Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google App Engine で始める Go 実践入門 Part 1 【GO / Cloud SDK のインストール】

More than 1 year has passed since last update.

2019/03/31追記
初めは Part 1, Part 2 の 2 部構成の予定でしたが、内容的にそれでは収まり切らなかったため、Part 1 つ 1 つの量は少なめにして連載という形を取ることにしました。


連載を通して簡単なブログアプリを作成しつつ Go/GAE について学んでいきます。
今回は Go / Cloud SDK のインストール についての説明です。

ローカル環境構築

まずはローカル開発環境を構築します。OS は MacOS を想定しています。

準備するものは次の通りです。

  • Xcode command line tool
  • Homebrew
  • Go
  • Google Cloud SDK
  • Cloud SQL Proxy
  • Visual Studio Code

次のコマンドを実行してインストールをします。

# ------------------------
# Xcode command line tool
# ------------------------

# インストール
xcode-select --install

# ---------
# Homebrew
# ---------

#  インストール
/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

# ---------
# Go
# ---------

# インストール
brew install go

# GOPATH の設定
echo 'export GOPATH=$HOME/go' >> ~/.bash_profile

# PATH に GOPATH を追加
echo 'export PATH=$GOPATH/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile

# -----------------
# Google Cloud SDK
# -----------------

# google-cloud-sdkのアーカイブをHomeディレクトリ配下にダウンロード
curl -o ~/google-cloud-sdk.tar.gz https://dl.google.com/dl/cloudsdk/channels/rapid/downloads/google-cloud-sdk-239.0.0-darwin-x86_64.tar.gz

# Homeディレクトリ配下に解凍
tar xvzf ~/google-cloud-sdk.tar.gz -C ~/

# アーカイブを削除
rm -rf ~/google-cloud-sdk.tar.gz

# インストールスクリプトを実行してパスを通す
sh ~/google-cloud-sdk/install.sh -q --rc-path ~/.bash_profile

# ログインスクリプトを再読み込み
source ~/.bash_profile

# SDKを最新版にアップデートする
gcloud components update --quiet

# Go 用の App Engine の拡張機能をインストールする
gcloud components install app-engine-go --quiet

# SDKのスクリプトに実行権限を付与
chmod +x ~/google-cloud-sdk/platform/google_appengine/*

# ログインスクリプトに環境変数を追記して再読み込み
echo 'export GOOGLE_CLOUD_SDK_ROOT=$HOME/google-cloud-sdk' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH=$GOOGLE_CLOUD_SDK_ROOT/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH=$GOOGLE_CLOUD_SDK_ROOT/platform/google_appengine:$PATH' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

# ----------------
# Cloud SQL Proxy
# ----------------

# Cloud SQL Proxy用のマウントフォルダを作成
if [ ! -d '/cloudsql' ]; then sudo mkdir /cloudsql ; fi

# 権限を変更
if [ -d '/cloudsql' ]; then sudo chmod 777 /cloudsql ; fi

# mac用cloud-sql-proxyのバイナリをダウンロードする
# Linuxなどはこちらを参考に cloud.google.com/sql/docs/mysql/connect-admin-proxy
curl -o cloud_sql_proxy https://dl.google.com/cloudsql/cloud_sql_proxy.darwin.amd64

# 権限を変更する
sudo chmod 755 cloud_sql_proxy

# パスの通っているディレクトリに移動させる
mv cloud_sql_proxy /usr/local/bin/

# -------------------
# Visual Studio Code
# -------------------

# インストール
brew cask install visual-studio-code

おわりに

次回のテーマは『GOPATH』です。

よかったら Twitter フォローしてね。@_rema424

rema424
FPSげーまー。OW: 3600eDPI, 19.24cm/180°, Apex: 1080eDPI, 19.24cm/180°。うんちぷり。
michael-inc
マイケルはコミュニティサービスをつくる会社、「Community Builder」です。インターネットを通して人生がより豊かになるよう、人がつながる場所をつくりつづけます。
https://michael-inc.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした