Help us understand the problem. What is going on with this article?

Realmを使ってTODOアプリを作ってみよう!/ Swift(Realmの使い方、初級編)

More than 1 year has passed since last update.

スクリーンショット 2019-02-16 19.13.15.png
realmDark.jpg

🍀まえがき

■書いてあること

Realmに挑戦してみたので、簡単なアプリの作り方をメモ
ちなみにRealm=レルムらしい👍

■下記の症状に効能があります

  • とりあえずサクッとRealm触ってみたい
  • とりあえず最低限の実装で基本を理解したい

■この記事の特徴

初心者でも内容が分かりやすいようになってます。
変数は英語で命名するのがセオリーですが、あえて全部日本語にしてます(それでも動きます)
xcode 10.1 swift 4.2 (2019年2月現在)

■主な流れ

  • プロジェクトの作成
  • cocoapodでrealmを追加
  • ストーリーボードの設定
  • モデルクラスの作成
  • セルクラスの作成
  • ViewControllerの実装
  • 完成!

🛠本編

◼️プロジェクトの作成

  • とりあえずSingleViewAppを選択
  • 今回のプロダクトネームは「TestRealm」にしました スクリーンショット 2019-02-16 14.18.25.png

◼️cocoaPodsでRealmを追加

*cocoapodの導入方法はこちらを参照
https://qiita.com/pekocalypse/items/b80f6c343355a872dde6

1:cocoapodを入れるのは超簡単下記のコマンドを入れるだけ

<!-- cocoapodsをインストール -->
$ sudo gem install cocoapods

<!-- バージョンを確認 -->
$ pod --version
1.6.0

<!-- ライブラリを引っ張ってくるレポジトリを追加 -->
$ pod setup
Setting up CocoaPods master repo
Setup completed

2:先ほどのTestRealmプロジェクトフォルダに移動して、CocoaPodsを初期化しPodFileを作成しましょう

$ cd ~/TestRealm
$ pod init

すると、こんな感じでPodfileが作成されます
スクリーンショット 2019-02-16 15.38.04.png

3:作成されたPodfileを編集しましょう

編集は、viで編集してもエディターで編集してもokです。

<!-- 初期状態 -->

# Uncomment the next line to define a global platform for your project
# platform :ios, '9.0'

target 'TestRealm' do
  # Comment the next line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!

  # Pods for TestRealm

end

<!-- 編集してこんな感じにしましょう -->

target 'TestRealm' do
  use_frameworks!
  pod 'RealmSwift'
end

4:Realmをインストールします

$ pod install
Analyzing dependencies
Downloading dependencies
Installing Realm (3.13.1)
Installing RealmSwift (3.13.1)
Generating Pods project
Integrating client project

すると、プロジェクトフォルダにがこのように変化します

スクリーンショット 2019-02-16 15.59.42.png

5:xcodeでプロジェクトを開き直しましょう

realmを入れた後は、TestRealm.xcodeprojではなく、TestRealm.xcworkspaceからプロジェクトを開きましょう
スクリーンショット 2019-02-16 16.03.13.png

◼️ストーリーボードの設定

  • view上部にテキストフィールドを配置します(ReturnKeyをDONEにしました)
  • テーブルビューとセルを設置します(セルのidentifireはテストセルにしました)
  • テーブルビューのdatasouceを紐付けました(今回はdelegateはいりません)
  • 今回はこの2パーツだけを使用します

スクリーンショット 2019-02-16 17.27.02.png

*この辺の詳細はこちらの記事をご参照ください
👨‍💻SwiftでTableViewを使ってみよう

◼️モデルクラスの作成

  • Realmに保存したいデータの項目とデータ型を定義します
  • 今回は、TODOの項目名だけを文字列で保存します
  • まずはプロジェクトにただのswiftファイルを追加します
  • 名前はTodoModel.swift にしました
  • ファイルを作成後、下記のように内容を編集します
  • importが大事なので注意です!
  • 記入直後は、xcodeから赤い警告が出ますが、一度buildすると消えますのでご安心ください
TodoModel.swift
import Foundation
import RealmSwift

class TodoModel: Object{
  @objc dynamic var 項目名: String? = nil
}

◼️ViewControllerの実装

先に完成品です

ViewController.swift
import UIKit

// ①・・・RealmSwiftをimport
import RealmSwift


class ViewController: UIViewController , UITextFieldDelegate {


  //テキストフィールドとテーブルビューを紐付け
  @IBOutlet weak var テキストフィールド: UITextField!
  @IBOutlet weak var テーブル: UITableView!

  // ②・・・作成したTodoModel型の変数を用意。<TodoModel>という書き方はいわゆるジェネリック
  //Realmから受け取るデータを突っ込む変数を準備
  var アイテムリスト: Results<TodoModel>!



  override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()

    // ③・・・Realmをインスタンス化
    // Realmのインスタンスを取得
    let Realmインスタンス1 = try! Realm()

    // ④・・・Realmのfunctionでデータを取得。functionを更に追加することで、フィルターもかけられる
    // Realmデータベースに登録されているデータを全て取得
    // try!はエラーが発生しなかった場合は通常の値が返されるが、エラーの場合はクラッシュ
    self.アイテムリスト = Realmインスタンス1.objects(TodoModel.self)
  }


  // 追加ボタンを押したら発動
  @IBAction func 追加ボタン(_ sender: Any) {

    // モデルクラスをインスタンス化
    let インスタンス化したTodoModel:TodoModel = TodoModel()

    // テキストフィールドの名前を突っ込む
    インスタンス化したTodoModel.項目名 = self.テキストフィールド.text

    // Realmデータベースを取得
    // try!はエラーが発生しなかった場合は通常の値が返されるが、エラーの場合はクラッシュ
    let Realmインスタンス2 = try! Realm()

    // ⑤・・・Realmインスタンスからaddを叩くと、データベースにレコードが追加される
    // テキストフィールドの情報をデータベースに追加
    try! Realmインスタンス2.write {
      Realmインスタンス2.add(インスタンス化したTodoModel)
    }

    // テーブルリストを再読み込み
    self.テーブル.reloadData()
  }


}


extension ViewController: UITableViewDataSource {

  func tableView(_ tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
    return self.アイテムリスト.count
  }

  func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {

    // TodoModelクラス型の変数を宣言
    let セル:UITableViewCell = tableView.dequeueReusableCell(withIdentifier: "テストセル", for: indexPath)

    // 取得したTodoリストからn番目を変数に代入
    let アイテム: TodoModel = self.アイテムリスト[(indexPath as NSIndexPath).row];

    // 取得した情報をセルに反映
    セル.textLabel?.text = アイテム.項目名

    return セル
  }
}

Point①

  • RealmSwiftをインポートしましょう。これをしないとRealmが使えないよ!

Point②

  • 事前に作成したモデルクラスを使って、Realmから取得したデータ一覧を突っ込む変数を用意しよう!

Point③

  • Realmをインスタンス化して、Realmのfunctionを叩けるようにしよう!

Point④

Point⑤

  • writeでトランザクションを開始して、addで項目を追加

📱完成!

  • 早速buildしてみましょう
  • 項目を追加した後に、アプリを終了して、再起動してください
  • 再起動時に、追加した項目が表示されていれば、データの永続化が出来ています!

スクリーンショット 2019-02-16 19.18.02.png
18_25.jpg

🎊🤸‍🎉Congratulations!🎉🤸‍🎊

完成したら、コメントに「ワッフルワッフル」と叫んでください😆✨

📱📱📱サンプルはこちら📱📱📱
https://github.com/TD3P/TestRealm

📗参考資料

🌟ご指摘大歓迎🌟

正直、全然理解できてないです。
ここちゃうで!!っていうとこあったら、教えてもらえると嬉しいです!!

NextStage!

🎉TODOアプリを作ってみようシリーズ

📱SwiftでTableViewを使ってみよう
https://qiita.com/TD3P/items/cafa8e20029047993025

📱Swiftで簡単なTODOアプリを作ってみよう
https://qiita.com/TD3P/items/8f474358d1dd789557f3

📱Swiftでカスタムセルを再利用したTODOアプリを作ってみよう
https://qiita.com/TD3P/items/116a2199b1f872ac6471

📱SwiftでCoreDataを使ったTODOアプリを作ってみよう
https://qiita.com/TD3P/items/adbbeee827995cffd509

📱SwiftでRealmを使ったTODOアプリを作ってみよう
https://qiita.com/TD3P/items/616e0dbd364179ca284b

pe-ta
全然わからない。俺は雰囲気でコードを書いている。 座右の銘:もっと真剣にふざけたい。
codmon
保育園・幼稚園向け業務支援システム「コドモン」の開発・運営を手がける会社です。
https://www.wantedly.com/companies/codmon
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away