Help us understand the problem. What is going on with this article?

さぁ、UnityのTilemapを始めよう! 3/8 ~Spriteの設定編~

More than 1 year has passed since last update.

さぁ、UnityのTilemapを始めよう!」 シリーズ、全8回の内の3回目です。

前回「第2回 とにかくまずは触ってみよう編」では、あらかじめ設定済みのSpriteを使ってTilemapを作成しました。自分のプロジェクトでTilemapを使うには、Spriteの設定を自分で行う必要があります。今回は「Spriteの設定編」と題して、Spriteの設定で重要な項目を説明します。

前回は、「第2回 とにかくまずは触ってみよう編」です。

Spriteとその設定の概要

まずはSpriteとその設定の概要を紹介します。

Tilemapでは、セルに直接Spriteを置くのではなく、Tileアセットを配置します。そして、TileアセットがSpriteを参照します。

Tilemapが適切に表示されるために、Spriteに対してもいくつか設定が必要です。適切に設定しないと、セルとセルの間に隙間ができたり、ノイズが発生したりしてしまいます。

Spriteの分割

まずはSpriteを分割します。

2d-techdemosの中にある「dungeon.png」ように、一枚の画像の中に複数のTile用のSpriteを含んでいる場合、適切に分割する必要があります。

dungeon.png

Spriteの分割は、SpriteEditorを使って行います。次の公式ドキュメントを参考に分割してください。

https://docs.unity3d.com/2017.4/Documentation/Manual/SpriteEditor.html

Pixels Per Unitの設定

次にPixels Per Unitの設定を行います。

Tilemap用のSpriteの設定の中で、大事な設定のひとつがPixels Per Unitです。Pixels Per Unitは、Spriteがシーンで描画される際の大きさを調整する値です。この値は、Unity上での長さ1に相当するピクセル数となります。もしPixels Per Unitを適切に設定しないでTilemapを作成すると、タイルとタイルの間に余分なスペースが空いてしまったり、タイルとタイルがオーバーラップしてしまったりします。

Pixels Per Unitは次図の赤枠で囲んだところから行います。

editor_pixels_per_unit.png

一辺16ピクセルのSpriteを使うのであればPixels Per Unitを16に、一辺32ピクセルのSpriteを使うのであればPixels Per Unitを32に設定してください。「dungeon.png」は一辺が64ピクセルの画像です。この中に、一辺16ピクセルのSpriteが15個含まれています。ひとつのセルに表示するSpriteは、一辺16ピクセルなので、Pixels Per Unitを16と設定してください。

SpriteAtlasの作成

次にSpriteAtlasの作成を行います。

2d-techdemosの中にある「dungeon.png」ような一枚の画像を複数のSpriteに分割し、これをTilemapに使ったとします。そうすると、Editorでの実行中やビルド成果物での実行中に、次の図のようにノイズが乗ってしまうことがあります。

noise_no_atlas.png

このノイズはSprite Atlasを作成すれば抑制することができます。実際に2d-techdemosではSpriteに対してSprite Atlasが作られています。次のリンクを参考にSprite Atlasを作成してみてください。

https://docs.unity3d.com/Manual/SpriteAtlas.html

次回とシリーズ一覧

次回は、「第4回 Tile について編」です。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away