Help us understand the problem. What is going on with this article?

【クラウド初心者向け】AWSのアカウントを作成してコンソールにサインインする

アカウントを作成する

Step1 : AWSのホームページを開く

AWSのホームページを開きます。
下記のリンクが壊れているときはググってください。

AWSホームページ

Step2 : アカウント開設の前に、アカウント作成の流れを読む

  1. 一番下まで画面をスクロールします。

  2. 《アカウント作成の流れはこちら》を右クリックして、『新しいタブで開く』を選択して別タブで開いてください。
    (Ctrl+クリックはなぜか効きません)
    image.png

  3. 「アカウント作成の流れ」を一通り読む。

Step3 : アカウントを作成する

  1. 元のタブ(AWSのホームページ)に戻って、《今すぐ無料サインアップ》ボタンをクリックします。

  2. 「アカウント作成の流れ」を参考に必要情報を入力してアカウントを作成する。

  • 注意点
    • 以下の入力欄は全て半角アルファベットで入力してください。
      • AWS アカウント名
      • フルネーム
      • 会社名
      • アドレス
      • 市区町村
      • 都道府県または地域
    • クレジットカード情報の登録が必要です。
      • 無料枠のサービスは課金されませんが有料枠のサービスを使うと問答無用に課金されますので注意してください。
    • 電話による認証が必要です。 image.png

Step 4 : コンソールにサインインする

  • AWSではメインメニューに当たる部分をコンソールと呼んでいます。
  • サインインする方法は2種類あります。
    • 一つ目は、AWSのアカウント作成時に登録したEメールアドレスとパスワードを使ってサインインする方法
      • このユーザーをルートユーザーと言います。
      • ルートユーザーは、権限が強すぎるため極力利用せず必要な時だけ利用するようにAmazonは推奨しています。
    • 二つ目は、アカウント内で作成したユーザーを使ってサインインする方法
      • IAMというアカウント内にユーザーを作成するサービスがあるのでそこでユーザーを作成する。
      • アカウント、ユーザー名、パスワードを使ってサインインする。
    • MAF(Multi-Factor Authentication)を設定した場合はパスワード入力後にMAFのコードを入力します。
      • 設定方法については別ページを参照

ルートユーザーを使用してコンソールにサインインする

  1. 《コンソールにサインイン》をクリックします。
    image.png

  2. アカウント作成時に登録したEメールアドレスを入力して《次へ》をクリックします。
    image.png

  3. パスワードを入力して《サインイン》をクリックします。
    image.png

  4. MFA認証(多要素認証)を設定している場合はMFAコードを入力して《送信》をクリックします。
    image.png

  • 注意
    • この画面の場合は、《ルートアカウント証明情報を使用してサインイン》をクリックするとルートユーザーのサインイン画面になります。 image.png

アカウント内(IAM)で作成したユーザーを使用してコンソールにサインインする

  1. 『IAMコンソール』画面のダッシュボードに表示されている、「IAMユーザーのサインインリンク」のアドレスのページを表示する。
    image.png

  2. 「アカウント」、「ユーザー名」、「パスワード」を入力して《サインイン》をクリックします。
    アカウントは、この画像では消えていますが通常はページを開いた時には入力されています。
    image.png

  3. MFA認証(多要素認証)を設定している場合はMFAコードを入力して《送信》をクリックします。
    image.png
    MFAコードはスマホのAuthenticatorアプリに表示されています。

  • 注意
    • この画面を表示した後に、AWSのホームページの《コンソールにサインイン》をクリックしたらこのページが表示されます。 image.png
    • ルートユーザーでサインインしたい場合は、《ルートアカウント証明情報を使用してサインイン》をクリックしてください。 image.png

目次に戻る

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away