Help us understand the problem. What is going on with this article?

【クラウド初心者向け】Amazon Connectのリアルタイムモニタリング

概要

  • ユーザー(エージェント)が受けている電話を管理者がリアルタイムに聞くことができる。

使用ユーザー

  • IAMユーザー

手順

  1. AWSにサインインします。

    1. アカウント、ユーザー名、パスワードを入力してサインインします。
      アカウント内(IAM)で作成したユーザーを使用してコンソールにサインインする
  2. 『AWSマネジメントコンソール』画面の右上にある《リージョン名》をクリックし、ドロップダウンます。
    image.png

  3. 『AWSマネジメントコンソール』画面にある「サービスを検索」にConnectと入力し、検索結果から《Amazon Connect》をクリックし、Amazon Connect コンソール(https://console.aws.amazon.com/connect/)を開きます。
    image.png

  4. Amazon Connectのインスタンス一覧が表示されるので、該当のインスタンスをクリックします。
    image.png

  5. インスタンスの概要が表示されるので《管理者としてログイン》をクリックします。
    image.png

  6. 【クラウド初心者向け】Amazon Connectのユーザー(エージェント)作成を参考に以下の設定でユーザーを作成します。

    1. 名:適当な名を入力します。
    2. 姓:適当な姓を入力します。
    3. ログイン名:適当なログイン名を入力します。
    4. パスワード、パスワード確認:適当なパスワードを入力します。
    5. ルーティングプロファイル:「Basic Routing Profile」(今回はルーティングされないものを選択しましたが適当に選択してください)
    6. セキュリティプロファイル:「CallCenterManager」 と「Agent」を選択します。
  7. 【クラウド初心者向け】Amazon Connectの着信確認を参考に、作成したユーザーでソフトフォンにサインインします。

    1. ステータス:Offline
  8. 作成したユーザーでAmazon Connectのインスタンスにサインインします。

    1. URL:https://インスタンス名.awsapps.com/connect/
  9. ダッシュボードの左側のメニューから《リアルタイムメトリクス》をクリックします。
    image.png

  10. 「リアルタイムメトリクス」画面が表示されるので《エージェント》をクリックします。
    image.png

  11. 「エージェント毎のリアルタイムメトリクス」画面が表示されます。モニタリングしたいユーザーのチャネル欄にあるアイコンをクリックします。
    image.png

  12. 事前に起動しておいたソフトフォンがモニタリング状態になり通話内容を聴くことができます。
    image.png

    1. モニタリング側の《通話を終了》をクリックするとモニタリング側だけ通話が終了します。(モニタリングのみ終了し、通話自体は継続しています)

参考サイト

ライブ会話の監視

目次に戻る

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away