LoginSignup
0

PagerDuty 設定ガイド (動員編7) - Slack等との連携

Last updated at Posted at 2023-01-04

PagerDutyは、Chatコミュニケーションツール(Slack, MS Teams, Google Chat, Cisco WebEx等)と連携させることができます。

ChatツールのChannel/SpaceをPagerDutyのServiceに紐付けることができるため、自分がOn-call担当でなくても、当該Serviceで発生したインシデントの情報を得ることができます。
また、Chatツールから直接インシデントに対して操作(Ack、担当者の追加・変更、Noteの追記等)を行ったり、新たなインシデントを起票することも可能です。

この記事ではSlackを例に、連携の設定方法とChatツールからPagerDutyを操作する方法についてご紹介します。

Slack Integrationの手順

PagerDuty accountとSlack Workspaceの連携

この設定にはPagerDutyのAdmin, Global Admin, またはAccount Owner権限が必要です。
(1) PagerDutyメニューから、Integrations > Extensions を開き、Slack Integrationをクリック

(2) "Authorize Integration"をクリック

(3) "+ Connect a new Workspace"をクリック
image.png
(4) 画面右上のプルダウンメニューから連携先のSlack Workspaceを選択し、"Allow"をクリック
image.png
(5) Workspaceとの連携が完了しました。必要に応じてWorkspaceの設定を変更してください。
image.png

PagerDuty ServiceとSlack Channelの紐付け

この設定はにPagerDutyのManager, Admin, Global Admin, またはAccount Onwer権限が必要です。
(1) Integrations > Slack Integration を開く

(2) Connectionを追加するWorkspaceの"View"をクリック
image.png
(3) "Add Connection"をクリック
image.png
(4) PagerDuty Service/Slack Channel/Slackに通知する条件を指定し、"Add Connection"をクリック

  • PagerDuty Source: PagerDutyのService
  • Slack Channel: 上記Serviceと紐付けるSlack Channel
  • Notify the channel of these updates: 通知を送るタイミングを指定
  • When the incident matches these criteria: 特定のUrgencyまたはPriorityを持つインシデントのみを通知対象にする場合に設定
    image.png

Slack Integrationの活用

/pd コマンド

/pdコマンドでインシデントを起票したり、現在のOn-call担当者を確認するなどの操作が可能です。
image.png
/pd triggerコマンド実行後のポップアップ画面
image.png
インシデント起票後のメッセージ
image.png

Incident Actions

Slack Channelに表示されたインシデント通知メッセージから、インシデントに対する様々な操作が可能です。
image.png

  • Acknowledge: インシデントのStatusをAcknowledgedに変更
  • Resolve: インシデントのStatusをResolvedに変更
  • More actions...
    • View details: インシデントの詳細を確認(PagerDuty Web Appを開く)
    • Add a Note: インシデントにNoteを追記
    • Change Priority: インシデントにPriorityを付与・変更
    • Reassign: インシデントの担当者を変更
    • Add Responder: インシデントの担当者を追加
    • Escalate: Escalation Policy上の次の担当者にEscalate
    • View | Create Channel: 当該インシデント用のSlack Channelを作成
    • New Status Update: Status Updateを投稿
    • Run an Action: 事前に定義されたAutomation Actionを実行
    • Run a Workflow: 事前に定義されたIncident Workflowsを実行

PagerDuty設定ガイド 目次

検知編 | トリアージ編 | 動員編 | 解決編 | 学習編

  1. 通知を受けるまでの設定の流れ
  2. ユーザーの追加と通知設定
  3. On-call Scheduleの作成
  4. Escalation Policyの作成
  5. Serviceの作成
  6. 通知テストの実施
  7. [Slack等との連携] << イマココ

参考リソース

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0