求ム!Pythonを使ってAzureで開発する時のTips!【PR】日本マイクロソフト Advent Calendar 2020

20
87
24

Sponsors

Microsoft AzureDataRobotLenovofreeeUdemyパソナテックメタップス

皆さんのPythonを使ってAzureで開発する時のTipsについて教えてください!

Python開発者の皆さんは普段はどんな環境で開発していますか? エディターは何を使って、どんな環境にアプリをデプロイしていますか? マイクロソフトではクラウドサービスであるAzureを通じてPython開発者に向けたさまざまなサービス・ツールを提供しています。

今回のAdvent Calendarのテーマは「求ム!Pythonを使ってAzureで開発する時のTips!」です!

カレンダーの枠が空いていれば、過去の日付でも遡って投稿することができます。
12月31日までの投稿であればプレゼントの対象となりますので、ぜひ奮ってご参加ください。

MicrosoftとWebアプリケーション開発について

Pythonを開発する上でAzureを使ったら何ができるでしょうか? 例えばWebアプリケーション基盤が欲しいなら、Azure App Serviceと呼ばれるPaaSを使ってWebアプリをサクッと作ってデプロイすることが出来ます。Linuxの仮想マシン環境上にFlaskDjangoなどのフレームワークをデプロイ可能です。他にも、機械学習モデルの構築、トレーニング、デプロイを実行できるAzure Machine Learningや、Jupyter Notebookや各種ライブラリをインストールした状態ですぐに使えるData Science Virtual Machinesなどもあります。他にもPython開発者がより楽しく簡単に開発できるように、VS CodeのPython拡張や各種Python SDKなど様々なツール・機能を提供しています。

こんな方におススメ

  • Pythonを使ってAzureでの開発についてシェアしたいことがある方!
  • AzureとPythonを勉強し始めた方!

上記は例ですので、他にも様々な記事を拝見させて頂けることを楽しみにしています!

参加方法

参加方法については、こちらより「イベントの参加方法・流れ」をご確認ください。

こちらのカレンダーも募集中

下記のカレンダーにもぜひご参加ください!
求ム!Cloud Nativeアプリケーション開発のTips!

賞とプレゼント

日本マイクロソフト賞①
ルンバ i7 アイロボット ロボット掃除機 i715060

日本マイクロソフト賞②
GAGGIA ガジア 全自動コーヒーメーカー ANIMA DX アニマDX SUP043P

日本マイクロソフト賞③
ダイソン Dyson HP04-BN-N [空気清浄機能付ファンヒーター Dyson Pure Hot+Cool]

日本マイクロソフト賞④
FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式 昇降デスク & 天板

日本マイクロソフト賞⑤
ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4

求ム!Cloud Nativeアプリケーション開発のTips! と合計での商品のプレゼントとなります。
*カラー等の指定は出来かねますのでご容赦ください。
*プレゼント内容については、Increments株式会社にて企画しており、Increments株式会社よりご提供いたします。

選定基準

選定基準についてですが、今回は以下の通りに選定させて頂きます。

  • これから開発を進めるにあたって参考になり得る記事
  • 参考文献等が豊富でこれからも読み続けられそうな記事
  • LGTMの数

ぜひ以下のページを参考にしながらAzure上でのPython活用のノウハウを共有してください!

参考記事

Azure 上の Python
https://azure.microsoft.com/ja-jp/develop/python/

Python 開発者向けの Azure
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/developer/python/

Azure SDK (Python)
https://azure.github.io/azure-sdk/releases/latest/index.html#python

PR

マイクロソフトでは、「どこからでも」「みんなで」コーディングできる "Visual Studio Live Share" や、"GitHub Actions" による開発ライフサイクルの自動化、"Microsoft Teams" と "Azure Boards" の合わせ技によるプロセス管理など、クラウド ベースのサービスにより、これまでと同様の生産性の維持 (あるいはさらなる向上) を目指しています。
Visual Studio をはじめとして、上記のようなツールはすでにご利用の方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、実は特定の機能しか使ったことがないという方も少なくないのでは、ぜひ以下のリンクから詳細情報をご確認ください。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/developer/


Category:

Calendar Sponsor PR

求ム!Pythonを使ってAzureで開発する時のTips!【PR】日本マイクロソフト Advent Calendar is looking for participants

12 / 14
kyamamoto9120 kyamamoto9120
参加します