株式会社ネクストビート

「人口減少社会への価値貢献」をミッションとする創業5年のベンチャー企業です。子育て支援を中心としたライフイベント領域、インバウンド領域、地方創生領域を軸に全9事業を展開中!

Posts
56
LGTMs
473

東京都渋谷区恵比寿4丁目9−10

Report organization
Help us understand the problem. What is going on with this organization?

Members (11)Show all

About

キャプチャ.PNG

Nextbeat

  • 2013年10月設立
  • 拠点:東京/大阪/名古屋/福岡/札幌/広島/仙台/京都(8月新設)

Mission

「人口減少社会において必要とされるインターネット事業を創造し、ニッポンを元気にする」

創業事業である保育士転職支援サービス「保育士バンク!」は現在業界トップクラスの規模となりました。 事業を通じて築いた保育士・保育事業所との関係性・データベースを最大限活用し、子育て情報メディア「KIDSNA」事業を中心にプラットフォームを構築しています。保育士・保育事業所・ママパパの3者間を結ぶITサービスを推進し、子育て支援領域におけるリーディングカンパニーを目指します。

中長期では、政府方針やグローバル経済の動向を踏まえ、事業拡大に向けてアクセルを踏んでいきます。 今後もインバウンド推進、地方創生、結婚妊娠促進、デジタル労働力・AI活用等の複数領域において、日本の抱えるマクロ課題に対し挑戦を続けていきます。

Development Division

開発担当領域を固定しない

サーバーサイド、フロントエンドのような担当領域を明確に分けておらず、全員がサーバーサイド、フロントエンド両方の開発に携わっています。得意分野を活かせるだけでなく、今後伸ばしていきたい分野にもチャレンジできるようにしているだけでなく、ポジションに関わらず個人の能力や志向性に応じてタスクを割り振るような体制です。

職種混合チームでプロダクトを創る

決まった仕様をただ実装するのではなく、営業やマーケッター、ディレクター、デザイナーと連携し主体的に開発を進められる環境です。メンバークラスであっても各種マーケティングツールを活用し、プロダクトをグロースさせるために非エンジニア職メンバーとの会話を通じて、企画、設計、実装、効果分析まで全て携わることができます。

Development Environment

  • バックエンド:Scala,Slick,PlayFramework
  • フロントエンド:TypeScript,Angular,Ngrx
  • アプリ:Swift,RxSwift,Kotlin,RxJava
  • インフラ:AWS
  • ツール:GitLab,Jira,Confluence,Slack

Service

Other

Frequently posted tags
Ruby
  • hidechae
  • t10kiyotaka
9Posts
49LGTMs
Angular
  • KaoruIto76
  • shimmer22
  • hidechae
9Posts
62LGTMs
AWS
  • hidechae
5Posts
17LGTMs
Rails
  • hidechae
  • t10kiyotaka
5Posts
45LGTMs
Scala
  • shimmer22
  • hiron2225
  • KaoruIto76
  • mr-z
4Posts
183LGTMs
Popular posts
KaoruIto76
まじで最&高のvim環境を作りたい1
byKaoruIto76
178
hiron2225
GoogleMapへのリンクURL作成方法を調べた
byhiron2225
46
KaoruIto76
まじで最&高のvim環境を作りたい2
byKaoruIto76
27
hidechae
WerckerでRailsのCIを回す
byhidechae
21
hidechae
JSON-RPCのAPIサーバをRails4で作った
byhidechae
9
Newest posts
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした