Help us understand the problem. What is going on with this article?

さぁ、UnityのTilemapを始めよう! 8/8 ~関連リンクとまとめ編~

More than 1 year has passed since last update.

さぁ、UnityのTilemapを始めよう!」シリーズ、全8回の内の第8回、最終回です。

ウェブ上で公開されているTilemapの公式情報を紹介します。

前回は「第7回 TilemapとCollider編」です。

Tilemapの公式情報

Unityの公式ブログです。Tilemapの概要を知るのにいいブログです。

「2D Tilemap Asset Workflow: From Image to Level」の日本語訳です。

ビデオチュートリアルです。Unityエディタの操作に関しては、書籍やブログよりも動画の方がわかりやすいです。一度は見ることをオススメします。

公式マニュアルです。

Unity Technologies社のGitHubリポジトリです。Unity公式の2D拡張コード群で、Tilemapの拡張アセットがあります。本格的にTilemapを利用するのであれば、一度コードを読んでみることをお勧めします。

Unity Technologies社のGitHubリポジトリです。2d-extrasを用いサンプルが豊富にあります。また、Spriteなどもサンプルごとに用意されています。Tilemapを使ってみる際は、このリポジトリのものを試してみてはいかがでしょう。

Unity Technologies社のGitHubリポジトリです。より高度なTilemapの利用例です。マップエディターというより、レベルデザイナーです。

おわりに

本シリーズでは「Tilemap」の機能・使い方を簡単に紹介しました。

Tilemapを使ってみたくなりましたか。「こんな風にTilemapが使えそうだな」というイメージが湧きましたか。「そうだTilemapでこんなゲームを作ろう」というアイディアが閃きましたか。

Tilemapは、プラットフォームゲーム、戦略シミュレーションゲーム、ロールプレイングゲームなど幅広いジャンルのゲームで活躍することでしょう。皆さんが作りたいゲームで、思い思いのマップをTilemapで作成してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。ご意見・ご要望・ご感想、お待ちしております。

※ 本シリーズは、技術書典4で頒布した技術同人誌「Unity Tilemap Startbook」の内容をQiita用に、修正・編集したものです。

シリーズ一覧

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away