QuantXアルゴリズム作成者に向けて


はじめに

QuantXではアルゴ開発者に向けて様々なコードと解説を用意しています。

アルゴリズムに使える指標、利用できるデータセットはQuantXのドキュメントに記載されています。ドキュメントには、サンプルコードとそれについての解説もあります。

また、まずはテンプレートの値を動かして、色々触ってみたい人に対しては、アルゴリズム作成の時に出てくる、テンプレートコードとそのノートを参考にすることが出来ます。

さらに、実際作っていく上で、ヘルプからいくつかの代表的なサンプルコードを参考にすることもできます。

QuantXが用意しているコードと解説について、詳しくはこちらをご覧ください。


python初心者に向けて

QuantXはpythonを使用してアルゴリズムを作成します。そのため、pythonとデータ分析によく用いられるpandasやtalibを勉強することで、株売買のアルゴリズムを作ることが出来ます。

以下の記事はpandasについての解説記事です。これを読むことでも、QuantXでよく使用するpandasを学ぶことが出来ます。

QuantX Factory、pandasチュートリアル1

QuantX Factory、pandasチュートリアル2

QuantX Factory、pandasチュートリアル3


QuantX Factoryを初めて使う人に向けて

QuantXはpythonを使用して、株売買のアルゴリズムを作成することが出来ますが、pythonとは異なるいくつかの注意点があります。

また、2019年5月末に0.0.1から0.0.5へエンジンの改装が行われました。0.0.5エンジンは0.0.1からいくつか改変が行われているので、注意が必要です。(本記事のQiitaリンクの中には0.0.5エンジンに対応していないものがいくつかあります。今後編集予定ですが、注意をよろしくお願いいたします。)


特殊ルールまとめ

【QuantX】売買注文order関数の種類

QuantXでこの変数なんだよって思ったものリスト

QuantXでのデバッグについて

QuantXでNaNをカウント

QuantX SDK チョットワカル になりたい


QunatX0.0.5エンジンについて

QuantX maron0.0.5 に移行する

QuantXで指値注文


基本的なアルゴリズム

移動平均、BBANDS、AROONOSC、HILBERT TRANSFER についてはヘルプにサンプルコードとノートに解説がありますが、より、詳しいものやこれらを発展させたものは、以下のQiita記事にあります。これらを参考にすることも出来ます。

ブル・ベアファンド自動裁定 〜はじめの一歩〜

QuantX FactoryでMACDのアルゴリズムを作ってみよう。

RSIっていう指標、長期短期で使ってみた


良いアルゴリズムを考える

QuantXでは作ったアルゴに対して、アルゴ開発画面で、過去の株価データを利用して、自分の開発したアルゴリズムのパフォーマンスを期間や初期資金量を設定して検証することができます。この結果を受けて、自分のアルゴを改良していくことになります。

売買アルゴについての評価項目は多岐にわたるため、簡単に考えることは難しいですが、一例としての評価基準が以下になります。これが絶対的な正解ではないのですが、自分のアルゴを評価するうえで、参考にすることが出来ます。

QuantXでより良いアルゴを作成する


もっと詳しく知りたい方へ

Smart Trade社では、インターン生が日々学んだことをQiitaにまとめています。これらの記事はこちらこちらにまとめてありますので、より詳しく知りたい方はご覧ください。


勉強会のお知らせ

Smart Trade社では、水曜日に勉強会を開催しています。詳しい日程、勉強会の内容についてはconnpassをご覧ください。