Help us understand the problem. What is going on with this article?

機械学習で使用する手法を全公開

はじめに

kaggleや学習サイトなど誰でも機械学習を学べる機会が増えてきました。
その反面、情報量が多すぎて全体感を掴めていない人が多いと感じています。

そこで、様々な参考書や記事で紹介されている機械学習で使用する手法を全公開しようと思います。
細かなコーディングはリンクを貼っておくので、そちらを参照されてください。

SNS でも色々な情報を発信しているので、記事を読んで良いなと感じて頂けたら
Twitterアカウント「Saku731」 もフォロー頂けると嬉しいです。

機械学習の一連手順

まず、機械学習を習得するために必要なスキルは下記です。
実務の場では数段細かな作業が必要になりますが、最初は下記を勉強するだけで十分です。

  • 1)データの可視化  :データの全体感を掴んで前処理の方針を決める
  • 2)データの前処理  :予測精度が高くなるよう、データを綺麗にする
  • 3)アルゴリズムの選定:データに対して適切なアルゴリズムを決める
  • 4)モデルの学習   :コンピュータにデータの法則性を学習させる
  • 5)モデルの検証   :出来上がったモデルの予測精度を確認する

1)データの可視化

2)データの前処理

3)アルゴリズムの選定

リンクはこちら

  • 回帰
    • 線形回帰(単回帰、重回帰)
    • 回帰木
    • ランダムフォレスト回帰
  • 分類
    • ロジステック回帰
    • 決定木
    • ランダムフォレスト
    • サポートベクターマシン(SVM)
  • どちらにも使える
    • ニューラルネットワーク(ディープラーニング)
    • XGBoost
    • LightGBM

4)モデルの学習

5)モデルの検証

さいごに

情報は随時増やしていこうと思います。
追加・訂正要望がありましたらご連絡いただけると大変助かります。

また、「機械学習を仕事に使うシリーズ」でも記事を書いてます。ぜひご活用ください。

SNS でも色々な情報を発信しているので、記事を読んで良いなと感じて頂けたら
Twitterアカウント「Saku731」 もフォロー頂けると嬉しいです。

また、文末にはなりますが、期間限定で「チーム開発体験プロジェクト」をやってます。
もしご興味あれば【応募シート】で詳細確認してください。
(追記)
満員のため締め切らせて頂きました。
次回は2019年3月を予定しているので、ご案内を希望される方は【予約フォーム】にご記載ください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away