Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure Kubernetes Service (AKS) を使いこなす : 目次

Microsoft のマネージド Kubernetes である Azure Kubernetes Service (AKS) を使いこなすための情報をまとめます。基本的には AKS 公式ドキュメント の情報に対して、より詳細な情報を自分なりに付加しながらまとめる予定です。

本目次は色々記事を書いた後にまとめる予定です。

AKS チュートリアルの深堀

このセクションでは公式ドキュメントで紹介されているチュートリアルについて、付加情報をつけながら深堀します。

Kubernetes と AKS 概要
アプリケーションの準備
コンテナレジストリを作成する
AKS クラスターのデプロイ
アプリケーションの実行
アプリケーションのスケーリング
アプリケーションの更新

SQL Server 2017 を AKS で使う

このセクションでは AKS に SQL Server コンテナーを配置する に付加情報をつけながら深堀します。

ストレージの準備
SQL のインストールと障害復旧の検証

SQL Server 2019 ビッグデータクラスター を AKS で使う

このセクションでは SQL Server 2019 ビッグデータクラスターを AKS にインストールする方法や管理などを見ていきます。SQL Server 2019 自体の機能は別のシリーズを書くかもしれません。

azdata 既定の構成でインストール
サンプルデータを試す
azdata を使ったカスタムインストール
azdata を使った高可用性インストール
クラスターの管理方法
HDFS の階層化
アプリケーションの展開
データ仮想化で Azure SQL をクエリする
Spark ジョブでデータを取り込む

AKS で asp.net core アプリケーション

このセクションでは Microsoft SQL Server 2017 バックエンドの asp.net core Web アプリを AKS にデプロイしていきます。

事前準備
ローカルで開発する
アプリをデプロイ
イングレスとアプリ複数ポッド構成
複数ノードプールの構成
Azure CNI ネットワーク と Application Gateway
Application Gateway と Application Gateway Ingress Controller
ラベル、セレクターと名前空間
自動スケール概要とポッドの水平スケール
自動スケール - クラスターのスケール
自動スケール - Azure Container Instance との統合

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした