Help us understand the problem. What is going on with this article?

ぼくのかんがえたさいきょうのWordpress@AWS環境(Route53で取得したドメインを元にSSL証明書を発行編)

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

当記事はぼくのかんがえたさいきょうのWordpress@AWS環境にて記載している作成手順
1. WordPress入りのLightSailを作成
2. Route53にてドメインを取得
3. 取得したドメインを元にSSL証明書を発行← ここの手順の詳細です。
4. CloudFront構築
5. DNSの設定
6. セキュリティ対策

AWS Certification Managerにて手順2のRoute53にて取得した独自ドメインを元に
SSL証明書(ワイルドカード証明書)を取得するまでを記載します。

手順

AWSにログインし、サービスから「Certification Manager」をクリックします。

AWS CertificateManagerの管理画面が表示されます。

超重要!!!!
AWS リージョンを 米国東部(バージニア北部)に切り替えます。

大事なことなのでもう一度、記述します。

A W S リ ー ジ ョ ン を 米 国 東 部( バ ー ジ ニ ア 北 部 )に 切 り 替 え ま す 。

Q「なぜ、東京リージョンではダメなの?」
A「CrondFrontでは米国東部(バージニア北部)リージョン以外で取得したAWS CertificateManagerの証明書は使用できまないからです。」
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudFront/latest/DeveloperGuide/cnames-and-https-requirements.html#https-requirements-aws-region
image.png

リージョンを切り替えたら
左側の証明書のプロビジョニングの「今すぐ始める」をクリック

「パブリック証明書のリクエスト」を選択して「証明書のリクエスト」をクリック

ドメイン名の欄に
.[取得した独自ドメイン]」と入力します。(を付けるのはワイルドカード証明書(hoge.saikyouawswordpress.comとかhuga.saikyouawswordpress.com)にするため)
入力したら「次へ」をクリック

今回は「DNSの検証」を選択して
「確認」をクリックします。

「確定とリクエスト」をクリックします。

画面が遷移するので「続行」をクリックします。

登録したドメインが検証保留中となっているのが確認できます。

ドメインの横にある右三角マーク(:arrow_forward:)をクリックすると
[Route53でのレコードの作成]というボタンが表示されるのでこれをクリックします。
(※下記の画像は検証が完了してしまっているのでボタンが非アクティブになっていますが、本来であればクリック可能です。)
そもそもボタンが表示されない!という場合は証明書発行に利用したドメインがRoute53で取得したドメインでない可能性があります。

確認画面に遷移するので作成をクリック

しばらくするとドメインの検証が完了し、
検証状態が成功となり証明書が利用可能となります。

以上で証明書の発行は完了です。

Shi-nakaya
パッケージ開発ベンダーで社内の何でも屋から脱出した人が 日々の中でつまった事、ハマった事を書いています。 現在は、クラウドベンダーの自社サービス部門で開発を担当しています。 業務で使用している言語はjs(React)、Go、Java インフラはAWSを使用
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした