Help us understand the problem. What is going on with this article?

ぼくのかんがえたさいきょうのWordpress@AWS環境

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

下記の観点でAWS環境にWordpressをたてました。

  • 安い
  • 簡単
  • 早い
  • メンテしやすい
  • そこそこのセキュリティ
  • そこそこのリクエストに耐えられる

4.5$/月で200万リクエストまで耐えられる(200万リクエスト以降は従量課金)Wordpressを約1時間くらいで作成できます。

どこが最強だよ!?
Xサーバの方が安いしメンテもしやすいじゃん
とか
GCP使えば永久に無料じゃん

などなどあるかと思いますが、
今回はAWSである事に意味を感じて下さい:rolling_eyes:

環境

こんな感じです。
image.png

各サービスの役割は下記の通り

  • LightSail:Wordpressサーバ(最小構成で3.5$/月)
  • Route53:ドメイン取得(~.comは12$/年)& DNS設定(無料)
  • CertificateManager:SSL証明書(ワイルドカード)を発行(無料)
  • CloudFront:CDNを構築(200万リクエストまで無料)

作成手順

  1. WordPress入りのLightSailを作成
  2. Route53にてドメインを取得
  3. 取得したドメインを元にSSL証明書を発行
  4. CloudFront構築
  5. DNSの設定
  6. セキュリティ対策

一つの記事にするとかなり長くなってしまうので
それぞれ別記事にて記載しています。

所感

低スペックのサーバでも
大量のリクエストにも耐えたれる事
そして安く運用できる事
これらを目標に環境を構築しました。

特にCloudFrontは200万リクエストまで無料で使用できます。
https://aws.amazon.com/jp/cloudfront/pricing/

また、Route53で設定したゾーンに対するリクエストは通常は従量課金制なのですが、
CloudFrontで配信した場合は無料となります。
https://aws.amazon.com/jp/route53/pricing/#Hosted_Zones_and_Records

その為、これを利用しない手はないなと思いました。

が、この貧乏性が足かせとなり、どハマりました。

CloudFrontを経由するとWordpressへのリクエストにフィルタがかかってしまう為、
理解してフィルタを外してセットアップしなけばなりません。
その設定を調べるのに多くの時間を使うことになりました。

本当はAWS WAFも使用して悪意のあるアクセスを制御したりしたいのですが、
そこそこお金がかかってしまうので(5$/月)...

ドメイン取得に関してもかなり調べましたが、
料金的には他のサービスと変わりありませんでした。
むしろ少し安いくらいでした。
その為、Route53を使用しています。

とにかく作成できてよかったです。

まだ記事は何も書いてませんし、テーマも設定していません。
全てこれからです。

まずはまっさらなWordpress環境ができたのでこれから色々と検証していきたいと思います。

Shi-nakaya
パッケージ開発ベンダーで社内の何でも屋から脱出した人が 日々の中でつまった事、ハマった事を書いています。 現在は、クラウドベンダーの自社サービス部門で開発を担当しています。 業務で使用している言語はjs(React)、Go、Java インフラはAWSを使用
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした