張子 .o


PC


  • Personal Computer

  • Programmable controller

  • Program counter


PDF


  • Portable Document Format

  • probability density function

  • Powder Diffraction File

  • pop directional formatting


PHP


  • PHP: Hypertext Preprocessor

  • Penultimate hop popping

  • Project Honey Pot


PM


  • project manager

  • Preventive maintenance

  • Performance management

  • post meridiem


PR


  • print(prコマンド)

  • public relations (広報)

  • pull request

  • public release (一般公開)


PS


  • PostScript(拡張子.ps)

  • process status(psコマンド)

  • Processing System

  • PowerShell

  • Photoshop

  • program stream


QA


R


  • RGB(三原色)のRed,

  • RL(左右)のRight

  • Radius(半径)

  • Revolution(回転数)

  • プログラミング言語R:ファイルの拡張子.r

  • Rez Source Code file :ファイル拡張子 .r

  • Right angle(直角)

  • Real number(実数, 複素数の実数部)

  • Registered trademark

  • Reiwa(令和:和暦)


RDS


  • Relational Database Service

  • Reliable Datagram Sockets

  • Remote Data Services

  • Remote Desktop Services

  • Random dot stereogram


RM


  • remove(rmコマンド)

  • Reset Mode

  • Resource Management

  • Reuters Messenger

  • RealMedia(拡張子.rm)

  • reference manual


ROS


  • Review of Systems

  • Robot Operating System


SG


  • system generator

  • signal generator


S


  • second(秒)

  • Shouwa(昭和:和暦)

  • South(南)

  • アセンブラファイル拡張子 .s


SPA


  • Single Page Application https://en.wikipedia.org/wiki/Single-page_application

  • Secure Password Authentication

  • Systems for Programming and Applications

  • software process assessment

  • Specialty store retailer of Private label Apparel(自家商標服飾製造販売専門店)


SPI


SPICE


  • Simulation Program with Integrated Circuit Emphasis

  • Simple Protocol for Independent Computing Environments

  • software process improvement Capability dEtermination


SS


  • system structure design

  • screen shot

  • screen saver

  • stack segment

  • Shell Script

  • system service


SSL


  • Secure Sockets Layer

  • Semi-supervised learning

  • Start-Stop Logic

  • Solid State Logic


T


  • True(真)

  • Time(時間)

  • Tera(10の12乗)

  • Taisho(大正:和暦)


TDD


  • Telecommunications device for the deaf

  • Time-division duplex

  • Test-driven development


TS


  • Technical Specification

  • TeamSpeak

  • Transport Stream

  • Train Simulator

  • tabu search

  • TypeScript


UI


  • User Interface

  • Universal Instantiation

  • UNIX International


V


  • variable(変数)

  • virtual(仮想)

  • version(版)

  • verilog Hardware Description Language:ファイルの拡張子.v

  • coqのファイルの拡張子 .v


VIM


  • Vi(visual) IMproved

  • Vendor Independent Messaging

  • Virtualized Infrastructure Manager


W


  • Wireless(無線)

  • Wide area(広域)

  • White(白)

  • width(幅)

  • Week(週)

  • West(西)


WIP


  • Work In Progress(仕掛品)

  • Work In Process

  • Wireless Internet Protocol

  • Windows Information Protection (窓情報保護)

  • Web Interoperability Pledge (Web相互運用性の誓い)

  • Women In Power (女性の社会的地位)


Y


  • Yellow(黄色)

  • Yes(肯定)

  • Year(年)

  • yacc(yet another compiler compiler)ソースファイル拡張子 .y


目標(goal)

全体で100-200くらいを目標にしています。

お気づきの用語がありましたら、コメントでお知らせくださると幸いです。

略号だけでなく、計算機関係の固有名詞、その他の計算機関係の技術用語なども含める予定です。


誤植(erratum)

普段、英語の文章を書くと、MS Wordに貼り付けたり、http://translate.google.com

で英日翻訳したりして、綴りの間違いを確認しています。

今回、記事を更新するにあたり、この作業を省略していて、綴りの誤りのご指摘をいただいています。

scriptで自動検査する方法を模索中です。誤植についても、ご意見、ご提案がありましたら、コメント欄にお願いいたします。


参照資料(reference)

おまえは今まで打ったコマンドの回数をおぼえているのか

https://qiita.com/ymkjp/items/2fc3ae74432234fa4850

で、出てきたコマンド、CC, LS, CP, MV, DF, RMを追記しました。

Qiitaの著名タグの優先順位付け

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/daef2d6bd8f02183b058

タグの1頁目から、CSS、AWSを追記。さらに順次追記中。

Cost Effective, price performance and cost performance

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/168da8320ec6f2392e1d

Specialty store retailer of Private label Apparel

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/b37ebbf468c6dbd5a667

The Web Interoperability Pledge

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/7bc1f853473dcd725c60

用語:時代とハードソフトの境界領域

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/36cc2f19a9746e76b33c


自己参照

プログラマが知っているとよい英単語の語源

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/9de6d47c47e2c211222b


文書履歴(document history)

ver. 0.01 48 初稿 20190525 夕

ver. 0.02 51 @scivola さんのコメントに基づいてAR, CG, ML追加 20190525 夜

ver. 0.03 52 @tsuyoshi_cho さんのコメントに基づいてSingle Page Application 追記 20190526 朝

ver. 0.04 Qiitaのタグを調べていることを追記 20190526 午前

ver. 0.04 56 CC, LS, CP, 20190526 午後

ver. 0.05 59 MV, DF, RM, 20190526 夕

ver. 0.06 TypeScript @jesus_isao さん のリクエストに基づいて追記 20190527 午前8時

ver. 0.07 61 QA, BG @developer-kikikaikaiさんのコメントに基づいて追加, Action Item 追記 20190527 午前9時

ver. 0.08 64 VIM, PHP, IOS追記 20190527 午前9時半

ver. 0.09 66 @nwtgck さんのコメントに基づいて MIPS, PC 追記 20190527 午前10時

ver. 0.10 @7of9 さんのコメントに基づいて Collision Detection追記。誤植等訂正。20190527 午前11時

ver. 0.11 @7of9 さんのコメントに基づいてProcessing System, intellectual property追記。 20190527 昼

ver. 0.12 69 API, NPM, SSL 追加 20190527 午後

ver. 0.13 @iamaimi さんのコメントに基づいて、Specialty store retailer of Private label Apparel追記 20190527 夕

ver. 0.14 70 @KEINOS さんのコメントに基づいて、WIP追加 20190527 夜

ver. 0.15 71 @_mrhc さんのコメントに基づいて、PR 追加 20190528 早朝

ver. 0.16 71 @matamatak さんからのコメントに基づいて、CS 追加、重複削除 20190528 朝

ver. 0.17 @7of9 さんのコメントに基づいてpublic release (一般公開), Computational Geometry (計算幾何学)追記させていただきました。20190528 午前9時

ver. 1.00 アルファベット順に並べ替え。表題に(用語・用例募集中)追記。項目は@_mrhcさんの記法にならう。20190528 午前10時

ver. 1.01 @liveasnotesさんのコメントに基づいて、GC 追加 20190528 午前11時

ver. 1.02 @7of9 さんのコメントに基づいて訂正 20190528 午後

ver. 1.03 72 @kagilinn さんのコメントに基づいて、CPP追加 20190528 夕

ver. 1.04 75 @kazuo_reve さんのコメントに基づいて、DCM, MS, PM追加, Advanced Stage, system service, reference manual追記 20190528 夜

ver. 1.05 標題追記 20190601

ver. 1.06 自己参照 20190725

このエントリーをはてなブックマークに追加 http://b.hatena.ne.jp/guide/bbutton