Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
5
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

ぼくのかんがえたさいきょうのWordpress@AWS環境(WordPress入りLightsail作成編)

はじめに

当記事はぼくのかんがえたさいきょうのWordpress@AWS環境にて記載している作成手順
1. WordPress入りのLightSailを作成 ← ここの手順の詳細です。
2. Route53にてドメインを取得
3. 取得したドメインを元にSSL証明書を発行
4. CloudFront構築
5. DNSの設定
6. セキュリティ対策

Lightsailを立ち上げ、固定のパブリックIPアドレスを付与する所までを記載します。

手順

Wordpressがインストール済みのLightsailを立ち上げる

AWSにログインし、サービスからLightsailをクリックします。

初めてLightsailへアクセスすると言語選択の画面が表示されます。

ここは潔く日本語を選択します。

その後「Well Come to Lightsail」という画面が表示されますので

「Let's get started」をクリックします。

(※ここまでが初めてLigthsailを使う人にだけ表示される画面です。
以下の画面からは2度目以降の利用でも表示される内容です。)

インスタンスの作成をクリックします。

アメリカ国旗の右下の部分にある「AWSリージョンとアベイラビリティーゾーンの変更」をクリックします。

インスタンスのロケーションは「東京」を選択します。(※日本で使用する場合は今後、色々と都合がいい為、東京を選択していますが、日本国外にお住いの方は近い国を選択して下さい)

プラットフォームは「Linux/Unix」を選択(Linuxの方が安い為)
設計図の選択では「アプリ+OS」、「WordPress」を選択して下さい。

下にスクロールし、インスタンスプランを選択します。
最も安い「3.5$」を選択

Lightsailのリソース名を入力して
「インスタンスの作成」をクリック

下記のように表示されるので5分ほど待機する

実行中に変われば作成完了

固定のパブリックIPアドレスを付与

「ネットワーキング」のタブをクリックし、「静的IPの作成」ボタンをクリック

固定のIPアドレスを付与する為、先ほど作成したLightsailのインスタンスを選択します。

IPアドレスのリソース名を入力して「作成」ボタンをクリック

IPアドレスの付与完了

完了確認

ウェブブラウザから「http://[付与されたIPアドレス]」にアクセスして、Wordpressの画面が表示されれば完了です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
5
Help us understand the problem. What are the problem?