Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル資格試験に向けた知識の整理② フェデレーションとDDoS対策

概要

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル資格試験に向けた小ネタ集②。
今回は全然関連性がないですが、フェデレーションとDDoS対策に関する整理です。

IDプロバイダーとフェデレーション

  • ユーザーIDをAWSの外で管理している場合、AWSアカウントにIAMユーザーを作成する代わりに、IDプロバイダーとフェデレーションを使う
  • ウェブIDフェデレーションとSAML2.0ベースのフェデレーションの2パターンがある

ウェブIDフェデレーション

  • ウェブIDフェデレーション:モバイルデバイスでAWSの外の認証情報を使って認証しAWSサービスを使うタイプ image.png ※Amazon Cognitoの使用も推奨されている

SAML2.0ベースのフェデレーション

DDoS対策

DDoS対策(英語)
image.png

  • 基本的にはAWS Shield Standard/AWS Shied Advanced/AWS WAFの3対策
    • AWS Shield Standard:Route 53またはCloudFrontで使用する。無料。L3/L4の防御。
    • AWS Shield Advanced:Route 53、CloudFront、ELB、EC2、AWS Global Acceleratorで使用する。有料。L7、ネットワークACLを使った防御。
    • AWS WAF:CloudFront、ALB、APIGatewayで使用。有料。IPアドレス、HTTP、クエリ文字列でのアクセス制限に加え、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングにも有効。

その他参考

アソシエイト資格の勉強法は以下を参照

AWS初心者がAWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト資格試験に合格した時の勉強法

その他の小ネタは以下を参照

整理① プロレベルのTips
整理② フェデレーションとDDoS対策(本記事)
整理③ IAMポリシー
整理④ DR対策

fkooo
JavaでWebアプリケーションを作る仕事をしつつ、自分の整理/伝える力の向上を目指して投稿していきます(^^) 最近のテーマはいかに早く品質良く作るときのベストはなにか? 次のテーマを少しずつ投稿予定です。  AWS/Java/Python/Docker/Herokuなど なかなか一人では限界があるので同じテーマで勉強している人協力してやりませんか?気軽にフォロー/コメント下さい(^^)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした