Python
Windows
インストール
Anaconda
TensorFlow

TensorFlowをWindowsにインストール Python初心者でも簡単だった件

TensorFlow1.6をWindows10にインストールします。基本的には公式サイトを見ながらインストールしています。私は Pythonはほとんどやったことない人間ですが、そんな程度でもまるで問題なかったです。

当記事はAnacondaを使っていますが、Minicondaも使用ディスク容量が大幅に削減できておすすめです。Minicondaの場合は以下の2つの記事を参照ください。

UbuntuでのTensorFlow環境構築は記事「WSLのUbuntuにTensorFlowをインストール」を参照ください。

あと、Google Colaboratoryというクラウドサービスもおすすめです。ローカル環境をセットアップせずにTensorFlowを利用できるのでAnacondaやMinicondaより簡単です。使い方は記事「Google Colaboratory概要と使用手順(TensorFlowも使える)」を参照ください。

※TensorFlow部分は1.3インストールの説明から1.6へ全面更改しました(2018/3/6)

※TensorFlow1.7でも手順は変わらないことを確認(当記事の画面ショットは古いままです)(2018/4/10)

種類
バージョン
内容

OS
Windows10 Professional 64bit
PythonもAnacondaもインストールしたことのない状態でした

CPU
Intel Corei7-7600U vPro 2.8GHz
NVDIAのGPUだと"TensorFlow with GPU support"が使えます(ただ、インストール時に手間が少し増えそうです)。

Anaconda3
Anaconda 5.0.1
pipを使う方法もありますが、Anacondaの方が便利そうです。
インストール手順の画面ショットは古くて4.4.0ですが、5.0.1でも大差ないです。

TensorFlow
TensorFlow 1.6
TensorFlow with CPU support onlyです。当ブログ内容は"TensorFlow with GPU support"に対応していないので注意ください

※pipは"Pip Installs Packages" または "Pip Installs Python"のことで、Pythonで書かれたパッケージソフトウェアをインストール・管理するためのパッケージ管理システム。


参考リンク




手順


1. Anacondaインストール


Anacondaに関するそもそも

TensorFlowをインストールするのにnative pipかAcacondaを使います。Googleが公式にサポートしているのはnative pipです。Anacondaはcommunityによるサポートという位置づけです。Anacondaの方が圧倒的に便利です!


1.1. Anacondaインストーラダウンロード

公式ダウンロードページからダウンロードします。Anaconda4.4.0の64-BIT INSTALLERをダウンロードです。

10.Anaconda_Install01.PNG


1.2. Anacondaインストール

あまり特筆することないですが、画面だけ置いておきます。

インストールパスに日本語が含まれていると後続でエラーが出るという情報を見たことがあるような・・・(記憶が曖昧)

10.Anaconda_Install02.PNG

10.Anaconda_Install06.PNG

10.Anaconda_Install07.PNG

10.Anaconda_Install08.PNG

10.Anaconda_Install09.PNG

10.Anaconda_Install02.PNG

10.Anaconda_Install03.PNG

10.Anaconda_Install04.PNG

10.Anaconda_Install05.PNG


2. Anaconda仮想環境作成


2.1 TensorFlow仮想環境作成

Anaconda NavigatorでTensorFlow仮想環境を"tensorflow16"という名前で作成します。

WindowsメニューからAnaconda Navigatorを起動します。Apache Ambariに似ています。

20.Anaconda_Navigator01.PNG

20.Anaconda_Navigator02.JPG

この画面でWindows版Python3.6を選びます。

10.InstallTensorFlow02.JPG

これだけで仮想環境ができました。幸運にも何もエラーなしです。


2.2 仮想環境にJupytor Notebookインストール

後々、何かと便利そうなのでJupytor Notebookをインストールします。Apache ZeppelinのようにインタラクティブにPythonを実行できる機能です。

必要性はないので省略してもいいです。といっても手順は非常に簡単ですし、便利なのでインストールをお勧めします。

※画面ショットが古く仮想環境名が"tensorflow13"となっていますが"tensorflow16"が正しいです。

40.CreateVirtualEnv03.JPG


3. TensorFlowインストール

さて、本題です。TensorFlowを仮想環境上にインストールします。

仮想環境からターミナルを開きます。

10.InstallTensorFlow03.JPG

あとは、完全に公式ガイドどおりです。公式ガイドと反するのですが、"conda install"を使うと実行時の処理が速くなるらしいです。condaとpip:混ぜるな危険のような情報もあり、"conda install"の方がいいのだろうか?

pip install --ignore-installed --upgrade tensorflow

参考までにTensorFlow1.2から1.3へアップデートした場合の画面はこんなでした(コマンドは同じ)。

50.UpgradeTensorFlow130_01.JPG

インストールの確認です。これまた公式ガイドどおりの確認方法です。

Pythonを起動します(先程からの流れでやっています。)。

python

あとはそのままHello Worldコマンド実行です。

import tensorflow as tf

hello = tf.constant('Hello, TensorFlow!')
sess = tf.Session()
print(sess.run(hello))

警告こそ出たものの成功しました!エラー全然起きなかったです。

最後はターミナルを以下コマンドで閉じます。

exit()

deactivate
exit

ちなみに、Hello World実行時の警告「The TensorFlow library wasn't compiled to use AVX instructions」は、「もっと速くなるよ」と教えてくれていてエラーではありませんでした。詳しくはリンク先を参照ください。