Edited at

ぼくのかんがえたさいきょうのWordpress@AWS環境


はじめに

下記の観点でAWS環境にWordpressをたてました。


  • 安い

  • 簡単

  • 早い

  • メンテしやすい

  • そこそこのセキュリティ

  • そこそこのリクエストに耐えられる

4.5$/月で200万リクエストまで耐えられる(200万リクエスト以降は従量課金)Wordpressを約1時間くらいで作成できます。

どこが最強だよ!?

Xサーバの方が安いしメンテもしやすいじゃん

とか

GCP使えば永久に無料じゃん

などなどあるかと思いますが、

今回はAWSである事に意味を感じて下さい:rolling_eyes:


環境

こんな感じです。

各サービスの役割は下記の通り


  • LightSail:Wordpressサーバ(最小構成で3.5$/月)

  • Route53:ドメイン取得(~.comは12$/年)& DNS設定(無料)

  • CertificateManager:SSL証明書(ワイルドカード)を発行(無料)

  • CloudFront:CDNを構築(200万リクエストまで無料)


作成手順


  1. WordPress入りのLightSailを作成

  2. Route53にてドメインを取得

  3. 取得したドメインを元にSSL証明書を発行

  4. CloudFront構築

  5. DNSの設定

  6. セキュリティ対策

一つの記事にするとかなり長くなってしまうので

それぞれ別記事にて記載しています。


所感

低スペックのサーバでも

大量のリクエストにも耐えたれる事

そして安く運用できる事

これらを目標に環境を構築しました。

特にCloudFrontは200万リクエストまで無料で使用できます。

https://aws.amazon.com/jp/cloudfront/pricing/

また、Route53で設定したゾーンに対するリクエストは通常は従量課金制なのですが、

CloudFrontで配信した場合は無料となります。

https://aws.amazon.com/jp/route53/pricing/#Hosted_Zones_and_Records

その為、これを利用しない手はないなと思いました。

が、この貧乏性が足かせとなり、どハマりました。

CloudFrontを経由するとWordpressへのリクエストにフィルタがかかってしまう為、

理解してフィルタを外してセットアップしなけばなりません。

その設定を調べるのに多くの時間を使うことになりました。

本当はAWS WAFも使用して悪意のあるアクセスを制御したりしたいのですが、

そこそこお金がかかってしまうので(5$/月)...

ドメイン取得に関してもかなり調べましたが、

料金的には他のサービスと変わりありませんでした。

むしろ少し安いくらいでした。

その為、Route53を使用しています。

とにかく作成できてよかったです。

まだ記事は何も書いてませんし、テーマも設定していません。

全てこれからです。

まずはまっさらなWordpress環境ができたのでこれから色々と検証していきたいと思います。