Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google App Engine で始める Go 実践入門 Part 5 【Visual Studio Code】

More than 1 year has passed since last update.

連載を通して簡単なブログアプリを作成しつつ Go/GAE について学んでいきます。
今回は Visual Studio Code についての説明です。

Visual Studio Code で Go の開発準備

Visual Studio Code (以下 VS Code) に Go の拡張機能を導入することによってコーディングの生産性を上げることができます。

Go の拡張機能は次の手順で導入ができます。

[VS Code を起動] > [Command + P] > [ext install ms-vscode.go] > [Enter]

次に Linter や Debugger などのツールを導入していきます。
通常は go get コマンドでインストールするのですが、Go 拡張機能を使うと簡単にツール一式をインストールすることが可能です。

[VS Code を起動] > [F1] > [>Go: Install/Update Tools] > [チェックボックス全てにチェック] > [OK]

インストールが完了すると、これらツールが GOPATH 配下にインストールされたことが分かります。
PATH に $GOPATH/bin を追加しているので、これらコマンドはターミナルから呼び出すことができます。

$GOPATH
  ├── bin
  │     ├── impl
  │     ├── guru
  │     ├── gotests
  │     ├── goreturns
  │     ├── gorename
  │     ├── goplay
  │     ├── gopkgs
  │     ├── gomodifytags
  │     ├── golint
  │     ├── godef
  │     ├── gocode-gomod
  │     ├── gocode
  │     ├── go-symbols
  │     ├── go-outline
  │     ├── fillstruct
  │     └── dlv
  ├── pkg
  │     └── darwin_amd64
  └── src
        ├── github.com
        │     ├── uudashr
        │     ├── stamblerre
        │     ├── sqs
        │     ├── skratchdot
        │     ├── rogpeppe
        │     ├── rema424
        │     ├── ramya-rao-a
        │     ├── pkg
        │     ├── mdempsky
        │     ├── karrick
        │     ├── josharian
        │     ├── haya14busa
        │     ├── golang
        │     ├── go-delve
        │     ├── fatih
        │     ├── davidrjenni
        │     ├── cweill
        │     └── acroca
        └── golang.org
              └── x

最後に VS Code の設定ファイルを作り、拡張機能をカスタマイズします。
Go 拡張機能では Format ツールがデフォルトでは goreturns となっていますが、今後導入するパッケージ管理ツール dep との相性を考えて gofmt に変更します。

まずは設定ファイルをプロジェクトディレクトリの中に作ります。

# ディレクトリ移動
cd $GOPATH/src/rema424/go-gae-blog-app-example

# ディレクトリ作成
mkdir .vscode

# 設定ファイル作成
touch .vscode/settings.json

ファイルが作成できたら、次の内容を書き込んで完了です。

.vscode/settings.json
{
    "go.formatTool": "gofmt",
    "editor.formatOnSave": true
}

おわりに

次回のテーマは『Hello World』です。

よかったら Twitter フォローしてね。@_rema424

rema424
FPSげーまー。OW: 3600eDPI, 19.24cm/180°, Apex: 1080eDPI, 19.24cm/180°。うんちぷり。
michael-inc
マイケルはコミュニティサービスをつくる会社、「Community Builder」です。インターネットを通して人生がより豊かになるよう、人がつながる場所をつくりつづけます。
https://michael-inc.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした