Help us understand the problem. What is going on with this article?

【第4/5】Teams bot をローカル (Visual Studio 2019) で開発し、Azure で無料で動かす【その4:Teams に繋げてデバッグ編】

この記事では、Teams で動く chat bot を、ローカル (Visual Studio) でデバッグしながら開発する方法を、初心者でも分かりやすいようにスクショ満載でまとめました!

(スクショ満載にした結果、1ページが長くなり過ぎたので、5つに記事を分割します。この記事はそのうちの4つ目です。)

  1. 【第 1/5 回】VS でローカル web サーバ立てる編
  2. 【第 2/5 回】エミュレータ準備編
  3. 【第 3/5 回】Azure 側の設定編(ボットチャンネル登録)
  4. 【第 4/5 回】Teams に繋げてデバッグ編【← 今ここ】
  5. 【第 5/5 回】Azure にデプロイ編

image.png

4. Teams に繋げる

Teams から実際に送られてきたメッセージでデバッグできるようになりましょう!

4-1. Azure 側の設定

ボットチャンネル登録のリソースを開きます。
左のメニューの「チャンネル」から Teams のアイコンを選びます。

image.png

下の保存ボタンを押します。

image.png

4-2. ローカルで設定ファイル編集

次はローカルでの作業です。

manifest.json という設定ファイルを書くことになります。

「アプリ名は何」「作者名」などのアプリの設定や
アプリの接続情報「Microsoft App ID/ Secret」(Azure からコピペしてくるやつ)などを
json で記述する、設定ファイルです。

こちらの公式ドキュメント を見ながら書いていきましょう。→ [https://aka.ms/bot-manifest-schema]

image.png

書き終わったら、アイコン画像(32x32 と 192x192 の2サイズ必要)と一緒に zip で固めます。

image.png

4-3. Teams にカスタムアプリとして登録

さて、いよいよ Teams での作業となります。
Teams を開いて左下の「カスタムアプリをアップロード」をクリックします。
image.png

image.png

image.png

4-4. Teams で動作確認

teams-bot-dev.jpg

4-5. コードを編集して Teams にも反映されるのを確認

ハートをつけてみた

image.png

image.png

コードを編集して再実行したら
Teams にも更新されるのを確認しました!

4-6. Teams bot ローカルデバッグ

イラスト3.png

やったー!これができたわけだ

image.png

Next Step

ついに、ローカルサーバーに Teams から接続するところまで行きました!
次はサーバーをクラウドで動かすところまでいきましょう。

image.png

(今はローカルで動いているので、私のパソコンの電源を落とすと bot もレスポンスしなくなってしまうので。運用する際は、クラウドなど「常に安定して動いている」環境に bot のサーバーを上げる必要があります)

  1. 【第 1/5 回】VS でローカル web サーバ立てる編
  2. 【第 2/5 回】エミュレータ準備編
  3. 【第 3/5 回】Azure 側の設定編(ボットチャンネル登録)
  4. 【第 4/5 回】Teams に繋げてデバッグ編
  5. 【第 5/5 回】Azure にデプロイ編【← 次これ】

次の記事: [https://qiita.com/chomado/items/abd0c39d21ec6778295a]

chomado
ITエンジニア兼マンガ家の千代田まどか (ちょまど) です。Microsoft 社の Cloud Developer Advocate として、デベロッパーコミュニティの支援を行っています。松屋とゲームとアニメが好きです
https://chomado.com/
microsoft
マイクロソフトのメンバーが最新の技術情報をお届けします。Twitterアカウント(@msdevjp)やYouTubeチャンネル「クラウドデベロッパーちゃんねる」も運用中です。
https://aka.ms/MSFT-Docs-JPN
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした