株式会社プレイド

CXプラットフォーム「KARTE」の開発・運営、EC特化型メディア「Shopping Tribe」の企画・運営、CX特化型メディア「XD(クロスディー)」の企画・運営

Posts
497
LGTMs
28684

career@plaid.co.jp

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 10F

Report organization
Help us understand the problem. What is going on with this organization?

Members (36)Show all

About

事業内容

「データによって人の価値を最大化する」をミッションとして、CX(顧客体験)プラットフォーム[KARTE]というSaaSの自社サービスを開発しております。

KARTEはウェブサイトやスマートフォンアプリ上でのエンドユーザーの行動を"ページ単位"ではなく"ユーザー単位"でリアルタイムに解析し、それぞれのエンドユーザーにとって最適な体験を提供するためのCX(顧客体験)プラットフォームです。

現在では、累計25億人のユーザーを解析し、最大で6.5万イベント/秒のトラフィックに対応し、そのデータを1秒以内にリアルタイムで解析するまでに成長してきました。

KARTE.jpg

プレイドメンバー

メンバーは約100名で、そのうち約30名がエンジニアです。
多様なバックグラウンドを持った仲間が集まっています。

エンジニアのミッションや技術スタック、カルチャー、メンバー紹介などはこちらをご覧ください。

◆エンジニアインタビュー
-柴山 直樹(CTO)× 池上 純平(エンジニア)
【対談】エンジニアが考えるBtoB SaaSの魅力とは(前編/後編)

-牧野 祐己(エンジニア)
世界で通用するプロダクトを作るには“尖った発想”が不可欠——プレイドが「プロダクトアウト」を大事にする理由

-竹村 尚彦(エンジニア)
目標が高いからこそ「攻めのインフラ」を貫きたい。3.5人でKARTEの裏側を支えるSREチームの流儀

-門脇 恒平(エンジニア)
既存のレールにのらない。最高の成果へ“常にゼロベース”で考えるプレイドの開発体制

◆PLOG (コーポレートブログ)
http://blog-plaid.com/
◆PLAID Engineer Blog
http://tech.plaid.co.jp/

Frequently posted tags
JavaScript
  • mizchi
  • nashibao
  • algas
  • kadoppe
  • otolab
66Posts
9926LGTMs
React
  • mizchi
  • g0e
58Posts
7128LGTMs
Node.js
  • mizchi
  • nashibao
  • jumtech
  • RyosukeCla
  • kadoppe
25Posts
1009LGTMs
flowtype
  • mizchi
  • algas
23Posts
902LGTMs
Ruby
  • kadoppe
  • ikemonn
  • tarr1124
  • mizchi
16Posts
240LGTMs
Popular posts
mizchi
なぜ仮想DOMという概念が俺達の魂を震えさせるのか
bymizchi
2622
mizchi
春からはじめるモダンJavaScript / ES2015
bymizchi
1901
mizchi
テストがないJS環境にモダンなテスト環境を導入していく
bymizchi
775
mizchi
JavaScriptのモジュールシステムの歴史と現状
bymizchi
730
mizchi
リアルタイムウェブな観点からElixir / Phoenix について
bymizchi
726
Newest posts
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした