Help us understand the problem. What is going on with this article?

さぁ、UnityのTilemapを始めよう! 2/8 ~とにかくまずは触ってみよう編~

More than 1 year has passed since last update.

さぁ、UnityのTilemapを始めよう!」シリーズ、全8回の内の第2回です。

この回では、「とにかくまずは触ってみよう編」と題して、公式プロジェクトを用いて実際にTilemapを使ってマップを作る手順を紹介します。各項目の細かい説明はのちのページで行います。まずは、Tilemapの使ってマップを作ってみましょう。

前回は、「第1回 概要編」です。

プロジェクトの準備

実際にTilemapを使って矩形画像を敷き詰めたマップを作ります。そのために、まずはプロジェクトを準備しましょう。

この記事では、Unity Technologies社の公式サンプル「2d-techdemos」を用います。

https://github.com/Unity-Technologies/2d-techdemos

2d-techdemos」は、GitHub上で公開されているUnity公式サンプルプロジェクトです。便利なTilemapの拡張アセットや、参考になるサンプル、そしてTilemapですぐに利用できる豊富な画像などがあります。GitHubからクローンしてきて、Unityで開いてみてください。

プロジェクトを開いたら、「Assets」の下に、「Playground」というディレクトリを作成してください。

Sprite の準備・設定

次にSpriteの準備・設定を行います。

Tilemapで用いるSpriteの設定をします。この章では、すでに設定済みの「Assets/Tilemap/Rule Tiles/Dungeon Tile/Sprites/dungeon.png」を用います。次のような画像です。

dungeon.png

自分で用意した画像を使う際には、次の章に書いたSpriteの設定を行ってください。

TilePalette の作成

次にTilePaletteを作成します。

メニューの「Window > Tile Palette」を選択すると、次の図のようなTilePaletteウィンドウが開きます。

tilepalette_0.png

図で赤く囲ったタブを押すと、次のような状態になります。

tilepalette_1.png

一番下の「Create New Palette」を選択すると、次のようなポップアップが表示されます。

tilepalette_2.png

Nameに「PlaygroundPalette」と入力して、「Create」ボタンを押してください。そうすると保存場所を指定するウィンドウが開くので、「Playground」を指定してください。

これで「Playground」ディレクトリに空の「PlaygroundPalette」というPalette作成されました。

もし、プロジェクト中にTilePaletteがひとつもない場合、TilePaletteウィンドウは次のような状態になっています。

tilepalette_3.png

図で囲んだ「Create New Palette」タブからPaletteを作成して下さい。

Tile アセットの作成

次にTileアセットの作成を行います。同時にTilePaletteへの登録も行われます。

ここでは、「Assets/Tilemap/Rule Tiles/Dungeon Tile/Sprites/dungeon.png」を参照するTileアセットを作成します。先ほど作成した「PlaygrounPalette」をTilePaletteウィンドウで開きます。

tilepalette_4.png

そして、Projectウィンドウ中の「Assets/Tilemap/Rule Tiles/Dungeon Tile/Sprites/dungeon.png」の各Spriteを複数選択します。

select_dungeon_sprite.png

その状態で、TilePaletteウィンドウの「Drag Tile, Sprite or Sprite Texture assets here.」と表示されている箇所に、Sprite群をドラッグアンドドロップします。そうすると保存場所を指定する画面が開くので「Playground」ディレクトリを指定し保存してください。次のようにTileアセット群が生成されます。

created_tiles.png

以上の操作で、ドラッグアンドドロップしたSprite群をそれぞれ参照するTileアセット群が生成されました。同時に生成されたTileアセット群が「PlaygroundPalette」に登録されました。

tilepalette_5.png

Tileアセットについては、後の章でまた説明します。

Tilemap 関連ゲームオブジェクトの作成

Tilemap関連のゲームオブジェクトを作成します。

まずはシーンを作りましょう。「Playground」下に、「FirstTilemap」というシーンを作成してください。そして、HierarchyウィンドウのCreateタブから、「2D Object > Tilemap」を選択すると、図のようにGridゲームオブジェクトとTilemapゲームオブジェクトという2つのゲームオブジェクトが生成されます。

tilemap_gameobjects.png

これでTilemap関連のゲームオブジェクトが作成できました。次はいよいよTilemapの描画を行います。

Tilemapの描画

Tilemapの描画を行います。

Unityエディタで、SceneウィンドウとTilePaletteウィンドウを開いてください。そして、TilePaletteウィンドウを次のような状態にしてください。

  • ウィンドウの最上部のアイコン群から「Paint Tool(ブラシアイコン)」を選択中
  • ウィンドウの上部、Active Tilemapが「Tilemap」になっている
  • ウィンドウの左下部のBrushが「Default Brush」になっている
  • 描画したいタイルを選択中

tilepalette_6.png

Sceneウィンドウ上の描画したい場所にカーソルを動かし、マウス/トラックパッドを左クリックします。これで図のように、TilePaletteウィンドウで選択中の Tile が、カーソルのあった場所に配置されます。

tilepalette_7.png

1個だけでなく次の図のようにブロック状に配置してみましょう。

tilepalette_8.png

選択中のタイルを回転させることもできます。シーンウィンドウ上で、「. (Win) / } (Mac) 」キーを押すとTileが時計回り90度回転します。他のTileに切り替えて、回転を使って、次のようなマップを作ってみてください。

tilepalette_9.png

このようにTilemapで小部屋のマップを作成できました。

駆け足ではありますが、Tilemapを使ってマップを作る方法を紹介しました。本シリーズの次のページからは各項目の詳しい解説を行います。

次回とシリーズ一覧

次回は、「第3回 Spriteの設定編」です。

RyotaMurohoshi
プログラミングが大好きで、 C#が大好きで、 .NETが大好きで、 LINQが大好きで、 JVM言語が大好きで、 ゲームで遊ぶことが大好きで、 ゲーム開発が大好きで、 頑張るのが大好きで、 Unityが大好きだったから...!
http://mrstar-memo.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした