Help us understand the problem. What is going on with this article?

[量子コンピューター][Qiskitのアカウント認証の仕方]Qiskit IBMQ プロバイダー

参考:https://github.com/Qiskit/qiskit-ibmq-provider#updating-to-the-new-ibm-q-experience

Qiskitとは、パルスや、カイロ、アルゴリズムの段階でまだノイズを含む量子コンピュータ場で稼働するオープンソースのフレームワークである。
このモジュールはIBMQ(https://www.ibm.com/quantum-computing/)の量子コンピュータデバイスやシュミレータにアクセスすることを許されたプロバイダーを含む。

Installation

Qiskitのインストールには、pipが推奨されている。これにより全てのQiskitの公正要素をインストールすることが可能である。

pip install qiskit

pipは自動的に全てのディペンデンシーを扱ってくれ、常に最新バージョンのqiskitを使うことができる。
ソースコードからインストールしたい場合は、https://github.com/Qiskit/qiskit-ibmq-provider/blob/master/CONTRIBUTING.mdを参照

Setting up the IBMQ provider

一旦パッケージをインストールすれば、Qiskitからプロバイダーにアクセスすることが可能

Configure your IBMQ credentials

1.IBM Q アカウントを作成、または既存のアカウントにログインをし、IBM Q Experience login page(https://quantum-computing.ibm.com/login)へいく

2.IBM Q Experience account page(https://quantum-computing.ibm.com/account)にてAPIトークンをコピーする。

3.step2のトークン(ここでMY_API_TOKENと呼ぶ)を使いrunをする。

from qiskit import IBMQ
IBMQ.save_account('MY_API_TOKEN')

Accessing your IBMQ backends

IBMQ.save_account()を呼び出した後は、自分のcredentialがデスクに保存される。一旦保存してしまえば、以下のコードを書くことで簡単にロードして使えるようになる。

from qiskit import IBMQ

provider = IBMQ.load_account()
provider.get_backend('ibmq_qasm_simulator')

代わりに、もし自分のcredentialをデスクに保存したくなく、今回の一回だけ使いたい場合は、以下のようにすれば良い。

from qiskit import IBMQ

provider = IBMQ.enable_account('MY_API_TOKEN')
provider.get_backend('ibmq_qasm_simulator')

デフォルトでは、全てのIBM Qアカウントは同じオープンプロジェクトにアクセスする(hub: ibm-q, group: open, project: main).便利のために、IBMQ.load_account()IBMQ.enable_account() の方法はプロジェクトのためにプロバイダーを返す。もしあなたが他のプロジェクトにアクセスする場合は以下を使う。

provider_2 = IBMQ.get_provider(hub= 'MY_HUB', group='MY_GROUP', project='MY_PROJECT')

Updating to the new IBM Q Experience

2019年9月(qiskit-ibmq-providerパッケージはヴァージョン0.4)から、IBMQプロバイダーは最新のIBM Q Experience(https://quantum-computing.ibm.com/) しかサポートしなくなった。レガシーのQuantum ExperienceやQconsole accountaのサポートは終了した。

新しいIBM Q Experienceはv2とされる。legacyとQconsoleはv1である。

このセクションでは、アカウントとプログラムのアップデートについて説明する。

v1のIBM Q Experienceのcredentialとプログラムははre-0.3ヴァージョンで書かれているので0.3.xシリーズでも作動する。ただv2credentialsの新しい特徴の恩恵を受けるために、アップデートすることを推奨している。
・IBM Q Experience v2にcredentialsをアップデートする場合、自分のプログラムまでもアップデートすることを示唆する。これからのセクションではいかにしてヴァージョンの意向を行うか示す。

UPdating your IBM Q Experience credentials

もしlegacy Quantum ExperienceやQcondoleのcredentialsがディスクに保存されている場合、IBMQ.update_account()を助けとして使うべきである。これは現在ディスクに保存されているcredentialを読み込んで、改装させることを試みる。

from qiskit import IBMQ
IBMQ.update_account()
Found 2 credentials.
The credentials stored will be replaced with a single entry with token "MYTOKEN"
and the noe IBM Q Experience v2 URL (https://auth.quantum-computing.ibm.com/api).

In order to access the provider, please use the new "IBMQ.get_provider()" method:

  provider0 = IBMQ.load_account()
  provider1 = IBMQ.get_provider(hub='A', group='B', project='C')

Note you need to update your programs in order to retrieve backends from a specific provider directly:

 backends = provider0.backends()
 backend = provider0.get_backend('ibmq_qasm_simulator')

Update the credentials? [y/N]

認証をすることで、自分のcredentialsが有効なIBM Q Experience v2 に書き換えられる。もしより複雑な場合は、IBMQ.delete_accounts()を用いて、昔のcredentialsを消去し、(https://quantum-computing.ibm.com/account) のインストラクションを読んでください。


SQL小技集
https://qiita.com/ool/items/75da830e7373138c8125
UTCとJST
https://qiita.com/ool/items/6be9cc290c8ad9e0f5bc
今流行りの量子コンピューター
[量子コンピューター]Qisikitでアダマールゲートを実装する
https://qiita.com/ool/items/1a5041edddc11b14efc0
[Qiskitのアカウント認証の仕方]Qiskit IBMQ プロバイダー
https://qiita.com/ool/items/e80c1266cda68984a103
Qiskitの使い方
https://qiita.com/ool/items/2227d2d515caa5087752
[量子コンピューター]Qiskit Tutorials
https://qiita.com/ool/items/2a5038df1471635d442c

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away