Help us understand the problem. What is going on with this article?

【小ネタ】AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル資格試験に向けた知識の整理①

概要

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル資格試験に向けて勉強を始めたのでその小ネタ集です。

参考

アソシエイト資格の勉強法は以下を参照

AWS初心者がAWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト資格試験に合格した時の勉強法

SSM パラメータストア

  • CLI で putparameter/getparameter
  • AWS で 用意しているものもある

Amazon Macie

  • 機械学習によって AWS 内の機密データを自動的に検出、分類、保護するセキュリティサービスです。
  • Macie では、個人情報 (PII) や知的財産などの機密データが認識されます。
  • 日本のリージョンではまだ使えない

Athena

  • S3上のデータに標準SQL
  • スキャンしたデータに対する従量課金
  • クエリエンジンpresto
  • 結果をQuickSightなどのBIツールに渡す
  • Glue Data Catlogでメタデータを管理
  • kinesins data firehose で Parquet出力可

Glue

  • データソースのメタデータを管理するETLサービス
  • ワークフロー(クローラー、トリガー、ジョブ)
  • データソースからクローラーがメータデータを保存するデータカタログを作成
  • サーバーレスETLの規模順は、Lambda、Gule(PythonScript)、Gule(Spark)
  • 料金はETLジョブDPU単位、開発エンドポイント、データカタログ(ストレージ、リクエスト数)、クローラーDPU単位

QuickSight

  • クラウドBIツール
  • SPICE インメモリデータべース、分析データここに取り込む

CloudSearch

  • 検索エンジン
  • EC2(AutoScaling),DynamoDB,S3を利用した検索エンジン

ElastiSearch

  • Kibana利用
  • 高いカスタマイズ性
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away